スピリチュアル

前回は「3つのボディと無形の可能性の基盤への接触」でした。今回は統合パターンのアウトライや4つの視点などについてです。

インテグラル・デザイン研究:結合パターン

もし、IOS(インテグラル・オペレーティング・システム)が、様々な構成要素を関連付けられないとしたら、それは単なる「寄せ集め」にすぎないことになる。

また、その統合的モデルたちも同じ結果になることを意味している。

例えば、それぞれの国の文化の共通要素を見出して、その中の重要な要素を指摘することと、それらの要素を結び付けているパターンを発見することは全く別の話だ。

もし、そうした結合パターンが発見できれば、統合的アプローチの大きな成果になるだろう。

それを彼はAQALと呼んでいる。

結合パターンのアウトライン

AQALとは、インテグラル思想の基本概念であり、4象限とレベルを合わせた意味を持っている。

インテグラル思想の基本に関しては、インテグラル理論入門を参考にしてもらえたら分かる。

つまり、今まで話してきたすべての構成要素を組み込んだものだ。

また、AQALは、IOSや「統合地図」の別名である、と彼は言っている。

気づくことができれば、統合的モデルを構成する5つの要素はすべが、すぐにも人手可能であり、それは象限についても同様だ。

代名詞

主要な言語には、 一人称、二人称、三人称といわれる代名詞がある。

参考▼
  1. 一人称:私(単数形)、私たち(複数形)。
  2. 二人称:あなた、あなたがた。
  3. 三人称:彼、彼女、彼ら、それ、それら。

例えば、私があなたに、私の所有物について話すとき、「私」は一人称、「あなた」は二人称、「所有物」は三人称だ。

また、私(一人称)とあなた(二人称)が話しているとき、その状態を「私たち」と表現する。

「私たち」は一人称複数形だが、あなた(二人称)と私(一人称)が意思疎通をはかっているときには、「私たち」に含まれる。

つまり、二人称は時として「あなた、私たち」「あなたがた、私たち」あるいは単に「私たち」を意味することもある。

だから、一人称、二人称、三人称を各々、「私」「私たち」「それ」というふうに簡約化することができる。

これは取るに足らないことに思えるかも知れない。

恐らくほとんどの人は興味を示さないだろう。

美・善・真

では、「私」「私たち」「それ」を「美」「善」「真」という言葉に置き換えたらどうだろうか。

そして、あらゆる瞬間に、一つの漏れもなく、自分自身の成長と発達のレベルにおいて、この3つの次元が伴っているとしたらどうだろうか。

IOSを試みることによって、自分自身の善、真、美のディメンション(次元)を、さらに深く発見していくことができるとしたら・・・・

美も、善も、真も、あらゆる主要な言語において、 一人称、二人称、三人称の別名なのである。

と彼は説く。

なぜ、「あらゆる主要な言語に見られる」と言えるのだろうか?

美も真も善も、すべて実在する現実的な次元に位置しているからだ。

三人称は、客観的な真理を指している。

だから、科学によって最もよく探索される。

二人称は、善を指す。

それは、あなたと私が、お互いをもてなす方法を指しているからだ。

誠実に、正直に、敬意を持ってお互いをもてなすこと、つまり、基本的な道徳意識を指している。

自己と自己表現を扱い、芸術、美学、見る者の目に宿る美、これは一人称だ。

こうして、「私」「私たち」「それ」という次元は、それぞれ芸術、倫理、科学を指していると解釈することができる。

別な言い方をすれば、自己、文化、自然を指し、さらに美、善、真を指す。

重要なポイントは、すべての事象は、これら3つの次元を持つということだ。

いかなる事象も個人的にどう感じ、どう見るかという視点から見ることができる。

あるいは、他の人たちがどう見るかという視点から見ることができる。

また、その事象を客観的事実として見ることもできるだろう。

この3つの次元、つまり三人称すべてを考慮に人れることが、統合的な試みだ。

その試みによって、より包括的で効果的なアプローチが可能になってくる。

3つの内の1つでも無視してしまうと、何かが壊れてしまう。

科学的な要因を無視して、芸術や倫理を考えても埒が明かない。

自己と文化と自然は、 一緒に解放されてはじめて用をなすからだ。

4象限(私、私たち、それ、それら)

