心と体の接触面は3つの機能原理によって支配されている!?

前回も登場したプラクリティ(心理・生理的な体質)は、どこが起点になっているのだろうか?

遺伝によってある程度個人の特徴は決定づけられている。

その一方、細胞や器官そのものは本質的に誰でも同じ構造をしている。

個々の体質や性格はそれぞれ異なるが、同じように感ずる部分があるのもうなずける。

彼らは、より深いレベルで体質を見いだすために「心と体が出会うところ」に着目している。

心の中でなにかが起こると必ず何かが体で起こる。

子供の頃、夜トイレにいくのが怖くて一人で行くことができなかった。

便器から手が出てくることが有るかもしれない、そう思っていたからだ。

そのような感情が起こる時には、必ず血流の中をアドレナリンが駆け巡っている。

つまり、心と身体の接触面で想念が物質に転換しているというわけだ。

そして、この領域は3つの機能原理によって占有されているらしい。

彼らは、それをドーシャと呼んでいる。

これは心と体の対話をドーシャという言葉で表現した非常にユニークな考え方だ。

「ドーシャ」と聞いて、あぁ・・・アーユルベーダね!

と思う人もあるかもしれない。

しかし、そこで思考することを止めないで欲しい。

アーユルベーダをよく知らないうちに、その言葉に絡め取られては困る。

そのため、今までイメージを拘束する言葉を使用してこなかった。

一般的に広く認識されている解釈とは異なっているからだ。

だから、アーユルベーダやドーシャという言葉をあえて避けてきた。

私たちが抱く恐れ、夢、願望は、感情や欲求という部分に関わり、常に体に話しかけ、心身を形成している。

本来であれば、このメッセージは個を進化させ、健康に導くものが望ましい。

しかし、残念ながらほとんどの人は理想的な状態ではない。

成長するにしたがって、ストレスや老化に向かう力の方が、進化や拡大の力より優勢になっていくからだ。

「心は愛や創造性に富んでいるのに、体が年々衰えてるという場合には、ドーシャに注意する必要がある。」と彼らは言っている。

有害物質や要素の増大による減退の力が、進化の力よりも大きくなってしまう理由はドーシャにあるということだ。

このドーシャのバランスを回復すれば、健康で、調和的で、常に進化する心身システムが可能になってくるはずだ。

ドーシャの3つの機能原理

ドーシャの3つの機能原理は、一般的には「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」という名で呼ばれている。

その3つが心身の無数の機能をそれぞれが司っている。

それぞれ、

  1. 動きの支配⇒ヴァータ
  2. 代謝の支配⇒ピッタ
  3. 構造の支配⇒カパ

どんな呼び方をしてもかまわないと思うが、私たちのどの細胞にもこれら3つの原理が、必ず含まれているということをまず認識して欲しい。

具体的には、

  1. 呼吸、血液の循環、消化管の中の食物の移動、脳の神経インパルスの出入りなどを支配。
  2. 食物と空気と水の代謝を支配。
  3. 細胞のまとまりを保ち、筋肉や脂肪や骨などの形成を支配。

この3つのドーシャが揃ってはじめて人体が形成される。

それではまた。

お試しカウンセリング
初回カウンセリング

適切な方法が分からない、わかっていてもなかなか実戦出来ないでいる方・・・

あなたの所得増・資産形成プロセスを確りサポート!

私があなたに提供できること、それは・・・・

  • 支出を最適化する。
  • わずかな時間で収入を増やす。
  • 10%にも満たない小さな改善を10倍以上の成果につなげる。
  • FIREFinancial Independence, Retire Early)実現。

まだまだありますが、それらを実現するための方法と経験です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします