ビジネスコーチング
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 前回の投稿は「知識と経験によって、リスクを上手に・・・」でした。

ファイナンシャルの知識が欠けている人の間違った信念の1つにと借金に対する罪悪感があります。

「借金をするのは悪いこと」・・・・・・

これが、知らず知らずのうちに大人たちから受け継いでしまったおカネに対する偏見です。

キャッシュフローデザイン(借金に対する解釈)

メンターの1人でもある株式会社武蔵野の小山社長がご自身の著書の中でこうおっしゃっています。

  • 三流は、「借金は悪」と考える
  • 二流は、「時に借金は必要」と考え「直ぐに返す」
  • 一流は、「とことん限界まで」借り、「なかなか返さない」

初めて聞く人はなかなか合点が行かない話かもしれませんが、ファイナンシャルに強い経営者が共通してもっている感覚です。

限界まで借り切って、なかなか返さない。

金利だけ払って、借りたお金を何度も回転させる。

云わば銀行と同じ様な仕組みを自社で作り上げているわけです。

本来企業の役目は借金してでも設備投資をして、成長し続け、社会に貢献することにあります。

それが最近はおかしなことになっています。

その企業が借金を返済し、貯金を増やし始めているんです。

つまり貯蓄(貯金、借金の返済)にフォーカスしてます。

借金を返済するとこの世からお金が消えるというお話は前回させていただきましたが、実はこの行為がデフレを促進させ、デフレを長引かせている要因なんです。

ですから、日銀がマネタリーベースを増やしたところで、何の対策にもならなかったわけです。

デフレの原因は、不適格な理論への信奉にある

要は総需要が不足しているからデフレがず~と続いてしまっているんです。

この長期デフレはセイの法則をベースにした所謂、経済学を推奨している人達が生み出した人災にほかなりません。

ですから、評論家の言うことなどに惑わされずに、賢く借金してくださいと言いたいのです。

私も定期的に借金して、それでビジネスを回したりしています。

ちなみにビジネスに自分のお金は一円も使っていません。

自分のお金という概念にも違和感を感じてますけど・・・

金利は経費、借金返済は借金を活用した利益から

ともあれ、その借金の金利は経費になりますし、借金自体もその借金を使ってビジネスをした収益から返済しています。

そして、世の中(資本主義)は生産性の高い人、収益性の高い会社ほどクレジット(信用)が高いので、そういうところには幾らでもお金を貸してくれます。

そういう人や会社は他者のお金を使ってどんどん成長し続けている、というのが今の世の中の構造です。

うまく借金がデキる人は、ビジネスで大きく成長できるという世の中です。

お金よりも信用を生み出す仕組みが大切

その信用を維持するためには、USP、リサーチ、分析、スピード、選択、

といつたそれぞれのカテゴリーにおいて卓越した能力が要求され、

ビジョン、リーダーシップ、チーム編成、セキリィティ、キャッシュフロー、

コミュニケーション力、システム、良い商品といった要素が必要になってくるわけです。

また、これらはビジネスをしているか否かは関係ありません。

これは、生産性の高い存在であり続け、信用を保ち続けるためには必要なことです。

もちろん、人間性や人格とは別の話です。

デリバティブ(派生)に対するバイアス

2008年9月、リーマン・ブラザーズ破綻の翌日に米政府の管理下に入った米保険大手AIGグループ、そのAIGグループを一夜にして窮地に追い込んだ犯人が、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)と呼ばれるデリバティブ(金融派生商品)です。

この商品は、金融機関が貸し倒れ損失を避けるために開発されたもので、一種の保険と云って差し支えないでしょう。金融機関はAIGに保険料を支払うことによって、万一貸し倒れが起きた場合に元本を支払っても らう契約でした。

サブプライム危機で損をした金融機関が支払いを求めて駆け込んできましたが、当時、AIGがCDSで支払いを保証していた額は自己資本の実に5倍以上にも 達していました。

もし保証ができないということになれば、世界の金融機関に貸し倒れが広がり、信用不安に火が付きかねません。

世界的に著名な投資家の ウォーレン・バフェット氏が、CDSを「金融版の大量破壊兵器」と呼んだのも、こうした危険を見越していたためだったのでしょう。

ではこうした事態を招いたCDSやCDO(債務担保証券)、MBS(不動産担保証券)とは何か?

簡略すると派生商品(デリバティブ)です。

これら借金の派生商品はパーケージ化され、ムーディーズやS&Pといった格付け機関の保証の元、安全な資産という名目で販売され続けました。

ご存知のように、この格付けを信じた人達が悲惨な目に遭ったわけです。

この出来事によって格付け機関の信用もがた落ちになりました。

当然ですよね。

デリバティブそのものは悪ではない

ではデリバティブは「悪」なのでしょうか?

