ライフデザインと教育投資

「投資」という言葉から受けるイメージは人それぞれだと思いますが、あなたは「投資」にどのようなイメージをお持ちでしょうか。

「危ない」というイメージを持っている人は少なくないでしょう。

でも、ビジネスや株式に投資するのは危険だと思いながらも、パチンコ、競馬、競輪など、ギャンブルにお金をつぎ込んでいる人もいます。

しかし、子どもの教育投資に至っては、何の疑いもなく当たり前のように、たくさんのお金が投下され続けています。

時には、考えられないほど莫大な金額を投入しているケースも見受けられます。

ということで、今日は教育投資について考えてみたいと思います。

教育投資の勝率!?

私たちは、消費することには慣れていても、自ら積極的に何かに投資することには慣れていません。

誰もが行っているような行為に対して、お金を払うことは平気だけど、不確実性の高いものに対してお金を払うことには抵抗があります。

これは、認知バイアスのところで紹介したように、何時いかなる時も、利益よりも損失を避けたいという気持ちの方が優先するからです。

では、子どもの教育に関してはどうでしょうか?

塾に通わせたり、大学に進学させたりといった行為、これも投資に他なりません。

不確実性の非常に高い子供の将来に、何かしらの期待を抱き、そこにお金を前もって投入するわけですからね。

しかし、教育にお金をかけたからといって、それが必ずしも開花するわけではありません。

世の中を見回してみればいくらでもその事例はあります。

高い教育費を投資して高度な教育課程を終えても、

  • まともに働きもしないで親のスネばかりかじっているパラサイト・シングル。
  • 働いて得たお金をすべてギャンブルにつぎ込み、借金まみれになって家族を不幸に追いやってしまう人。
  • 犯罪を犯して世の中を騒がせてしまう人。

など枚挙に暇(いとま)がありません。

一方、学校を中退して、ビジネスやその他のことで成功している人もたくさんいます。

学歴がなくても、立派な人はたくさんいます。

世の中を見回してみると、積極的に投資を試みている人の方が、仕事やビジネス、あるいは他のことでも上手くいっているようです。

投資には1円も使わない人でも教育には莫大なお金を使う

将来その人がどうのような人になるのか、教育開始時点ではわかりません。

現状を観察して視ると、生きていくために必ずしも義務教育が必要なわけでもありません。

しかし、教育費は数千万円、場合によっては6,000万円を軽く超えることさえあります。

非常に莫大なお金ですが、何のためらいもなく、当たり前のように実行されています。

その準備のために親は一生懸命働いています。

ところが、他の投資に目を向けてみると、ほとんど行われていません。

教育投資で目一杯というのも一つの要因でしょう。

人生を変える可能性のあるビジネスやその他の事には1円も投資できない人が多いようです。

しかし、将来どうなるかわからない不確実性の非常に高い子どもの教育には、莫大なお金を投入し続けているわけです。

私はなにも義務教育や大学進学を否定しているわけではありません。

そうではなくて、なぜそのような状況になるのか?ということです。

投資行為を危険視している人が多いにも関わらず、教育投資はあたり前のように実施されているのはなぜなのか?

なぜ皆、疑いもなく投資し続けているのでしょうか?

社会的証明の原理に支配されている!?

実は、人は事実ではなく、他人の行動を基準にして物事を決定する傾向が強いのです。

例えば、お客さんが並んでいるラーメン屋を見た瞬間に「このお店のラーメンは美味しいに違いない」と勝手に思い込んでしまうのです。

人気のある塾があったとすると「自分の子もその塾に通わせれば、勉強ができるようになる」と思い込んでしまうのです。

このように、他の人につられて行動してしまう特性を社会的証明の原理と呼んでいます。

そして、同じ行動を取る人が多ければ多いほど、その力は強大になります。

特に自分と同じような境遇や環境下にある人に、意味もなく共鳴してしまうのです。

ではなぜ他人と同じ行動をしたがるのでしょうか。

自分自身ちゃんと考えないで、なぜ安易に他人と同じ行動を取ってしまうのでしょうか?

「自分の子も◯◯ちゃんと同じように勉強ができるようになる」と勝手に思い込んでしまうのでしょうか。

ショートカット欲求!?

