今回は、パラノイアの世界に絡め取られていること、セルフイメージが凶事を引き寄せていること、仕事やお金の誤った関係、それらを解決するためのスキルなどについてです。

コンフォートゾーン×習慣

会社を譲渡してからというもの、あらゆることに自信が持てなくなっていました。

怖くて、自分から積極的に事を起こすなんてとても考えられない。

でも給料が安くて生活はシンドイ!

というジレンマに長い間苦しめられていました。

立て続けざまにトラブルも発生しました。

取引先とのトラブルが原因で頭を丸めさせられ、土下座した手を土足で踏まれるということさえありました。

当時は暴対法も成立していなかったので、借金の取り立てでチンピラみたいな連中に取り囲まれて脅されたりもしました。

まずいことに、そこが私のコンフォートゾーン(安心)になってしまったんです。

4社の転職を経験した後に、再度起業しましたが、成功路線に乗り始めた途端、経営方針の相違から会議の度で吊るし上げられるようになり、やがて辞任退職に追い込まれました。

しかも共同経営者の息子から暴力まで振るわれて・・・・

もう悲しすぎて言葉も出ませんでした。

これが、コンフォートゾーン(安定、安心)の怖さなんです。

苦よりも「楽」を乗り越える方がずっと大変

こういった状況を自覚のないまま自ら招いてしまう。

なぜなら、苦を乗り越えることよりも、楽を乗り越えることの方が大変だからです。

そこに居ると安心だから、自覚のないままそこに留まろうとしてしまう、そこに戻ろうとしてしまう。

それが傍から見て悲惨な状況であったとしてもです。

知らないと、本当に恐ろし結果を招いてしまうことさえあります。

ショックのあまり鬱状態に陥り何もする気が起こりませんでした。

その状態が6ヶ月間も続いたため、とうとう無一文同然にもなりました。

銀行の預金残高が1,214円になってしまったんです。

多額の借金を抱えたまま、手持ちの現金もなくなったわけです。

もっと深いところに原因がある

保険セールスによって短期間で借金も完済でき、収支は大きくプラスになりましたが、なぜか全くと言っていいほど充実感はありませんでした。

10年間何もしなくても余裕の暮らしができるだけの所得、金額で言えば約13,000万円程度です。

さらにその所得が増えていくことが約束されていました。(権利所得も発生していた)

ところが、経済的に豊かになればなるほど虚しさが募っていったのです。

その波動が周囲にも影響して、娘は授業をボイコットし、登校拒否。

妻も私も身体をこわして、あげくの果てに家族がほうかいしかけました。

自分の体調不良の原因は明らかにお酒を毎晩のように飲み歩いていたからです。

しかし、妻と娘がなぜそのようになってしまったのか?

その時は知る術もありませんでした。

ですから”自分のあり方”そのものを見直さざるを得なくなったわけです。

そしてある方法を手にすることで・・・・・

やりがいのある仕事を発見することができ、大きな生き甲斐もみつけ、家庭を取り戻し、毎日が充実した環境に変わりました。

しかも、それは瞬時に起こりました。

なぜ、そのようなことが可能になったのか?

