起業家への道
masa

前回の投稿「理想のライフスタイルを最速で実現できるようにビジネスを構築する」では、理想を具現化する方法や隠れた宝を発見する方法などについて取り上げました。

今回は起業を成功させる上で最も重要な要素の1つである「目的」についてからスタートします。

デザイン思考で目的を突き詰める

あなたが起業で成功するための一番の目的はなんでしょうか?

それをはっきりさせる必要があります。

何かを始めようとした時、その目的を知ることは重要なことでです。

実行しようとしていることについて、その目的を確認することはもっと重要です。

起業して成功する場合もまったく同じことが言えます。

なぜ起業して成功したいのか?

あなたはその目的を知る必要があります。

目的を辞書では、「得ようとしてねらう対象。到達したい状態として意図し、行動を方向づけるもの。めあて。」などと定めているようです。

私の場合は「実現しようとしてめざす事柄、行動のねらい。」ということになるでしょうか?

いずれにせよ、その目的の本質を完全に見極めていく必要があります。

起業することに目的がなかったらどうなるでしょうか?

その事業が成し遂げようとしていること。

なぜその事業が必要なのか、を理解することができないはずです。

その状態のまま事業を続けていたらどうなるでしょうか?

きっと、いつかは暗礁(あんしょう)に乗り上げることになるはずです。

  • 目的のない起業は、すべてのことを無秩序にし、虚しさを覚える。
  • 時間をかけても何の成果も得られないまま終わる可能性がある。

確りした目的がないまま先のことを進めても虚しい結果に終わるだけです。

目的があなたの事業を定義する

あなたは、自分がかかわっている事業について明言できるでしょうか?

あなたの事業の目的を定義しているでしょうか?

これらの問いに対する回答は非常に重用です。

それが起業の意味を明確に定義してくれることになるからです。

その目的を定義する場合なんですが・・・・

常に顧客からの視点に立って、定義する必要があります。

どういうことかというと・・・・

  • あなたの製品・サービスが顧客に対してどのように役立つのか?
  • あなたの製品・サービスが顧客の生活や仕事にどのような効果があるのか?
  • あなたの製品・サービスによって、顧客はどのような利益を得られるのか?

断っておきますが、何も金銭的なことだけを言っているのではありません。

はっきりしていることは、もしも・・・

あなたの事業目的が明確でない場合、その事業は時代の流れとともに衰退していくという事実です。

目的はあなたの勝率を高める

逆に、明確化された目的があれば、起業してあなたが成功する確立は格段に高まります。

例えば、次のようなことが言えると、ビジネスコーチのグルも言っております。

1. 目的があなたの事業を質の高いものにする。

  • 目的が効果を判断する基準を与えてくれるので、生産性が急上昇する。
  • この効果はあなたの事業に関することに限ったことではない。

2. 目的がマグネットになる

人間が感情の生き物であるというのは、よく知られていることです。

したがって、私たちは常に「できれば有意義な仕事に従事したい」という欲求を抱いています。

でも、実際には多くの事業は、そのことを全くと言っていいほど無視しています。

だから、もしも、あなたが起業する目的をはっきりと相手に伝えることができれば、

  • あなたは他者に対して仕事以上の意味を与えたことになる。
  • そのため、優れたスタッフや外注先はあなたの役に立ちたくなる。

3. 目的はスタッフの意欲を高める

あなたの事業が、そのスタッフや外注先に有意義な仕事と可能性を与えられるとしたら、

  • 意欲が高く、情熱的なスタッフを得ることができる。
  • 彼らは、多くのエネルギーと情熱をあなたの事業に注ぎ込んでくれる。

時間が経過するのを我慢を強いられながらただ待っているような態度はいつしか消えさっているでしょう。

事業が停滞するような難題に直面したときでも、あなたの事業目的が、スタッフの心に働きかけ、解決へと導いてくれます。

4. 目的はあなたが起業で成功する道筋を与える

優れた起業家に到達するためには、あなたが直接関わらなくても、あなたの事業が成長し続けるようなビジネスモデルを所有しておく必要があります。

したがって、、、

  • あなたがその場にいなくても大丈夫なように、スタッフ全員があなたの目的を把握している必要がある。

なぜなら、ほとんどの人は脱線することが大好きだからです。

すぐに集中力が途切れ、気が散り易いというのが、人の本質です。

しかし、、

  • 明確な目的があると、「脱線したくなるという欲求」は非常に小さくなる。
  • あなたの事業目的が、メンバー全員に道筋を与えて、軌道修正してくれる。

5. 目的はイノベーションを推進し、勝利を確実なものにする。

私たちは発明することに重点を置くという考え方に、しばしば陥ることがあります。

発明(invention)とは、何か新しいものを作り出すことを意味します。

一方、イノベーションとは、何かを新しく発明するというよりも、主に「新結合」「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」を創造する行為のことを意味します。