人間には、考えることに極力エネルギーを割きたくないという傾向があるからです。

できれば考えたくない、いちいち考えるのは面倒、それが人の思考の根底にあるからです。

ですから、思考をショートカットできる方法があると自動的に反応してしまうのです。

つまり、人間は自由に何かを考えているようでいて、実は機械的に反応してしまうという側面がある、ということです。

考えるよりも早く、思考の近道に沿って行動してしまうのです。

例えば、「高額なもの=良い品」「先生=偉い」といった具合にです。

有名な塾に入れたり、高名な先生の授業を受けられるとなると、その実力以上に高く評価してしまう傾向があります。

しかし、実際はそんなことないですよね。

さらに授業料が高いと、そのことに拍車がかかります。

「有名(社会的証明)+偉い+良い品」という仕組みが、実力以上に凄いと思わせてしまうのです。

ここに専門性が加わると、更にパワーアップします。

「専門家=間違いない」という類似性が追加されるからです。

便利なものほど要注意!

つまり、「有名(社会的証明)+偉い+良い品+間違いない」ということになります。

情報過多でスピード化が加速している中で、その類似性に絡め取られる傾向が、さらに強まっているようです。

処理しなければならない問題が多ければ多くなるほど、思考ショートカット機能が敏感に作動してしまうからです。

有名な塾に入塾できただけで、本当に勉強ができるようになるのでしょうか?

先生と呼ばれる人たちは、本当に偉い人たちなのでしょうか?

高額なものは良い品の証明になるのでしょうか?

専門家は間違えを犯さないのでしょうか?

改めて考えてみれば、必ずしもそうでないことがわかります。

しかし、実際には考えるより先に自動的に行動しています。

使い方によっては便利な機能ですが、ほとんどの場合その使い方を間違えているようです。

今すぐ改善する必要があるもの?

類似性が、私たちの本能を刺激してショートカット機能が自動的に作動してしまう。

処理しなければならない課題が増えれば増えるほど、それを意識的にコントロールすることが難しくなる

したがって、現代のような情報社会においては、誤作動するリスクが高まります。

「思考ショートカット機能」次第で、将来が大きく変わるとなると、これは大問題です。

つまり、私たちが正しい選択をするためには「思考ショートカット機能」のクオリティーを早急に向上させる必要があります。

さらに、詰め込み式の教育が問題視される中にあって、さらに新たな多くの教材(知識)が教育の現場に投下され続けています。

例えば、世界中の科学雑誌を集めると40万部を超えるそうです。

そして、その一つ一つに新たな見解が掲載され続けています。

それが教育の現場に降りてくるのは、時間の問題であり、火を見るより明らかでしょう。

もっと目まぐるしく変化している場!

ことビジネスの現場では、既にその傾向が顕著(けんちょ)に現れています。

情報弱者と情報強者との差は益々開いていくばかりです。

新たに降り注いでくる、あらゆる情報の中から無駄なものを省き、いち早く必要なものを取り出し、利用できる能力に秀でた人だけが勝ち残っていくという構造になっているのです。

言語運用力に長けた人が、桁違いに儲かっているという世界です。

今後益々その傾向が強まることを考えると、子どもの教育を考えていかなければならない私たち親が、その現実をしっかりと認識し、自分自身も成長し続けながら、子どもの教育にも携わっていく必要があるでしょう。

なぜ、言葉の運用力に長けた人が桁違いに儲かっているの!?

そこには製品を生みだす側のジレンマがあるからです。

なぜなら、商品やコンテンツそのものの機能に差を見出すことが非常に難しくなったからです。

機能が進化し続けた結果、その機能はもはや一般の人が必要としているものを既に超えています。

その筋の専門家は別として、私たちが生活する上で必要な機能はもうすでに揃っているのです。

新商品の新機能を説明されたところで理解できない人は多いでしょう。

実は、私たちはその新機能が欲しくて買っている、と勘違いさせられているのです。

実際には、「言葉によって作り出された差異」を買っているに過ぎません。

あなたが物を買うときの様子を思い浮かべ、冷静に考えたらわかるはずです。

どのようなことでもいいです。

家電でも、洋服でもなんでもいいです。

例えば「値下げしました、先着何名様限り、特売、新しいデザイン、新着、人気No1、最速、返金します」などなど。

実際の性能や品質など詳しく知らなくても、それが実際に必要な機能なのかどうかも十分に考慮せず、そうした言葉に促されて購入しているケースがほとんどだと思います。

翻弄されるな!?

