ライフプランには、現在の収支把握と将来のライフイベントを金銭換算してシミュレーションする狭義のライフプランと、できるだけ多くの要因を加味してプランニングしていく広義のライフプランがある。

紛らわしいので、前者をライフプラン、後者をライフデザインとさせていただく。

例えば、保険セールスなどで用いられているものは狭義のライフプランに該当する。

今回は、一般的なライフプランで欠落しがちな事柄などについても触れていきたいと思う。

人生設計を考える際の参考にしていただけたら幸いです。

ライフデザインについて

私たちは、生活に適した環境づくりを始め、それに伴った経済的な裏付けを確立していかなければ、生きていくことができません。

そして、そのプロセスにおいて多くの悩みや問題等が発生し、それらを解決したり、乗り越えたりしながら暮らしています。

また、私たちはそれぞれ異なる体質を持って誕生し、成長プロセスにおいて類似性(経験や体験)が蓄積され、それらを基本に個々の人生が形成されていきます。

別の言い方をすれば、自立し、成熟し、老後を迎え、それまでに蓄積した資産や経験を後世へ継承していくというオーソドックスな流れがあります。

私たちは皆、そうした流れの中で、個々の素質や類似性に基づく価値観を形成し、その価値観に基づき目的や夢を実現していこうと努力します。

まず、その目的や夢を達成するための正しい手順からお話したいと思います。

最初に「将来に目を向ける」とするガイダンスもありますが、このアプローチはあまり好ましい手順ではありません。

鈴木一郎選手のように将来を明確に、それが現実であるかのごとく描ける人は稀だからです。

ですから、将来を明確にする作業から入ってしまうと、ほとんどの人が路頭に迷うことになります。

これは、2,500例以上に及ぶライフデザインに携わってきた私の経験からも言えることです。

最初に私たちが自分に問わなければならないことは、それは「自分の人生に望まないこと」です。

ライフデザインの目的とは?

想像してみてください。

まず、あなたの人生に望まないことは何でしょうか?

あなたの人生に望むことは何でしょうか?

あなたにとって理想の一日とは、どのようなものでしょうか?

あなたの性格にはどのような特徴があるでしょうか?

あなたは、このようなことに関してじっくりと考えたことがあるでしょうか?

富の最大化を設計する

あなたが人生に望まないことは何でしたか?

多少の違いはあっても人生に望まないこと、というのはだいたい皆似通っています。

それから、あなたの人生に望むことは何だったでしょうか?

