成功者はネガティブ思考
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 前回の投稿は「情報をブレイクダウンする」でした。今回は、借金の良し悪しを見極める方法などについて解説しましょう。

借金をする人がいなくなると世の中からお金が消えてなくなる。

あなたもどこかで聞いたことがある話だと思います。

全ての借金が返済されることは起きないでしょうが、理論上はそういうことになります。

それだけに借金をする人がいてくれないと困った事態になります。

キャッシュフローデザイン(借金の良し悪し)

ちょっと記憶も薄れかけてきた2007年に起こった出来事。

サブプライム危機、リーマンショック。

住宅を購入した人達がローンの支払い不能に陥ったとき、借金の膨張が止まり、債券市場が暴落して大規模な金融危機を招きました。

そして、このできごとによって破産や自分の資産が激減するという事態に直面し、多くの人が手痛い思いをしました。

しかし、一方ではこの事件を機に大金持ちになった人たちもごく少数ではありますが存在します。

彼らは何を見ているのか

リーマンショックを題材にしたとされる映画「マネー・ショート」にその様子がよく描かれていました。

この映画の登場人物のように行動するのは難しいでしょうし、その動機となる情報を見つけ出すこともできないでしょう。

私たちが知り得る投資情報というのは、一般的には誰かの解釈を通して知ることになるからです。

したがって、既にその時点で事実を知ることにはならず、なおかつ時間の隔たりによって更に歪みが生じていることになります。

更に、その情報を基に自分の類似性に沿って判断をしていくとなると、かなり事実を捻じ曲げた状態になります。

しかし、彼らも私たちと同じ人間です。宇宙人ではありません。

彼らが注目していたのも情報です。

情報に注目することにおいては正しい。

投資情報ではなくお金の動きが重用

彼らが見ていたのは投資情報ではなく、世界のお金の動きでした。

  • 心理
  • 本能
  • 行動
  • 数字の動き

しかし、私たちは投資情報を聞いたり見たりしています。

米国のその際限の無い歳出を賄うためにヨーロッパ、中国、日本などの国が支えています。

もしこれらの国々の米国に対する不信が募り、米国債券を買わなくなったら、世界中が危機に陥ることになります。

今デフレ状態が続いています。

これは消費が 低迷しているからです。

どんな政策も消費が伴なわなければ意味がありません。

不安材料がたくさんあり過ぎるのでそういう状態になっているのは分かりますが、もしこのまま、私達が必要以上にローンを組むのをやめたり、クレジットカードを使わなくなったら、今の状態はさらに長引きます。

ファイナンシャル知識の重要なところは借金の見極めにある

理にかなった借金を行えばお金持ちになれます。

なぜなら現代のお金の本質は借金だからです。

ファイナンシャルの知識があれば、貧乏になるための借金ではなく、お金持ちになるために借金をするようになります。

例えば、今盛んにPRされている確定拠出年金、これは日本版401Kといわれているものです。

参考▼

401Kとは米国内国歳入法の条項名(401(k))にちなみ、退職所得補償金積立に対する課税上の特典が与えられているものです。

401k導入以前の企業年金制度はDB、つまり確定給付型でした。

これは従業員だった人に生涯にわたって一定額の年金を給付する制度です。

一方、確定拠出型(DC)年金は、従業員が生涯のお金を自分で貯めなければならない制度です。

受け取れる年金の額は、退職時のその年金口座の残高によって決まります。

ですから年金プラン自体に無理があったり、株式市場の暴落によって激減したりして悲惨な思いをした人達がたくさん出はじめました。

そしてそれは全て自己責任において行われていたものです。

日本も今そうした方向に進んでいるわけですから、決して他人事ではありません。

このDC年金への変更は、たくさんの人々を株式市場という不確実な世界に誘引しました。

つまり、情報弱者が必ず負けるという構造の中へと追い込まれたわけです。

ここで一番問題なのは、十分なファイナンシャルの教育がかけていたことです。

そして今もその状況は変わっていません。

買う側にわかりやすく、売る側にとって都合のいいその仕組みは、市場を席巻し続けています。

今世界中の労働者が、引退後の資金不足という有り難くない現実に直面しています。

更に深刻なのは、キャッシュフローの知識が欠けている人たちが主に選択していることです。

安定した老後を過ごす方法として銀行にお金を蓄え、株式市場にお金を使っていることです。

つまり、今の金融危機の大半を引き起こしたその仕組に、また更にお金を使おうと躍起になっています。

そのことに気付かずにその行為を続けるのであれば、将来貧乏になることは目に見えています。

財務諸表を理解する必用がある

 これまでお金の歴史などについて簡単に振り返ってきましたが、いかがだったでしょうか?