4象限は、IOSの基本だ。

具体的には、「私」(個人の内面)、「それ」(個人の外面)、「私たち」(集団の内面)、「それら」(集団の外面)の4つだ。

また、この基本的な4つの視点は、いかなるシチュエーションにおいても可能だ。

個人と集団の内面と外面をさす、ともいえる。

個人の内面の象限

例えば、一人称(私)の象限は、個人の内面を示す。

この象限には、すべて主観的な一人称の言葉で表すことのできる事象がある。

具体的には、把握・被刺激性・感覚・知覚・衝動・情動・シンボル・概念・規則・形態・ヴィジョン・ロジックだ。

個人の外面の象限

個人を外側から見ると、すべて三人称を主語とする言語で語られる事象がある。

具体的には、原子・細胞・原核生物・真核生物・神経組織・神経管・爬虫類的感応・辺縁系・新皮質・複合新皮質・構造(機能1,2,3)だ。

この象限は特に物質やエネルギー、具体的な身体などの物質的構成要素を含み、客観的な三人称「それ」として言及される。

ここは、あなたやあなたの身体を外側から見て、客観的な「それ」の立場から語られた、物質、エネルギー、物体の象限だ。

では、どちらの見方が正しいのだろうか?

答えは「どちらも」だ。

統合的なアプローチ視点から見れば、どちらも正しいのだ。

これらは同じ現象を、外側と内側から捉えているに過ぎないからだ。

どちらかの事象を排除したり否定したりすると、そこに問題が起こる。

だから、4つの象限すべてを視野に入れることが「統合的アプローチの基本」になる。

集団の内面の象限

私たちの世界は、どこかに境界が有って、そこで断絶されるものではない。

「私」は、他のすべての「私」と関係がある。

つまり「私」は、多様な「私たち」の一員なのだ。

この「私たち」は、集団(共同体)の意識を表している。

具体的には、物質的・プレローマ的・原形質的・植物的・運動的・ウロボロス的・テュポーン的・古代的・呪術的・神話的・合理的・ケンタウロス的だ。

つまり、主観的ではなく、客観的でもない。

間主観的な意識であり、最も広い意味で、文化と呼べるものだ。

集団の外面の象限

今度は、外側から「私たち」がどのように見えるかを見てみよう。

この象限は社会的次元、あるいは集団の外的形態や行動であり、三人称の科学によって探求されるもだ。

具体的には、銀貨系・惑星・ガイアシステム・有機的生態系・労働分業のある社会・家族・部族的だ。別な見方をすれば、それは狩猟・採集的、農耕的、産業的、情報的ということだ。

このように4象限は、個人と集団の内側と外側を示す。

もし、あなたが統合的な視点を目指すのなら、すべての象限を視野に入れなければならない。

そして、今あなたは、統合的な要素をすべて結びつけることができる出発点にいる。

今、象限、レベル、ライン、状態、タイプを理解できる入り口にいる。

レベルと段階

まずは、レベルや段階から、ゆっくりとはじめていこう。

4つの象限は例外なく、成長、発達、進化のプロセスを示している。

つまり、4象限は、いずれも何らかの発達の段階やレベルを示しているということだ。

それは、直線的なものではなく、流れるような波の中で進行していく。

自然界では、どこでも見られることだ。

種が大木になるように、成長と発達の段階を踏んでいる。

人間も同様だ。

個人の内面の象限では、自己中心的、自民族・集団中心的、世界中心的という発達段階、あるいは体、心、霊という発達段階を踏む。(体⇒心⇒霊)

個人の外面の象限では、感覚エネルギーを現象学的に表現すれば、グロス、サトル、コーザルという段階を踏む。(粗大⇒微細⇒元因)

集団の内面の象限では、「私たち」は、自己中心的、自民族・集団中心的、世界中心的に拡大する。(私⇒私たち⇒私たちすべて)

この意識の拡大によって、集団の外面の象限である社会システムは、単純な集団からグローバル・システムのような複雑なシステムヘと拡大する。(集団⇒国家⇒世界)

それでは、次にレベルからラインヘ移るとしよう。

次回は「意識、思いやり、文化、自然が拡大していくスフィア」です。

ではまた。

★LINE友達になるにはコチラ

今スマホで開いている場合はコチラをクリックするだけで簡単登録(2クリックで登録できます!)
Add friend
今パソコンで開いている場合はスマホでLINEを開いて「@osl9854j」をID検索!(@をお忘れなく!)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事