例えば、それが「豊かさ」だとするなら、ライフデザインの目的は、その「豊かさ」を最大化することだといえます。

あなたが、ライフスタイルをどう考えるかは自由ですが、それは、あなたの思考プロセスにどのような傾向があるのかによって大きく異なります。

その思考プロセスは、どんなことを学び、何を所有し、誰と一緒にいるか、どんな仕事をしていくのか、などの環境に大きく依存しているといえます。

つまり、あなたの今の価値観は、素質や類似性(過去の経験や体験)によって形成されたものだということです。

したがって、自分の人生において何に価値を見出し、何を選択するかは、その人の素質や類似性によります。

例えば、老後に田舎暮らしをすることが「人生の幸福」だと考えている人がいるとします。

この場合、経済的に豊かになることが主たる目的にはならないでしょう。

ライフスタイルの二重構造

別の言い方をすれば、ライフスタイルは、その素質を根底とした類似性に即して構成された部分が基本となり、その上に自己の意志によって習慣化し体系化していくものです。

したがって、表層部分(自分が意識できる領域)の情報のみでプランを考えてしまうと、おかしな方向へとプランだけが独り歩きしはじめます。

例えば、、、、、

クライアントの中に、将来キャンピングカーで北海道の各地をめぐりながら生活したい。

という希望をもっていた人がいました。

しかし、ちょっと掘り下げてみたら、そのようなことを何かで知って、ただそのライフスタイルに憧れているだけでした。

彼女はそうしたライフスタイルを、本当は望んでいないのです。

コーチングを始めると直ぐにそうしたことがはっきりします。

参考▼

素質の見極め方について詳しく知りたい方は、「心と体をハイクオリティーな領域へ導く方法とは?」などを参考にしてください。

また、彼女のように、チグハグな希望を自分の信念であると勘違いをした状態で、私のところにくる方は少なくありません。

ライフデザインをきちっと考えていくならば、単なる一過性のものではなく、素質とその人が培ってきた経験の上に重ねていけるような計画であって欲しいのです。

もちろん、そのための金銭的な確保、或いは「お金が流れる仕組み」を所有していることが前提となります。

企業に例えるなら、事業計画にあたるのが、ライフプランであり、予算計画・財務計画にあたるものが、ファイナンシャルプランです。

つまり、ライフスタイルに基づいてファイナンス計画を立て包括的にプランを仕上げていくことが重要です。

ところが、実際にはパーツであるはずのファイナンスのみに目が向いている人がほとんどです。

そのことによって、ブームや金融商品の仕組に絡め取られてしまい、人生に余計な問題を作り出している人が後を絶ちません。

ではなぜ、望ましくない現象が頻繁に発生しているのでしょうか?

本来のお金の流れがわかっていないからです。

キャッシュフローを理解する

そもそも将来のキャッシュフローには、プラスとマイナスがあり常に変動しています。

他方、事故や病気などでマイナスのキャッシュフローだけを生じるケースもあります。

そして、これらをまとめてキャッシュフロー・リスクと呼んでいます。

参考▼

キャッシュフロー全般に関しては「キャッシュフローデザイン」を御覧ください。

賃金形態が大きく変化した。

経済が成長している時代、所謂高度成長期などには、企業の賃金推移を参考にして、ある程度の昇給額の見当が付きました。

そこから将来のキャッシュフローが推測でき、年齢に見合った将来設計も可能でした。

しかし、成果主義賃金へシフトされた今日の成熟経済社会では、個人のキャリアはその人の持つ生産能力という形で評価されます。

したがって、キャッシュフローもそれに伴なって変動するようになりました。

しかし、資格取得や教育といった形で自分自身に投資したからといって、その能力が向上することを約束されるわけではありません。

選択した資格や教育が個人の素質や思考プロセスと異なっているものだと、理解することができず、身につかないからです。

確実に能力を向上させ、実際に生産性の高い人材にならなければ、将来のキャッシュフローを増大させることはできません。

そのためには、その個人の素質と類似性に即したアプローチ方法と、その手順を計画していく必要があります。

つまり、的確なライフデザインが必要です。

的確なライフデザインが、確実に個々の能力を素早く向上させる礎となるからです。

労働時間の長短とキャッシュフローはあまり関係がない

真面目に仕事をしても、報われないこともありす。

真面目かどうかではなく、生産性の高い存在かどうかで判断されるからです。

つまり、将来のキャッシュフローは、その個人の能力次第でプラスにもマイナスにも変動する可能性があり、短期的には確実だと思えることでも、中長期的な視点で見ると不確実性が増すということです。

年功序列賃金制度の職場であれば、比較的安定した賃金を受け取ることができます。

しかし、成果主義賃金制度の職場ではキャッシュフローに関する変動幅は大きいです。

また、それらの企業が永遠に存続する補償もありません。

3年後に今の勤務先が消滅するということもありえるわけです。

実際に私自身もそのような事態に見舞われたことがあります。

したがって、キャッシュフローの変動要素を十分加味して、ライフプランやファイナンシャルプランのシミュレーションを行うだけでは不十分です。

成果主義の環境下で生き抜くためには、より生産性の高い人材にならなければならないわけです。

ライフデザインと人的資本評価

あなたの労働能力は将来の収入を生み出す源泉です。

人的資本は労働市場で賃金や雇用条件という形で評価されます。

こういう言い方をすると実にクールに聞こえますが、それが事実です。

年功序列型賃金が主体だった時代には学歴・業種や経験年数、企業ごとの賃金カーブなどでほぼ確定され、安定した資産形成がある程度は可能でした。

しかし、成果主義賃金制度が浸透していくにつれ、労働能力によって個々のキャッシュフローは多様になってきたのです。

また、会社組織の不透明性、指示形態の煩雑化に伴い、生産性が減退し、そのことによってプロ集団へのアウトソーシングが増え、会社組織が脆弱化し、雇用形態が更に変化していくことも考えられます。