これを単に「悪」と捉えてしまうと、いささか勇み足です。

実はこの時に大きな損害を被った人達の大半は、やはりファナンシャルに疎い人達でした。

この出来事で大儲けした人達もいたわけです。

つまり、価値が下がると踏んでそこにお金をかけていたわけです。

こうした過去のインパクトが強いあまり、この派生の仕組みそのものを「悪」と捉えてしまったわけです。

問題なのは、バイヤスになってしまうと利益を得る機会を大分失うことになってしまう、ということです。

そこで、言葉をちょっとひねってみることにしました。

おまけで儲ける仕組み

この派生を「おまけで儲ける仕組み」と解釈を変えると、色々な可能性が見えてきます。

例えば、これまでの経験やアイデアを人に伝えることでお金を得たりすることもできます。

現に経験やアイデアを本にしたり、教材にしたりしてビジネスをしている人達がたくさんいます。

これも1つの派生商品です。

自分の経験のおまけで収益を得ているワケですからね。

私なんかも正にそうです。派生だらけの人間です。(笑い)

不動産投資で言えば銀行から借金して、賃貸収入を得る行為、これは明らかにデリバティブです。

人から借りたお金で物件を買って、物件を借りた人に借金を返してもらって、おまけに多額な利益まで享受できます。

何もないところから利益を生み出す

元々そこに自分のものは何も無いわけです。

何も無いところから収益がある。

もうこれは立派なデリバティブです。

株式で云うとコール・オプションなんかがそうですね。

ここではあまり詳しくは説明しませんが、保険会社なんかの例が分かりやすいかもしれません。

契約という名のデリバティブ

保険会社は何もないところから「契約」という言葉を作り出し、それを顧客に販売してますよね。

元々そこには何もないわけです。

そして、保険会社はその契約らしきものの保険料を受け取ります。

何かが起こった時には、保険会社は顧客に保険金を支払う義務がありますが、それ以外は支払う必要がありません。

オプション

オプションも「契約」という点において保険と同じです。

何もないのにオプションを売ってプレミアム(保険料)を受け取ることができます。

しかし、

相場が不利に動いた時には、対価を支払う義務があるということは忘れないでください。

あなたもお金の流れを生み出す自分のデリバティブを発明してみてください。

キャッシュフローデザインによって見えてくるもの

キャッシュフローのデザインを2000件以上も作成してると、そこから明らかに見えてくることがあります。

それは、その人がお金のために働いているのか、それともキャッシュフローを生み出す仕組を作るために働いているのか、その人がどちらのベクトルに向かって行動する習性があるのかということです。

お金のために働く

お金のために働いている人は忙しくて余裕がなく、時間当たりの収入が低い人です。

つまり生産性の悪い人です。

インプットの量に対してアウトプットの量が少ない人です。

労力と時間をかけた割に利益や収入が少ない人です。

人生を謳歌するために仕組みをつくる

一方、、、

仕組みづくりをしている人は、時間的に余裕があって、時間当たりの収入も非常に高いです。

月に5日だけ仕事をして億単位のお金を稼ぐような人達です。

労働時間と収入は比例しない、というのは良く聴く話です。

でも、勘違いしないでくださいね。

だからといって、彼らがサボっているわけではありませんから・・・・

彼らの思考は常に最高のパフォーマンスを生みだすことにフォーカスしています。

私自身の経験からも言えることですが、色々な環境のクライアントさん達に接してきて、それが事実であることを十分認識してきました。

暇が莫大なキャッシュフローを生み出す

私がクライアントさんに最初にお願いしていることがあります。

それは暇を作ってもらうことです。

暇がないと私のプログラムも消化できませんから・・・

その暇が圧倒的なキャッシュフローを生み出す源泉になるわけです。

ですから、是非、暇人になってください。

疑似体験の重要な役割

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)エドガーデール

エドガー・デールという人をご存知でしょうか?