事業に目的がない場合は、イノベーションの数より、発明の数が多くなりがちです。

もうおわかりのように、そこにイノベーションを推進する基軸が何も無いからです。

したがって、結果的に多くのことが時間とエネルギーの浪費で終わります。

一方、それが事業の目的を果たすために考案されたイノベーションであれば、とても有意義な進展が期待できます。

6. 目的によって柔軟性が備わる。

製品・サービスなど、その変化は目に見えないかもしれませんが、実際にはすべての事が毎日変化しています。

  • 私たちの置かれている環境は常に変化し続けている。
  • 個人が置かれた環境が変われば、商品・サービスの持つ意味も変わっていく。

だから、目的を明確に定義することによって、

  • 方向転換の時期を察知できるようになる。
  • 今から何を提供すればいいのか、その他何でもつかむことが出来るようになる。

なぜなら、あらゆることが目まぐるしく変化する中で唯一変わらないもの。

それが「あなたの目的」だからです。

  • それを達成するための方法や手段については、大きく変わる可能性がある。
  • だから、自分の目的を知ることによってのみ、あなたは柔軟性を保つことができる。

なぜなら、変化に対応する気力と能力を所有しつつ、「唯一変わらないものを知っている」ことになるからです。

7. 目的はブランドイメージを構築する

目的を明確にして一貫性をもってあなたの見込み客や顧客、市場に知らせることによって、あなたの会社がどのようなポジションなのかを伝えることが出来ます。

8. 目的は個人的にも充足感と幸福をもたらしてくれる

明確な目的があることによって、あなたは情熱を保ちつつ、事業を続けることができるようになります。

大きな可能性とともに目が覚め、毎日素晴らしい価値をあなたに与えてくれます。

しかし、残念なのとに多くの人は、金銭的な成果にばかり目が向きます。

そうなってしまうと、毎日何かに追われているような感じになります。

目的は他の何よりも多くのお金を生み出す可能性を秘めているのに、そこに目が向かないのです。

目的を明確にすることによって、何かに追われる心配もなくなり、不安も軽減できるようになるのにそうしないのです。

どうしてネガティブな面に目を向けたほうがいいのか

あなたが起業することによって、苦痛、不満、問題が取り除かれるとしたら、どのようなことが起こるでしょうか?

そして、あなたの目的が、見込み客や顧客の問題を取り除くことに焦点を当てているとしたらどうでしょうか?

もしそうであるなら、あなたが起業して成功する可能性は非常に高くなります。

では、どうしてでしょうか?

それは苦痛への対処法が市場で最も売れるものだからです。

想像してみてください。

昔から人は、苦痛を避けることに膨大なお金と時間、そしてエネルギーを投下してきました。

その願望は、これからも止むことはないでしょう。

例えば、

  • あらゆる人間関係において感情的な苦痛を避けたいと願っている。
  • 肉体的な苦痛を抑えるために、山ほど処方される薬を飲もうとする。

そして、ほとんどの人は、自分が本当にやりたいことを考えぬき、表現すことができません。

  • 一方で、誰もが何をしたくないかを知っている。
  • 自分の人生に何を望まいかを、明確に理解している。

だから、これらのことを承知した上で、その事業目的をあなたは簡潔に1、2 文で話せなくてはなりません。

そして、それは広範で、本質的で、インスピレーションを与え続けられるものでなくてはなりません。

したがって、少なくとも100 年は続くであろう意義ある目的を、何回も変える必要がある特定の目標や事業戦略 と混同してはいけません。

あなたは目標を成就したり戦略を完結させたりするかもしれません。

でも、そのことによって、あなたの目的を果たすことはできないということです。

おわかりいただけますでしょうか?

目的はシンボル

目的とは、永遠に追い求めらるあこがれのようなものです。

だからといって、あなたの目的がユニークなものである必要はありません。

目的の役割は軌道修正と動機付けであり、決して差別化する要素ではないからです。

例えば、、、

Google – 世界の情報を整理し、それらへのアクセスおよび利用を可能にすること。

Facebook – 人々に分かち合う力を与え、世界をよりオープンで繋がった状態にすること。

Wal-Mart – 人々にお金を節約させてより良い生活が送れるようにすること。

Disney –子供時代の不思議な力を生き続けさせること。

あなたの事業の目的を見つける

事業の目的を明確に定義することによって、

  • 社会に影響を与えながら収益をあげる会社を作りあげるこができる。
  • ひょっとしたら歴史に残るような組織をつくり上げることになるかもしれない。

あなたの事業目的を見つけるために顧客と共にそのことについて取り組み始めなくてはなりません。

  • あなたは社会に深く根ざした不満を見つけ、それをユニークな方法で満たせるようにならなければならない。
  • あなたは対象にしている人々を丁寧にウォッチングして、その人が心を動かされるものが何かを発見しなければならない。

そして、その物語の探求はある重要な「問い」からスタートします。

私たちが既に持ちあわせているか、創ることができるものの中で、他の誰もが提供できない、人々から求められているものは何か?

あなたが顧客のことを理解するために行ったことを、ここで再度思いだしてください。

その知識に基づかない場合、まったく的外れな目的に行き着いてしまう可能性が高いからです。

さいごに▼

「なぜ」を5回繰り返す

その重要な目的を見つけるためには、「なぜ」という問いを「5回繰り返す」といいです。

これは、トヨタ自動車などで採用されている重要なプロセスです。

あなたは「私たちは○○(製品)を作る」または「私たちは ○○サービスを届ける」という言葉でスタートし、「何故それが重要なのか?」と5 回自分自身に問いかけます。

例えば、、

あなたのビジネスが提供するものは?

  1. なぜそれが重要なのか?
  2. なぜそれが重要なのか?
  3. なぜそれが重要なのか?
  4. なぜそれが重要なのか?
  5. なぜそれが重要なのか?

あなたが起業しなかったら、世の中はどうなるのか?

それで、あなたの事業の目的は?

次回は「あなたの利益を最大にし、それを実現可能するための明確な利益モデルをデザインする」ことについて解説しましょう。

ではまた。

これは、私のビジネスに対する考え方を大きく変えたビジネスプコーチングログラムに、私の経験をオーバーラップさせたものです。

初回カウンセリング

自由な時間を増やしながら所得を最大化する、はじめの一歩です。

何も準備していただく必要はありません。
お気軽に・・・

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。