複数のポテンシャルを同時に磨く環境!?

勇気と知恵を与え、可能性をひろげてくれる環境!

その環境がセールスの現場でした。

セールスは、私に生きる勇気と知恵、そして可能性を常に生み出し続けてくれています。

冒頭でも申し上げましたが、私はもともと婦人服のデザインや卸売り業を営んでいました。

俗に言う「アパレル」という名称で呼ばれている業種です。

また私の話で大変恐縮ですが、しばらくお付き合いください。

私は、19歳からセールスをはじめ、企画、デザイナー、貿易業、取締役を経て27歳の時に創業しましが、バブル崩壊の3年後に経営に行き詰って会社を譲渡しました。

譲渡した後は、喪失感と安堵(あんど)感が共存した状態がしばらく続きました。

そして、何をやっても上手く行かず、5社を転々と渡り歩くはめになりました。

「なんでこんな人生になってしまったんだろう、もう疲れた、限界だ、こんな生活から早く抜け出したい。」

そのようなネガティブな感情を引きずりながらも、親子3人なんとか家計をやりくりしていました。

しかし、多額の借金を返済しながらの生活は想像以上に大変でした。

もちろん、将来のビジョンを考える余裕などありません。

そんな状況を打破するために、慣れ親しんだ業界を辞め、一から出直す決意をしました。

悩んだあげく保険のセールスを始めたわけですが、契約が取れない状態が2ヶ月ほど続きました。

「やはり物を売るのとはまったく勝手が違う」当初はそう思ってました。

でも、それは単なる思い込みに過ぎなかったのです。

保険商品とアパレル製品販売の共通点は何か?

アパレル時代ビジネスで使用していたのはデザイン画。

つまり、記号(絵図・言葉)を販売していたわけです。

共通点、それは2つの分野の上位概念でもあったわけです。

短期間で視点が変わる現場

視点を変えて局面を突破する

それで、私はオリジナルの記号を創ることにしたわけです。

どういうことかというと、無料のライフプランを販売しはじめたんです。

その中に、特異なコンセプトを潜ませて・・・

そのコンセプトとは「死亡リスクより、生存リスクの方が大きい」という理屈です。

保険商品ではなくライフプラン販売に主軸をおいた結果、そのようなコンセプトが浮上しました。

ライフプランに焦点をあてると、自ずと浮き彫りになる観点ですが、当時このようなコンセプトを見かけたことはありませんでした。

それで「生存リスク軽減プラン」の販売を開始しました。

言い換えれば、家計の収支を安定化させるためのマネープランという提案です。

プランニングの過程において、教育資金、住宅ローン、旅行費用の捻出(ねんしゅつ)など、様々な繋がりを持つことも可能になりました。

つまり、一点集中突破、後拡販とう販売プロセスが完成したわけです。

ファネル的には。。。

  1. フロントエンド:ライフプラン(無料)
  2. ミドルエンド:生存リスク軽減プラン(保険料コミッション)
  3. ミドルエンド:不動産関連などのファイナンシャルプラン(コミッション)
  4. バックエンド;コンサル(顧問料などのフィー)