図を見るとあ~っ、あの人と分かる方もいらっしゃるかも知れませんね。日本では「エドガー・デール学習の法則」で一躍有名になった人です。

エドガー・デールの法則とは、

  • 読んで…10%
  • 聞いて…20%
  • 見て…30%
  • 見てかつ聞いて…50%
  • 言うか書いて…70%
  • 人に教えて…90%

という人間の習得率、もしくは学習の深度を数値化した法則らしきもです。

この法則からすると受動的学習では、「見てかつ聞いて」の50%が限界です。

私自身これを100%鵜呑みにしているわけではありませんが、能動的に行動したり、実際に体験を積んだりしないと習得率が低いことは確かです。

何かを学んで、それに基いて実際に行動したり、人とコミュニケーションをとってみると分かると思いますが、受動的なときよりも痛みを感じたり、何かしらの感情をより強く感じるはずです。

ロールプレイとOJT

例えば、私が保険セールスの研修生だったころは、ロールプレーイングとOJTを頻繁に活用して、スキルを向上させる、ということをやっていました。

研修生でありながら、同僚や後輩たちの教育係でもあったので、妙な言い方になってしまいました。

また、頭の中でも頻繁にシミュレーションするように教えていました。

これらのことを軽視していた研修生は現場で痛い目に遭ってましたね。

この人もう立ち直れないんじゃないか、と思えるぐらい悲惨な状態の方もいました。

五回ぐらい呑みに行って、やっと起きてくる感じの人もいました。(笑い)

中には耐え切れなくなって行方不明になってしまった同僚もいました。

彼は今どうしているだろうか、と今でも時折思い出します。

私がクライアントさんに対して厳しい態度で接しているのも、こうした経験があるからなんです。

従って疑似体験というものが、とても重要な役割をするわけです。

もし、あなたが人命を預かるような職業だったら・・・

もしあなたが人命を預かる職業、例えば国際線のパイロットだったらどうでしょうか?

真剣に訓練に臨むはずです。現場でのミスは許されませんからね。

現場でミスしたら自分と乗客の命が一瞬で終わってしまう。

ですから、このような職業の方は何度も何度もシミュレーションを行って、そこで失敗を経験して、痛みを覚えて、業務を遂行できるレベルまでちゃんと仕上げて、現場に臨んでいるわけです。

レスキュー隊なんかもそうですよね。

毎日毎日同じ訓練を繰り返し、行動を習慣化しています。

習慣化しておかないと、いざという時に身体が動かないのでそうしているそうです。

このように社会に出て仕事やビジネスを始めると研修や訓練を行って、その場において失敗や痛みの疑似体験を経て現場に臨むのが当たり前です。

刷り込まれたのは「ミスを犯すことへの恐れ」

しかし、学校教育ではどうだったでしょうか?

本を読み、講義を聴かされ、校則(ルール)を守るように強制され、そこからはみ出ると怒られたり、罰則を与えられました。

私なんかは、よくハミ出して叱られてた口です。

こうした教育で刷り込まれてきたことは、ミスを犯すことに対する恐れです。

この考え方は、仕事やビジネスにおいては「全く意味をなさない要素」です。

こと人生において逆に弊害を生むルールを、そのような環境下で誰かに押し付けられてきたわけです。

私達は生まれて直ぐに親から影響を受け、学校では誠実な労働者になるための教育を受けてきました。

社会人になってからもその延長線上で生きようと懸命に努力を重ねます。

そうやって、誰かの作ったルールの中に収まっていれば、ある程度の安定と収入を約束されるので、何か様子が変だと思いつつも、これまでのルールの中で生きようと懸命になって自分を抑制し続けようとします。

また脱線したようです。話を戻します。

最大の間違え

今日のファイナンシャル教育における最大の間違いは、学校が銀行員やファイナンシャル・プランナーを招いてお金について幼い子どもたちに教えさせている ことだ。

この金融危機を招いた張本人であるそうした組織の従業員が子どもたちを教えているのだから、危機が終わることなど到底ありえない。これはファイナ ンシャル教育などではない。

ファイナンシャル教育を騙ったお金の搾取だ。現金強奪はもうこんなところから始まっているのだ。

ロバート・キヨサキ氏が自身の著書の中で語っています。

これは米国の話でもあり、少々過激に聞こえるところもありますが、何処の国でも、政治にしろ、何にしろどの業界にもその様な人はいるわけです。

『散髪が必要かどうかは床屋に聞いちゃいけない。』Byウォーレン・バフェット

さいごに▼

ある組織の一員として働いている以上、事実を知っていようがいまいが、こうした行為が終わることはないでしょう。

また、そうしてた人達も多くのルールに縛られながら、より高い税金を支払い続けています。

それはキャッシュフローの仕組を作るのではなく、お金を稼ぐ為に働いているからです。

私自身、起業家として26年の経験がありますが、入退社を五回ほど繰り返ながら会社員として働いていた期間も延べ10年ほどあります。

そして、2つの某団体の責任のある立場で、組織の一員として今も活動しています。

従って、両者の立場というのも十分に分かっているつもりです。

それだけに、起業家思考とファイナンシャル知識の重要性を非常に強く感じるのです。

ではまた。

初回カウンセリング

あなたの利益を最大化するための、はじめの一歩です。

何も準備していただく必要はありません。
お気軽にお申し込みください。

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。