起業家からみた場合、逆にそこに多くのチャンスが生まれる可能性が高いということになります。

起業や副業を試みる相談者が増加しているのも、そのような状況を感じ取る人が増えてきたからでしょう。

しかし、残念ながら起業しても1年も持たないといった感触です。

起業するのは非常に簡単ですが、継続はその何十倍も難しいからです。

起業する方法は教えも、収益を上げ続けながら継続する方法を教えられる人が少ない、それも一つの要因でしょう。

参考▼

人的資本の考え方については「ライフサイクルと人的資本を考え合わせて資産運用を考える必用がある」のなかでも解説していますので合わせてご覧ください。

ライフステージごとのポイント

例えば、誕生から相続までのプロセスを分けるとすると、次のような4つの分類になるでしょうか。

誕生・成長期

  • 経済的には親に依拠して労働力の形成を行う時期

将来の経済的自立にあたり、ファイナンスも学習の一部に加え、それらを応用・適用させる能力を同時に身に着けておくといいでしょう。

自 立

  • 自分の資産形成と子供たちの労働能力形成の援助を行う時期

包括的なライフデザインを創造し、その中で教育資金、住宅資金などを計画するとともに、資産運用、リスク軽減の計画もプラスしておくといいでしょう。

老 後

  • 自分の有形資産+公的年金などでキャッシュフローをカバーする時期

包括的なリタイアメント・デザインを創造し、老後に見合った資産運用、リスク軽減を計画するとともに、健康を維持する計画も忘れないようにしましょう。

※起業家の場合は、収入計画もリスクに関する考え方も異なります。

それについてはキャリアデザインのカテゴリーを参考にしてください。

相 続

  • 資産を次世代へ継承していく時期

相続や事業承継の計画を立てておきましょう。

物的資産は相続税法に基づき評価され、税引き後の資産が時価評価されて次世代に継承されます。

したがって、タックスプランをいかに行うかがポイントになります。

また、物的資産のみならず、無形資産(思想など)の継承についても考えておきましょう。

※起業家の場合は、事業継承次第でキャッシュフローバランスが大きく変わります。

相続については「相続プラン」「タックスプラン」のカテゴリーを参考にしてください。

社会的責任

経済の成熟化によって、これまでの一連の制度が不安定化し、直接金融への志向、貯蓄から投資への志向が強まる中で、個人はより一層、明確な自己責任による意思決定を迫られています。

したがって、限られた時間の中で限られた資産とキャッシュフローを適切に配分し、人生設計上の目的を実現していくためには、選択と意思決定がとても重要になってきます。

同時に個人の金融資産がどのように貯蓄され、投資され、使われるかは国や自治体、あるいは企業に大きな影響を及ぼし、強いては日本経済に大きな影響を及ぼします。

ファイナンスに関する選択と意思決定には社会的責任が伴います。

したがって、そうした要因(選択と意思決定)もライフデザインに組み込んでおく必要があるでしょう。

次回は「ライフデザインと価値観、金融資産運用、リスクマネジメント、タックスプランとの関係性」などについてです。

LINE@MSID研究所

いかがでしたでしょうか?お金の流れが変わって人生が面白くなる方法などについて、もっと詳しく知りたい方は、LINE@で友達追加してください。特別な情報やセミナー開催情報などをお届けします。

友だち追加

相談・お問合せ

起業やビジネスなどのお金の流れの創造・改善。運用や資産形成など収支バランスの改善のことなら、個人・法人を問わず何でもご相談ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事