人生設計にデザイン思考を!

私のお勧めはデザイン思考法です。

特にキャッシュフロー(お金の流れ)の創造プロセスの際に活用すると効果的です。

すぐに結果が出るからです。

他のカテゴリー(キャリア、ライフ、パーソナル)は、ちょっと時間がかかります。

全体を俯瞰し戦略をたて、その戦略に基づいて実行し、そのプロセスを管理していくというとても実直な思考法です。

ある意味、自己啓発まがい系などで使われている思考法とは大きく異なります。

ちなみに本来の自己啓発と自己啓発まがい系とは、多くの部分が異なります。

私も自己啓発まがい系コンテンツに絡め取られそうになったことがあるので、その分野はちょっと詳しいです。

したがって、自己啓発まがい系に絡め取られている人は直ぐに分かります。

彼らは、現状と言動が明らかに噛み合っていません。

明らかにパラノイア(幻想的)の世界観に絡め取られている。

つまり、夢は語りますが成果がまったく伴ってない。

一方、極めて生産性が高い彼らは、構造(全体の仕組み)をとらえています。

構造とは彼らが所属している業界・市場、あるいは組織の状態だったりします。

  1. 彼らは目論見(企画)を具体化することに傾注し、そのもくろみ(企画)からまた起創し、目的を実現させることを知っている。
  2. 「未来(不確実性)への臨場感」を上げるのではなく、「現在(確実性)の臨場感」を下げるという方法を好む傾向がある。

また彼らは、どちらかといえばポジティブではなく、ネガティブに考える習慣があります。

そして、言語を巧みに操り、自他の感情をコントロールすることにも長けています。

なので、いつでも必要な時に自分を肯定し、自尊心を取り戻すことも可能。

彼らはパフォーマンスを上げるために、わざわざネガティブな環境を創造する。

自分を追い込むことに快楽すら感じている。

また、彼らの基準は、一般的な基準のはるか上の階層にある。

その基準は力強いコア・コンセプトによって支えられています。

たとえば、先日あるクライアントの方に少し休まれたらどうですか?と提案したところ、

「日常生活の全てが女優としての訓練の場ですから、休むことなど考えられません」とおっしゃっていました。

では、休みはいらないのですか?と尋ねると・・・・

「休みたい時は、まとめて休みを取りますから」と。

一見矛盾しているように思えますが、実はそうではありません。

いつでも、自分の意志によって選択できることを意味しているのです。

つまりプロセス設計の自由度が非常に高いわけです。

それ相応のポジションを既に確立しるわけです。

芸能プロダクションのルールもあって、お名前を明かすことは出来ませんが、皆様もよくご存知の方です。

プロセス・デザインの中核にあるもの!?

コアコンセプト

例えば、私が主催している各プログラムに共通するコアコンセプトは2つです。

  1. 真の起業家の考え方と行動を学んで人生設計にも活かす。
  2. 願望追求型の思考をデザイン思考型に変えてもらう。

この2点です。

そして、コアコンセプトの形成過程にはあらゆる結果を変える効果があります。

繰り返しますが、完成ではなくその過程においてです。

シンプルな方法です。

でも、それは容易という意味ではありません。

もちろん、真の起業家の考え方と行動を習慣化するまでには、それ相応の時間と忍耐力を必要とします。

また、卓越した習慣を維持するためには、個人の歴史や環境に即した設計になっていることも重要です。

もちろん、定期的な修正・改善も設計に含まれます。

場合によっては、それぞれの専門家に相談することも視野に入れておく必要もあるでしょう。

例えば、そうした課題や問題を解決するためのプログラムもあります。

オリジナルではなく、実績のあるプログラムをアレンジしたものです。

そのプログラムにおいて最も重要視しているのが、思考を研き思考法を変換していくプロセスです。

どちらかといえば、思考法そのものではなく変換プロセスを重視しています。

しかし、私のプログラムに参加しなくても、異なった方法で思考を研くことは可能です。

それは、セールスの現場です。

実は「売る力」を磨くことが一番の近道なのです。

セールスの臨場感を作り出せるのなら、疑似体験でもかまいません。

私が活用させていただいているプログラムは、こうした環境を擬似的に作り出しているものだからです。

つまり、目標を早期に達成できるように、そのプロセスを容易にしているに過ぎません。

お試しカウンセリング
初回カウンセリング

適切な方法が分からない、わかっていてもなかなか実戦出来ないでいる方・・・

あなたの所得増・資産形成プロセスを確りサポート!

私があなたに提供できること、それは・・・・

  • 支出を最適化する。
  • わずかな時間で収入を増やす。
  • 10%にも満たない小さな改善を10倍以上の成果につなげる。
  • FIREFinancial Independence, Retire Early)実現。

まだまだありますが、それらを実現するための方法と経験です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします