教育と投資
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 今回は、教育・投資・ギャンブルと社会的証明の原理などについて解説しましょう。

「投資」という言葉に対して過去の経験や体験から呼び起こされるイメージは人それぞれだと思いますが、あなたは「投資」に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。

ギャンブルと教育投資

一般的には、「危ない」というイメージを持っている人が少なくないようです。

しかしながら、ビジネスや株式に投資するのは危険だと考えている人の中には、パチンコや競馬、競輪などのギャンブルにお金をつぎ込んで大損害を被っている人もいます。

また、子どもの教育投資は、何の疑いもなくあたりまえのように行われています。

そして、そこには個人が想定した以上の莫大な金額が投入されています。

教育投資の勝率は?

私たちは、消費することは慣(な)れていますが、自ら考え積極的に何かに投資するということには慣れていません。

つまり、誰もが行っていることに対してお金を払うことには抵抗がないが、不確実性の高いものに先にお金を払うことには非常に抵抗感があるのです。

では、子どもの教育に関してはどうでしょうか?

塾に通わせたり、大学に進学させたりといった行為、これは何の疑いもなく多くの人が行っている投資です。

不確実性の非常に高い子供の将来に、何かしらの期待を抱き、そこにお金を前もって投入する行為、これはまさしく投資です。

あなたもご存知のように、教育にお金をかけたからといって、それが必ずしも世の中で開花するわけではありません。

世の中を見回してみればいくらでもその事例はあります。

高い教育費を投資して高度な教育課程を終えても、

  • まともに働きもしないで親のスネばかりかじっているパラサイト・シングル
  • 働いて得たお金をすべてギャンブルにつぎ込み、借金まみれになって家族を不幸に追いやってしまう人
  • 犯罪を犯して世の中を騒がせてしまう人

など枚挙に暇(いとま)がありません。

一方で、学校を中退して、ビジネスやその他のことに投資を行って成功している人もたくさんいます。

むしろ、物にしろ、コトにしろ、積極的に投資を試みている人の方が、仕事やビジネスにおいては上手くいっているようです。

投資には1円も使わない人でも教育には莫大なお金を使う

結果から見れば将来その人がどうのような人間になるのか教育開始時点ではわかりません。

そして、厳しい現実を生き抜くために必ずしも義務教育が必要なわけでもありません。

しかしながら、その教育費は数千万円、場合によっては6,000万円を軽く超えることさえあります。

これほど莫大なお金が投入されるにも関わらず、教育投資は何のためらいもなく、当たり前のように実行されています。

しかも、その準備のために親は一生懸命働いています。

ところが、他の投資に目を向けてみると、ほとんど行われていません。

言いかえれば、人生を変える可能性のあるビジネスやその他のことには1円も投資しない。

でも、将来どうなるかわからない不確実性の非常に高い子どもの教育には、莫大なお金を投入し続けているわけです。

私はなにも義務教育や大学進学を否定しているわけではありません。

そうではなくて、なぜそのような現象が起きるのかということです。

投資行為を危険視している人が多いにも関わらず、教育投資はあたり前のように実施されています。

しかも想像以上の莫大な金額です。

なぜ皆、惜しみもなく教育に投資し続けるのでしょうか?

社会的証明の原理に支配されている

実のところ、人は実際の結果ではなく、他人の行動を基準にして物事を決定する傾向が強いのです。

例えば、お客さんが並んでいるラーメン屋を見た瞬間に「このお店のラーメンは美味しいに違いない」と勝手に思い込んでしまうのです。

人気のある塾があったとすると「自分の子もその塾に通わせれば、勉強ができるようになる」と思い込んでしまうのです。

このように、他の人につられて行動してしまう人間の特性を社会的証明の原理と呼びます。

そして同じ行動を取る人が多ければ多いほどその力は強大になります。

特に自分と同じような境遇や環境下にある人に共鳴します。

ではなぜでしょうか、なぜ他人と同じ行動をしたがるのでしょうか。

自分自身の思考でしっかり考えてもしないで、なぜ安易に他人と同じ行動を取ってしまう傾向があるのでしょうか。

「自分の子も◯◯ちゃんと同じように勉強ができるようになる」となぜ勝手に思い込んでしまうのでしょうか。

思考をショートカットしたいという欲求を常に抱えている

人間は本質的に考えることに極力エネルギーを割きたくない傾向が強いからなのです。

できれば考えたくない、これが人の思考の根底にあるからです。

したがって、思考をショートカットできる方法があると自動的に反応してしまうのです。

つまり、人間は自由に何かを考えているようでいて、実は機械的に反応してしまうという側面があるのです。

考えるよりも早く、思考の近道に沿って行動してしまうのです。

例えば、「高額なもの=良い品」「先生=偉い」と思ってしまう節があなたも何処かにありませんか?

しかし、実際はそんなことはないのです。

有名な塾に入れたり、高名な先生の授業を受けられるとなると、その実力以上に高く評価してしまう傾向があります。

そして、そうした塾の授業料や先生は決まってお高いです。

「有名(社会的証明)+偉い+良い品」を同時に感じるので、実力以上に凄いと思ってしまうのです。

ここに専門性が加わると更にその力はパワーアップします。

「専門家=間違いない」という類似性が加わるからです。

類似性のある言葉に絡めとたれている

すなわち、「有名(社会的証明)+偉い+良い品+間違いない」ということになります。

情報過多でスピード化が加速している現代においては、その類似性に絡め取られる傾向がさらに強まっているといえます。

処理しなければならない問題が多ければ多いほど、思考ショートカット機能が加速度的に作動してしまうからです。

では、有名な塾に入塾できただけで、本当に勉強ができるようになるのでしょうか?

先生と呼ばれる人たちは、本当に偉い人たちなのでしょうか?

高額なものは良い品の証明になるのでしょうか?

専門家は間違えを犯さないのでしょうか?

一度冷静になって考えてみると、必ずしもそうでないことがわかるはずです。

しかし、実際には考えるより先に自動的に行動してしいるのです。

これは便利な機能ではありますが、使い方を違えるととんでもない目に遭うこともあります。

思考ショートカット機能のクオリティーを今すぐ向上させる必要がある

そうした類似性が、私たちの本能を刺激して、その思考プロセスが自動的に作動してしまう。

処理しなければならない課題が増えれば増えるほど、それを意識的にコントロールすることが不可能になる。

したがって、誤作動するリスクが高まります。

「思考ショートカット機能」のクオリテ-次第で、将来が大きく変わってくるとなるとこれは大きな問題です。

すなわち、私たちが間違った選択をしないためには「思考ショートカット機能」のクオリティーを早急に向上させる必要があります。

詰め込み式の教育が問題視される中にあって、さらに新たな多くの教材(知識)が教育の現場に投下され続けています。

世界中の科学雑誌を集めると40万部を超えるそうです。

そして、その一つ一つに新たな見解が掲載されているわけです。

それが教育の現場に影響してくるのは、時間の問題であり、火を見るより明らかでしょう。

ビジネの現場ではもっと凄まじい勢い

ビジネスの現場では、既にその傾向が顕著(けんちょ)に現れています。

情報弱者と情報強者との差は益々開いていくばかりです。

新たに降り注いでくる、あらゆる情報の中から無駄なものを省き、いち早く必要なものを取り出し、自分ゴト化できる能力に秀でた人だけが勝ち残っていくという構造になっているのです。

言語運用力に長けた人が桁違いに儲かっているという世界なのです。

今後益々その傾向が強まることを考えると、子どもを教育していく立場にある私たち親が、その現実をしっかりと認識し、自分自身も成長し続けながら子どもの教育に携わっていく必要があるでしょう。

なぜ、言葉の運用力に長けた人が桁違いに儲かっているのか

そこには製品を生みだす側のジレンマがあります。

つまり、商品やコンテンツそのもののクロリティーに差をつけていくことが著しく困難になったのです。

商品機能は進化し続け、その機能は普通の人が必要としているものを既に超えています。

その筋の専門家は別として、私たちが生活する上で必要な機能はもうすでに揃っているのです。

私たちは、その商品の特徴を選択しているように思えるでしょうが、多くの場合、実際には言葉によって作り出された差異を買っているに過ぎません。

あなたが物を買うときの様子を思い浮かべて、冷静に考えていただけたらわかるはずです。

どのようなことでもいいです。

家電でも、洋服でもなんでもいいです。

例えば「値下げしました、先着何名様限り、特売、新しいデザイン、新着、人気No1、最速、返金します」などなど。

実際の性能や品質など詳しく知らなくても、それが実際に必要な機能なのかどうかも十分に考慮せず、そうした言葉に促されて決定していることが多いはずです。

お金を作り出す構造に翻弄されず、その中で成功するやり方

私も学校教育で歴史や純文学、外国語や数学など、一般的に必要だとされる科目はうんざりする程刷り込まれてきましたが、こうした言葉の語彙力(ごいりょく)と運用力は身につきませんでした。