お金に対するあなたのイメージはどのように変わったでしょうか?

以降はファイナンシャル教育についてお話させていただきます。

まず、はじめの一歩は、財務諸表を理解することからです。

財務諸表とは、企業の状態を知るための健康診断書のようなものです。

この 財務諸表により、今その企業がどのような状態なのかをチェックすることができます。

つまり、投資対象にできるのかどうかを判断する上で大きな材料となるということです。

そして、財務諸表は、大きく分けて貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書、の3つの計算書でなりたっています。

資産と負債の解釈

それでは、とても重要な要素、資産と負債の解釈についてお話します。

多くの人がお金のことで苦労している理由は、お金についての解釈が間違っているからです。

その一つに負債を資産と勘違いしているということがあげられます。

なぜそんな状況になっているかというと、負債を資産だと思い込まされているからです。

2008年に起きたリーマンショックで気付いた方も多くいらっしゃいると思いますが、わかってない方もいるといけないので、ちょっとお話させていただきます。

これはクリントン大統領の政権下で起こったことです。

それは投資対象の価値が上昇することが前提でした。

そして、その投資対象の矛先がマイホーム購入でした。

マイホームの値上がりが前提で貸し出しが行われていたわけです。

ところが、本来なら値が上がるはずのものがどんどん下がり始めました。

資産だと思って購入したはずのものが、この時一気に負債に変わってしまったんです。

最悪なのは、このローンの債権を金融工学のエキスパートたちが、証券化して取り込んで、安全で健全な商品として市場に流し込んだことです。

「格付け」というのをご存知でしょうか?

これは売りだされた商品の安全性の指標です。

この「格付け」によって、この商品はとても安全ですよ!という売り方だったわけです。

しかし、実際には違いました。

見誤ったのか、こうなることを知っていて仕組んだのかは定かではありませんが、権威への過信と欲望がコラボした舞台の上で起きた悲劇だったというわけです。

資産ではないものを資産だと思い込まされてきた悲劇!

ここで質問です。

マイホームは資産でしょうか?

それとも負債でしょうか?

FP全盛時代、マイホーム購入の相談を数多くこなしてきました。

その方たちの答えは決まっていて・・・「マイホームは資産です」という回答でした。

正直、買わない方が賢明だとと思える方が大半でした。

マイホームを購入する目的も明確ではありませんでしたし、収支バランスから先で苦しむことが明確だったからです。

それでは、なぜ収支バランスも顧みず、無謀な買い物をする人がいるのでしょうか?

基本的に人間は、自分の欲望に従ってしか物ごとを解釈しかできないからです。

その結果、それに乗じたどこかの誰かさんの口車に乗せられ、誤ったイメージを抱いたまま、判断することになります。

マイホームは負債

一方、資産家のクライアントは「負債」と答えます。

現に数十億円の資産を持ちながら個人は賃貸住まいという方も多くいます。

もちろん、家賃の全部または一部を経費として計上しています。

ではなぜ彼らはマイホームを負債だと言い切っているのでしょうか?

彼らの資産と負債に対する定義が違うからです。

彼らの定義は、お金を常に自分に運んできてくれるものやコトが資産であり、逆にお金を自分から奪っていくものやコトは負債だと解釈しています。

従って、マイホームを購入することさえ無駄だと考えている彼らにとって、ローンを組んでマイホームを購入するなど到底考えられない行動なわけです。

ローンを組んでマイホームを購入した時点のバランスシートは、金利と諸費用分が赤字になります。

ただし、どうしても自宅を所有しなければならない事情があるときには、ローンを組んで浮いた現金を元手にもっと有意義な投資を行います。

一方、資産だと思い込まされてる人は、自覚のないまま働いても働いてもお金が奪われる仕組みに絡め取られ、キャッシュフローがどんどん悪化していきます。

誰のため、何のために働いてますか?

例えば、マイホームをロンを組んで購入した直後の収支は、4,000万円の物件+ローン金利1,000万+諸経費で、初期1,000万円+諸経費が赤字分です。

そしてその赤字分は100%あなた以外の人のためのお金です。

誰もあなたの代わりに、あなたの赤字分を返すために働いてはくれません。

値上がりして黒字になった時に売却すれば、資産といえるじゃないか!

そんな声が聞こえてきそうです。

では、その時にマイホームをタイミングよく手放すことができるでしょうか?

また、完済した後、そのマイホームはお金を運んできてくれるでしょうか?

残念ながら、お金を運んできてくれません。

逆に所有している限り諸経費や税金を支払い続けなければなりません。

例えば、何年かに一度は、高額なメンテナンス費用が必要になるでしょう。

もちろん、マイホームを購入する目的は資産形成だけではありません。

しかし、その資産以外に得たいと思っている目的は、マイホームを取得することで本当に満たされるのでしょうか?

マイホームを購入しないと叶えられないものなのでしょうか?

今一度慎重に考える必要があると思います。

フランスかどこかの諺だったと思います。

『一日だけ幸せでいたいならば、床屋にいけ。一週間だけ幸せでいたいなら、車を買え。一ヶ月だけ幸せでいたいなら、結婚をしろ。一年だけ幸せでいたいなら、家を買え。一生幸せでいたいなら、正直でいることだ。』

どこか少し虚しさを感じます。

お金持ちになっていく人達は資産を取得する仕組みづくりのために働いています。

一方それ以外の人達は負債を資産と勘違いして、それを得るために働いています。

マイカーを買い、マイホームを購入して、収入が増えると更により高級な車を買い、より大きな家、立地条件の良い場所に住み換えようとします。

そうやって、自分以外の人の為にもお金を使い続けていきます。

そして、予想以上の強い風が吹いたときに人生が倒壊します。

私の知人にマイホームを2度購入した方がいらっしゃいます。

その方はお金がないといって70歳を過ぎた今でも住宅ローンを支払い続けています。

またかつて不動産ブームの時に投資家気取りで参入した多くの方がどうなったか、

記憶に残っている方もいらっしゃるかと思います。

これらは、負債を資産と思い込まされ、キャピタルゲインに目を奪われ、キャッシュフローの重要性を軽視してしまった結果です。

『散髪が必要かどうかは床屋に聞いちゃいけない。』

『リスクはあなたが何をやっているか理解していない時に起こる。』

ByWarren Buffett

キャピタルゲインの罠に絡め取られている

これまでほとんどの人がキャピタルゲインを得るために投資をしていました。

ですから、株価が上がったり、資産価値が上がると大喜びしていました。

逆に価値が下がると意気消沈して仕事が手に付かないなんていう人もざらにおりました。

これは知人の投資コンサルタントから伺った話です。

参考事例▼

地元で著名だった歯科医が株の投資を始めその株が値上がりしたことで、本業が馬鹿らしくなり歯科医を休業してしまったそうです。

もっと値上がりするだろうと期待していたところ、その株がドカンと暴落、それで、改心して本業に戻ろうとしたけどお客様はほとんど戻ってこなかった。

結局、開業から5年で廃業するはめになってしまったそうです。

投資を始める場合は、やはりメンタル的な部分もちゃんとしておかないと、痛い目を見るという典型的な例です。

また、知人の中には、FXや株価の話ばかりしている人がいます。

「それでちゃんと睡眠取れてるの?」って聞くと首を横に振ります。

相場に一喜一憂していては、長生きできないような気がします。

参考事例▼

とても悲しい話ですが、私と同年代のアナリストの方がいらっしゃいました。この方、何兆円も動かしていた人なんですけど、リーマンショックから3年後の12月、その心労が祟って52歳という若さで他界しました。

その2ヶ月前、内部の諸事情を私に話してくれていたので、ああ、あれが原因だったんだなって・・・・

仕事の穴埋めをするために、命まで縮めてしまった。

本当に残念でなりません。

当たり前ですが、投資家には市場自体をコントロールする力はほとんどありません。

従って、キャピタルゲインにのみフォーカスしていたら潰されます。

ファイナンシャルの知識が十分で、賢い投資家は、キャピタルゲインとキャッシュフローの両方に投資をしているという特徴があります。

もしキャピタルゲインのみを目的として投資しているとしたら、売却するまでは、そのお金が何の役に立っていないということを意味します。

そのお金は生産性を失い、誰のためにもなっていなことになります。

キャッシュフローのために投資を行うと、お金が働き始め、投資リスクも回避できるようになります。

お金があなたのところに流れ込んできて、それが続いている間は、資産自体の価値が下落した時の精神的な負担を軽減することができます。

この精神的な「ゆとり」こそ色々な場面において一番大切な要素です。

『25以上のIQがあれば投資での成功は頭の良さとは何ら関係ない。それなりの頭があれば、投資で必要なのは多くの投資家を失敗に陥れる衝動をコントロールできる気質だ。』‐Warren Buffett

例えば株式に投資するなら、安定した配当を支払ってくれる銘柄に投資したほうがいいですね。

景気が低迷して株価が下がっている時期はそのような株を安価で購入できるチャンスでもあります。

その際の目安として配当利回り(1株当たりの配当を株価で除した比率)というものがあります。

割高の株をつかまないように常に注目しておく必要があります。

以上のことからも、キャッシュフローとキャピタルゲイン両方を得るために投資する方が、市場の変動を心配して一喜一憂するよりも理にかなっていますし、精神的にもいいです。

どんな市場も上がりもすれば、下がりもする、暴落もあれば、高騰もあります。

これは過去のどんな時代のデータを切り取ってみても言えることです。

『私は馬鹿でも経営できるほど優良な企業の株を買うようにしている。なぜなら遅かれ早かれどの会社もそういう人が経営するのだから。』‐Warren Buffett

まっ、彼のような目利きなら話は別でしょうけど・・・・

テクニカルとファンダメンタル

投資の方法には企業の財務実績を分析して投資する方法とテクニカル指標を使って市場の感情や空気を推しはかって投資する方法があります。

前者はファンダメンタル分析と言われているものです。

これは財務諸表を分析して収入と支出のバランス、キャッシュフローを生み出す資産と負債を長期的にも短期的にも把握して投資対象を決定していくというやり方です。

後者はファンダメンタルズではなく株価チャートなどを見て株価を推測していきます。

まだお金が流れ込んでくるのか、それともお金が出て行くのか、現金の流れに注目して市場の歴史的パターンを見出し、過去の市場の動きや今後の見通しに基いて投資するかしないかを決定していくテクニカルなやり方です。

お金の流れを敏感に察知して、お金がもっと流れてきそうな市場にスイッチングしていかなければなりません。

お金を特定の市場においたままでは、お金を失ってしまうからです。

どんな市場も上がりもすれば、下がりもします。

高騰したり、暴落することもあります。

私を訪ねてくる人の中に時には、どの商品を買ったらいいのか?

どんな物件に投資したらいいのか?

などを尋ねてくる人がいます。

とりあえずアドバイスを求めてくるのだとは思いますが、正直な話しその対応時間が無駄です。

もちろん、そういう方には、趣旨を一応説明させていただきますが・・・・

投資対象の良し悪しは大切ですが、実は重要度からすると、とても低です。

これは、ファイナンシャルに限ったことではなく、全てのことに共通しています。

ビジネスや投資、或いは他の事でも言えることです。

上手く行かない人は、製品や商品を一番重要だと考えている人です。

それよりも遥かに重要なことはがあります。

それは、

チームだったり、コミュニケーション力だったり、管理能力だったりします。

これにリーダーシップやビジョンというものも必要です。

もちろんキャッシュフローを生み出す構造があって成り立つことですけどね。

さいごに▼

信じられないかもしれませんが、私達の世界は言葉と本能からの支配を受けています。

ですから、ファイナンシャルで使われる言葉を理解し、行動ファイナンスでいうところなバイヤス、つまり偏見をなくしていく必要があります。

私達は、事実を見ているつもりでいますが、実は自分の欲望に従ってしか世界を見ていません。

従って、たった一人の解釈や判断では上手く行くものも上手く行きません。

よく傍目八目(おかめはちもく)というではありませんか・・・・

参考▼

傍目八目とは、囲碁の対局をわきから見る観戦者は、冷静に局面を判断して、八目先まで見通すことができる。その意から、傍観者の立場にたって判断するほうが、物事の真相や利害得失を、当事者よりかえって的確にとらえることができることのたとえ。

現に投資を成功させ、資産家になった人達は素晴らしいチームを編成しています。

この編成や上記の幾つかの条件が揃ったから、投資も上手くいったわけです。

ではまた

初回カウンセリング

あなたの利益を最大化するための、はじめの一歩です。

何も準備していただく必要はありません。
お気軽にお申し込みください。

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。