私も学校教育で歴史や純文学、外国語や数学など、必要だと信じられている科目はうんざりする程刷り込まれてきました。

しかし、言葉の語彙力(ごいりょく)と運用力は、ほとんど身につきませんでした。

つまり、社会公理を厳守する側の教育は受けてきましたが、お金を生み出す構造に翻弄(ほんろう)されず、その中で成功する方法は教わってこなかったのです。

ですから、社会に出てから非常に苦労しました。

通常では考えられない程のお金と時間を投資してきました。

会社も2つ作り、その他のビジネスも14年以上継続し、今もその投資は継続しています。

通り一遍の成功らしきものは一時期得ましたが、未だに自分が定義した成功を手にしていません。

一般的な常識的を学ぶ学校教育が、ある時期には必要でしょう。

しかし、それだけではグローバリズム化が加速している資本主義社会では、太刀打ちできません。

また、その解決策を義務教育の現場に望むことも非常に難しいでしょう。

そして、ビジネススクールなどにも言えることかもしれません。

なぜなら、常識を教えることを学び、教育の現場でしか社会というものを知らない大人たちに、非常識なビジネスの世界を理解することなど、できるはずもないからです。

理論は教えられても、それを理解させ、実践できるレベルまで導くのは非常に難しいでしょう。

教える側の前提が大きく変わらない限り、教育を受ける側に大きな成果は望めないと思います。

お金の専門家という素人たち

お金の勉強と称して専門家を招いている学校もあるようですが、それを教えるのは本当に専門家でしょうか?

もしかして、金融機関の人ですか?

それとも、ファイナンシャルプランナーですか?

もしそうだとしたら、豊かになる道からは、益々遠ざかることになるでしょう。

なぜなら、前者は、「極力不確実性を取り除いた中で収入が得られる環境」に所属しているからです。

つまり、毎月一定額の給料を定期的に受け取れる世界しか知りません。

組織の一員としてある種の苦痛を受け入れる覚悟さえあれば、組織の一員として守られながら、組織の力を利用して、外部と接し、予め約束されている額を定期的に得ることができます。

一方、不確実性を利益に変える、変化を愉しむことができる人だけが成功できる、そうした確定・安定とは真逆の世界がビジネスです。

ですから、お金を運用する方法を多少知っていたとしても、キャッシュフローそのものを生み出す方法を知りません。

また後者のFPは、お金に関して広く浅い知識しか持ち合わせないのが一般的です。

キャッシュフローをコントロールする方法を知っている人がいたとしても、ほとんどのプランナーがキャッシュフローの生みだし方をしりません。

彼らが扱う項目は主に、節約、保険、NISA、投資信託などを活用した運用とリスクヘッジですが、そもそも、それらは既に勝ち組の仕組みではありません。

実際には、これらの手段を利用した大半の人が、さらに違う問題を抱えるようになります。

さらに、資産が増えるどころか、資産が目減りしたという経験の方が多いでしょう。

そう、そもそもこれらは、投資家向けの方法ではないからです。

つまり、今本当に必要な、これからますます必要な、大きなキャッシュフローを生み出すスキルがないのです。

したがって、個人が、もっと自由を得て豊になれる方法を教えることは出来ません。

残念ながら、自分より少しだけ何かに詳しい素人から学んでも、時間とお金の費用対効果が向上することはないでしょう。

次回は「バランスシートの構造と分析、ライフデザインに必要な諸制度について」です。

ではまた。

無料勉強会に参加しませんか?

お金の流れを作って、安全にお金を増やして守る無料勉強会に、あなたも参加しませんか?※PC、スマホ、タブレットなどWEB環境さえあれば、どこにいてもワンクリックで参加できます。世界水準のファイナンシャルプラン技能と28年の経営経験を持つ弊社代表が講師を努めます。勉強会開催日程はこちらをクリック!

ワンクリックWEB無料相談
相談・問い合わせ

資産形成、ライフデザイン、起業、ビジネス、仕事の効率化など、お金の流れの創造や改善、人生を豊かにすることならなんでもご相談下さい。安全にお金を増やすコミュニティー(無料) 仕事の次元を変えるコミュニティー(無料)

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事