ライフプランを効率よく活かすための手順

ライフプランにも諸説あるが、狭義と広義のプランに分かれる。

現在の収支把握と将来のライフイベントを金銭換算してシミュレーションするプラン。

もう一方が、できる限り多くの要因を加味するプランニング方法だ。

紛らわしいので、前者をライフプラン、後者をライフデザインとさせていただく。

また、ライフプランを考える際に欠落しがちな事柄などについても触れていきたい。

ライフプラン(人生設計)を考える際の参考にしていただけたら幸いです。

ライフデザインを考えるときの手順

私たちは、生活に適した環境づくりを始め、それに伴った経済的な裏付けを確立していかなければ生きていくことができません。

そのプロセスにおいて多くの悩みや問題等が発生し、それらを解決したり乗り越えたりしながら暮らしています。

また、私たちはそれぞれ異なる素質を有し、成長プロセスにおいて類似性(経験や体験)が蓄積され、それらをベースにパーソナリティーが形成されていきます。

その成長プロセスには自立し、成熟し、老後を迎え、それまでに蓄積した資産や経験を後世へ継承していくオーソドックスな流れも含んでいます。

私たちは皆、そうした大きな流れの中で、素質や類似性に基づく価値観を形成し、その価値観に基づき目的や夢をいだきます。

ライフデザインを考える上で、まず「将来に目を向ける」のがスタンダードな考え方だと思います。

実は、そのアプローチはあまり好ましい手順ではありません。

鈴木一郎選手のように将来を、それが現実であるかのごとく明確に描ける人は稀だからです。

将来を明確にする作業から入ってしまうと、ほとんどの人が路頭に迷うことになります。

これは、2,000を超えるライフデザインに携わってきた私の経験からも言えることです。

最初に私たちが自分に問うべきこと、それは「自分の人生に望まないことは何か?」です。

  1. あなたの人生に望まないことは何でしょうか?
  2. あなたの人生に望むことは何でしょうか?
  3. あなたにとって理想の一日とは、どのようなものでしょうか?

これらのことに関してじっくり考えたことがありますか?

それらを考える以前に、あなたの素質や習慣を認識しているでしょうか?

ライフデザインの目的は何?

ライフデザインの目的は何?

1,あなたが、あなたの人生に望まないことは何でしたか?

多少の違いはあっても、だいたい皆似通っていると思います。

2,あなたの人生に望むことは何でしょうか?

例えば、それが「豊かさ」だとするなら、ライフデザインの目的は、その「豊かさ」を最大化することです。

ライフスタイルをどう考えるかはあなたの自由ですが、その実現はあなたの思考プロセスによるところが大きいです。

また思考プロセスは、どんなことを学び、何を所有し、誰と一緒にいるか、どんな仕事をしていくのかなど、あらゆることに影響します。

その思考プロセスは、素質や類似性(過去の経験や体験)によって形成されたものです。

あなたが今認識している価値観もその一部です。

自分の人生において何に価値を見出し、何を選択するか?

つまりそれは、素質や類似性によるところが大きいということです。

例えば、老後に田舎暮らしをすることが「人生の幸福」だと考えている人がいるとします。

この場合、経済的に豊かになることが主たる目的ではありませんね。

その人にとって「豊かさ」は、経済的なことではないということです。

ライフデザインを台無しにしてしまう要因

ライフデザインを台無しにしてしまう要因

ライフスタイルは、素質を根底とした類似性に即しており、自己の意志によって習慣化し体系化していくものです。

したがって、表層部分(自分が意識できる領域)の情報のみでプランを作成するのは好ましくありません。

プランだけが独り歩きしはじめ実行に移せないままフラストレーションだけが募っていく可能性が高いからです。

かつて「将来キャンピングカーで北海道の各地をめぐりながら生活したい」という希望をもっていたクライアントがいました。

ちょっと掘り下げてみると、そのようなことをどこかで聞きかじって、それが自分の理想とするライフスタイルだと思い込んでいただけでした。

彼女はそのようなライフスタイルを、本当は望んでいなかったのです。

ライフデザインの確立プロセスではよくある話です。

※素質の見極め方について詳しく知りたい方は、こちらを参考にしてください。

彼女のように、他人のライフスタイルを自分の理想としている方は少なくありません。

できればこうした憧れに基づくものではなく、素質とその人が培ってきた経験に立脚した計画が望ましいです。

もちろん、金銭的な確保、或いは「お金が流れる仕組み」を所有していることが前提となります。

ファイナンス計画を確りと立て、包括的な視点でプランを仕上げていく必要があるでしょう。

でも実際には、ライフデザインのパーツでしかないファイナンスのみに目が向いている人がほとんどです。

それが、誰かが仕向けたブームや金融商品の仕組に絡め取られ、人生に余計な問題を作り出している人が後を絶たない要因にもなっています。

なぜ、非現実的な仕組みに簡単に取り込まれてしまうのでしょうか?

本来のお金の流れがどうなっているのか知らないからです。

それではまた。。

初回カウンセリング(リモート)
初回カウンセリング

※PC、スマホ、タブレットなどWEB環境さえあれば、どこにいてもワンクリックでカウンセリングが受けられます。

まずは、あなたの話を聞かせてください。
私があなたに提供できること、それは・・・・

  • わずかな時間で収入を増やす。
  • 10%にも満たない小さな改善を、10倍以上もの大きな成果につなげる。
  • 人間関係を劇的に改善する。
  • 人生の損失を回避する考え方を身につける。

まだまだありますが、それらを実現するための方法と経験です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事