仕事量とお金は関係ない

その一つは仕事とお金に対する考え方が一瞬で変わったことにあります。

仕事量とお金は全くと云っていいほど関係がない”ということに気がついたんです。

起業していることと起業家思考とはまったく違う。

もう一つは、起業家というものを勘違いしていたことです。

私は起業志向がとても強く、若い頃から起業家気取りでいました。

しかし、実際には起業家ではなく、ただ従業員ではないというだけでした。

それに気付いたのは3度目の起業から2年後のことでした。

実際、起業する直前の私の方が、はるかに視点が高かったことに気がついたんです。

起業していることと、起業家思考でいることは全くといっていいほど次元の違う話です。

実は、ここに大きなポイント、そして様々なスイッチがあります。

そのことがセルフイメージとコンフォートゾーンに大きく影響し、人生にもビジネスにも大きな違いを生じさせます。

そのことが更に明確になったのは、今から12年前(2004年)のことでした。

既に起業している方にとって、それはもっと重要な意味を持っています。

なぜなら、ビジネス如何によって人生そのものが変わるからです。

ライフスタイルそのものが一変する方法

すべてを一瞬で変える方法、それは思考変換を絶えず試みるということです。

そのことによって、ビジネスのみならずライフスタイルそのものも一変します。

具体的に言えば・・・・

人生の2大テーマでもある「お金と時間に対する概念」を変える、というのもその一つです。

さらに言えば、それらについて独自の概念を創造するということです。

時間に対する概念が変わると、「時間という言葉」に制約されず、もっと自由な感覚で日常を送ることができるようになります。

お金に対する概念が変わると、「消費」ではなく、「投資」にお金が使われるようになります。

ペーパーアセットに限らず、その他の資産運用、自己投資やビジネスについても、そのアプローチや手法が変化します。

参考▼

ペーパーアセットとは、株式や債権、預金、投資信託といったもののことを指します。ペーパーアセットについて詳しく知りたい方は「マネープランのコーナー」を参考にしてください。

しかも、極自然にそれができるようになるのです。

その結果、あなたの銀行口座にどんどんお金が流れ込んでくるようになります。

お金が足りてるかどうか毎月のように銀行口座を確認しなくても済むようになるのです。

マイナスにならないことがわかっているからです。

毎月の支払いが終わった後でも銀行口座にたくさんのお金が残っていることを確信できるからです。

おわかりいただけるでしょうか?

これが完全にお金の悩みから開放されているという状態です。

この思考変換の方法が理解でき、実践すればするほどそうなっていくのです。

お金のストックよりも、お金の流れが途絶えない確信の方が、より安心できませんか?

あなたが起業家なら、確実に理解していただけると思います。

特に起業家は、お金をストックすることではなく、キャッシュフローを生みだす仕組みづくりにより興味を抱く傾向があるからです。

もし、ストックに目が向いている起業家がいたとすれば、その事業は長くても3年は持たないでしょう。

キャッシュフローを生みだす仕組みとは?

キャッシュフローを生み出す源は色々あります。

例えば、私の場合は・・・

  • コンサルで得る利益
  • 物販(通販含む)で得る利益
  • 塾の運営で得る利益。
  • 資産運用で得る利益
  • 給与所得や外務員報酬

などで所得や利益を得ています。

参考▼

キャッシュフローを生み出すことについては、このサイト全体がそのことに向けて作られていますが、特に「キャッシュフローデザイン」「ライフコーチング」「キャリアデザイン」の各コーナーで詳しく解説しています。

なぜ、そうしているのかというと、、、

事業関連では、タックスマネジメントをフルに活用することが出来ます。

一方、給与などは給与所得控除を活用することが出来るからです。

また、収入源を幾つも所有することによって、リスクヘッジも兼ねているわけです。

参考▼

不動産投資については「不動産活用」を、タックスマネジメントについては「タックスプラン」を参考にしてください。また、リスクヘッジついては「リスク軽減と保険」を参考にしてください。

しかし、直ぐに私のようなやり方を定着させることは難しいと思います。

私は失敗だらけの人間です。

しかし、3回の起業はアクセサリーではありません。

つまり、私にはある程度の素養があったということです。

では、ほとんど素養のない人はどうしたらいいのでしょうか?

カタチを身につける

実は、それがデザイン・コーチング研究の目的でした。

結論は「かたち」から入ってもらうということに行き着きました。

その代表的な方法の一つが・・・・

  1. 使う言葉を変える。
  2. デキル人のやり方をまねぶ。

というシンプルな方法です。

これらを試みるだけで、あなたの人生が大きく変わりはじめます。

これからその解説に入りますが、その前に理解しておいていただきたい事があるので、先にその話をします。

まず、言葉は曖昧でしかも限界のあるツールだ、ということです。

したがって、言葉だけでそのことを体感してもらうには限界があります。

一方、言葉で表現できない世界は存在しない、というのも一理あります。

また、「語り得ぬものは沈黙しなければならない」という高視点の考え方も・・・・

今はそのことを理解できないかもしれませんが・・・・

進行していくに従って徐々にそれを分かっていただけると思います。

では、その限界のあるツールを使って、できる限りわかりやすく解説しましょう。

参考▼

「まねぶ」とは(真似る+学ぶ)と解釈しておいてください。

閾値を超える環境を頭のなかに構築する

一つ目は、前回の投稿の中で触れたStarvationとMenacenを思考に落とし込む作業です。

だからといって、実際に断食や滝行をやっていただく訳ではありません。

最初は少し違和感を感じますが、そのうち馴染んできて自分のものになります。

閾値(いきち)を超える方法という言い方をする人もいます。

閾値とは限界値とか臨界値という意味です。

これは不確かな未来に執着してパラノイア化している思考を、一旦そこから引きはがして、現実に戻す作業です。

一般的なコーチング、自己啓発もどき、スピリチュアルもどきなどの視点とは違う角度からのアプローチになります。

したがって、上記の類のものに触れたことのある方は、特に違和感を感じるはずです。

実際、最初はほとんどの人が後頭部に痛みを感じるようです。

願望を追求するのではなく、俯瞰する

特に重要なことは、「私たちは自分の願望に従ってしか世の中を見ようとしていない

ということを自覚することです。

例えば、ライフデザインやビジネスを考える時、ものを買う時、人に接している時など、あらゆるシチュエーションにおいて、そうした考え方をベースにして対処しているということです。

ですから一見冷静にモノゴトを判断しているように見えても、実際はそうではありません。

つまり、願望を追求する思考をベースに立てられたプラン、あるいはそのプランに基づく行動によって、人生でつまずく可能性が非常に高くなっている状態だということです。

実際そのデザインが、自ら余計な問題を作り出し、障害を増やし、障壁を高くしてしまっているのです。

なぜなら、エゴイズムの上に、さらにエゴを上塗りするような行為。

それが、現実とはかけ離れた幻想世界を意図的に作り出してしまうことになるからです。

夢が自分の世界からはみ出し、幻想の中の夢になってしまうのです。

そのように思考する習慣が身についてしまうと、いつまでたっても地に足の付かない状態のままもがき苦しみ続けなければなりません。

自から創造した障壁をこわすために、長い間もがき苦しまなければならないのです。

つまり、まるでドン・キホーテのような行動パターンに陥ってしまうのです。

そういうことがキャッシュフローにはっきりと現れてきます。

私がいうキャッシュフローとは、月給とか年収といった言語で表現されているもののことではありません。

あえてその観点で表現するとするなら時給でしょうか。

ですから、キャッシュフロー診断をしていると、そういうことがすぐに分かります。

これが2000例のプランを手がける中で知ったことです。

例えば、仕事にやりがいを感じられなかった28歳の会社員が、6ヵ月後に起業し、労働時間が10分の1なり、またその3ヵ月後に年収は1.7倍になり、たった2年間で10億超の資産を増やした。

という典型的な例があります。

以前の彼が、その状態そのものでした。

彼自身が描いていたプランが、彼の能力を抑制して本来のキャッシュフローを止めていたんです。

そのプランには、海外で行われている高額な自己啓発プログラムに参加する予定まで組み込まれていました。

なぜそのプログラムを懸念したのかと云うと、そのプログラムを主催している側の仮説に問題があるからです。

「参加してもほとんどの人は行動しないだろう」ということを前提に開催しているからです。

おわかりでしょうか?

そのプログラムに参加して大きな変革を遂げた人もいます。

しかし、その確率は非常に低い数値でしょう。

参加者もそのことはある程度承知しているはずです。

それでもなぜ、自分は変われると思うのか、飛躍できると思うのか?

その考え方が、実は危ない!

彼も危うく長期間パラノイアの世界間から抜け出せなくなるところでした。

では、そうした状態から抜けだして、自分の人生をダークサイドから救っていくにはどうしたらいいのか?

具体的に何から始めればいいのか?

次回はそのことについて「すべてを効率よく瞬時に成果に結びつける秘訣!?」の中で解説していきたいと思います。

 

 

無料勉強会に参加しませんか?

お金の流れを作って、安全にお金を増やして守る無料勉強会に、あなたも参加しませんか?※PC、スマホ、タブレットなどWEB環境さえあれば、どこにいてもワンクリックで参加できます。世界水準のファイナンシャルプラン技能と28年の経営経験を持つ弊社代表が講師を努めます。勉強会開催日程はこちらをクリック!

ワンクリックWEB無料相談
相談・問い合わせ

資産形成、ライフデザイン、起業、ビジネス、仕事の効率化など、お金の流れの創造や改善、人生を豊かにすることならなんでもご相談下さい。安全にお金を増やすコミュニティー(無料) 仕事の次元を変えるコミュニティー(無料)

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事