つまり、社会公理を厳守するための教育は受けてきましたが、お金を生み出す構造に翻弄(ほんろう)されず、その中で力強く生きるやり方は教わってこなかったのです。

したがって、社会に出てから非常に苦労しました。

社会に出てから、通常では考えられない程のお金と時間を投資してきました。

会社も2つ作り、その他のビジネスも14年以上継続し、今もその投資は継続しています。

通り一遍の成功らしきものは一時期手にしましたが、未だに自らが定義した成功を手にした感触がありません。

常識的なことのみを学ぶ学校教育が、ある時期には必要ですが、それだけでは現代のようなグローバリズム化が加速していく資本主義社会ではほとんど役に立たないのです。

またその解決策を義務教育の現場に望むことも非常に難しいでしょう。

これはまたビジネススクールなどにも言えることかもしれません。

なぜなら、常識を教えることを学び、教育の現場でしか社会というものを知らない大人たちに、非常識なビジネスの世界を理解することなどできるはずもないからです。

たとえ理論を教えることはできたとしても、それを理解させ、実践できるレベルまで導くことは非常に難しいでしょう。

したがって、教える側を教育する、その前提が180度変わらない限り、教育を受ける側の大きな成果は望めないでしょう。

さいごに▼

お金のプロという名の素人たち

一方で、お金の勉強と称して専門家を招いているところもあるようですが、それらを教えているのはどのような人たちでしょうか?

金融機関の人ですか、ファイナンシャルプランナーですか?

もしそうだとしたら、ますます個人が自由を得て豊かになる方向からは遠ざかってしまうことになるでしょう。

なぜなら前者は会社員であり、安定を求め、極力不確実性を取り除いた中で収入が得られる場所。

つまり、毎月一定額の給料を定期的に受け取れる世界しか知りません。

組織の一員としてある種の苦痛を受け入れる覚悟さえあれば、その組織の一員として守られながら、外部と接していくことができます。

したがって、不確実性を利益に変える、変化を愉しむことができる人だけが成功できるという、ある意味安定とは真逆のビジネスの世界を知りません。

したがって、お金を運用する方法を知っていたとしても、キャッシュフローそのものを生み出す方法がわかりません。

また後者のFPは、お金に関して広く浅い知識しか持ち合わせないので、キャッシュフローをコントロールする方法までは知っていたとしても、ほとんどのプランナーは生みだし方をしりません。

具体的には、節約のアドバイス、保険やNISA、投資信託の説明やプランニングなどですが、それでいった何が変わるというのでしょうか?

実際には、これらの手段に頼った大半の人が、さらに違う問題が増えた。

あるいは資産が増えるどころか、資産が目減りしたのではないでしょうか。

すなわち、今本当に必要な、これからますます必要な、大きなキャッシュフローを生み出すスキルがないのです。

したがって、個人が、もっと自由を得て豊になれる方法を教えることは出来ません。

残念ながら、自分より少しだけ何かに詳しい素人から学んでも、時間とお金の費用対効果が向上することはないでしょう。

ではまた。

パーソナルデザイン塾についてはこちらをクリック!

※パーソナルデザイン塾入会権利:各コンサルテーション参加者またはP塾講義受講経験者に限ります。

P塾講義は毎月2回開催されています。受講を希望される場合はFacebook(ブレイクスルーClab)経由でお申し込みください。

メンバーから紹介がある場合、割引料金にて受講できます。詳しくはP塾メンバーにお尋ねください。

初回カウンセリング

あなたの利益を最大化するための、はじめの一歩です。

何も準備していただく必要はありません。
お気軽にお申し込みください。

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。