といった流れです。

1998年当時、このようなアプローチとコンセプトで保険を販売している人が少なかったので、あらゆるタイトルを総なめする結果になりました。

また、着地点がコンサルだったこともあり、顧客との関係性も非常に濃いものになりました。

それで借金も短期間で返済でき、経済的な不安も一切なくなりました。

実質的に活動したのは8ヶ月間足らずでしたが、その時の権利収入のみでその後10年間はゆとりを感じながら生活ができました。

その成果に一番驚いたのは私自身でしょう。

この出来事から学んだことは、ストーリーとコンセプトの重要性、ゾーン設定、そこに短期集中することで驚くような成果に繋がる、ということです。

つまり、「成果は、優位性の創造とゾーン設定如何である」ということを身をもって体験したわけです。

つまり、USP(ユニーク・セリング・プロポジション)の重要性もこの時知ることになったわけです。

ポピュラーな市場で、まだ誰もやってないような切り口でスタートして、改善し続ければヒットする。

これは、どのいような時代でも変わらないと思います。

また、こうした学びや経験を短期間で得られたのも、セールスの分野だったからだと思います。

ちなみにゾーンは閾値を超えるような領域に設定するといいと思います。

※閾値(いきち)とは、感覚や反応や興奮を起こさせるのに必要な、最小の強度や刺激など

誤解されるといけないので再度申し上げますが、なにも自分の自慢をしたくて体験を話しているわけではありません。

繰り返しになりますが、、、

もしかしたら、私の体験が、あなたの生産性を向上させ、新たなお金の流れを創造し、ひいては人生が大きく飛躍するきっかけになるかも知れない。そう思ってシェアさせていただいています。

脳の働きが驚異的に活性化する現場

脳の働きが驚異的に活性化する方法

「売る」という行為を真剣に考えていくと頭が回りはじめ、色々なアイデアが涌いてきます。

これは誰でも例外なくそのような状態になります。

保証します。

セールスの現場を経験した人ならわかるはずです。

そう簡単にモノは売れないということを知っているからです。

なぜなら、ほぼ全員が売られることも、売ることも嫌いだからです。

そのなかにあって特に難しいとされている分野が、保険セールスと言われています。

モチベーションと見込み顧客の維持が特に大変な分野だからです。

「保険を10年以上売り続けられる人なら何でも売れる」それが世の中のセオリーになっているくらいです。

それだけに、保険セールスで長い期間成果を出し続けられる人は稀です。

ちなみに私の場合(2017年)20年目になりますが、今は保険セールスが事業の主体ではありません。

売るのも嫌だし、売られるのも嫌だというカテゴリーの中で成果を出し続けるにはどうしたらいいのか?

  • まず自分の願望を抑制するために思考を働かせる。
  • モチベーションを保つために思考を働かせる。
  • ストリーを適応させるために思考を働かせる。
  • 今まさに語っている言語をコントロールするために思考を働かせる。

などなど、セールスの現場では、これらを同時に行う必要があります。

最も緊張感がたかまる瞬間でもあります。

家族のために、スタッフのために、その他の誰かのために、パラノイアの世界から資本主義の世界に。

本当は、出来れば、セールスなどしたくない、しかし・・・だけど・・・どうすれば・・・

そうした葛藤が極限状態になると、驚くほど思考がまわり始めます。

複数のポテンシャルを同時に磨くことができる現場でもあります。

それは、パラノイア状態に陥って、経済状況が思わしくない人を一気に覚醒させる方法でもあります。

その後2001年からフィービジネスを主体とした事業に切り替えました。

※セールスは、ビジネスやコミュニケーションに役立つ最強のスキル。セールスの現場から離れてみて、初めて深く理解することができました。

保険分野は、複数の保険会社を扱うようにしてセールスからコンサルティング事業へと移行し、関東財務局に金融商品仲介業者登録して投資商品も多く扱えるようにしました。

さらに「相談」を売り、相談できる場も提供するために、2005年からショッピングセンターなどにも出店してビジネスの再構築を試み始めました。

ファネル的には。。。

フロントエンド:情報提供(無料コンテンツ、広告等)

ミドルエンド1:お試しカウンセリング(低額フィー)

ミドルエンド2:コンサルの年間契約(フィー、コミッション)

バックエンド1:資産形成系の塾(フィー)

バックエンド2:コミュニティー(無料)

といった流れです。

つまり、セールスではなくマーケティングを主体とする事業を開始したわけです。

その時は、そうする必要があると思ったからです。

参考▼

FPビジネスに興味のある方は「FPビジネス開始1年未満で1,200万円以上の収益を確保するためのガイダンス」や「なぜ、FPビジネスで成功している人が少ないのか?」などを参考にしてください。

お試しカウンセリング
初回カウンセリング

あなたの所得増・資産形成プロセスを確りサポート!

私があなたに提供できること、それは・・・・

  • 支出を最適化する。
  • わずかな時間で収入を増やす。
  • 10%にも満たない小さな改善を10倍以上の成果につなげる。
  • FIRE、そしてその向こう側へ導く。

まだまだありますが、それらを実現するための方法と経験です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします