ライフプランやファイナンシャル・ゴールの設定

前回は2,000例を超える事例から導いたライフプランの考え方などについて解説しました。

今回は、ライフプランとライフイベントやライフスタイルの関係、ファイナンシャルゴール設定など、その作成手順などについて解説しましょう。

それではまず最初にライフイベントにかかる費用を見積もる作業からスタートします。

ライフプランとライフイベント

人生には様々なライフイベントがあり、必要とする資金も環境によって異なります。

いずれにせよ、夢・目標・目的を叶えるにはある程度まとまったお金が必要でしょう。

ライフイベントに必要な費用を予め準備しておく必要もあります。

病気やケガで働けなくなったとき、急なリストラで収入が滞ってしまった時などの緊急時の備えも大切です。

また、結婚、出産、住宅購入といったライフイベントは、1つずつ順番にやってくるわけではありません。

たとえば、結婚と同時にマイホームを購入する場合もあれば、退職後に住宅を購入するケースもあるでしょう。

子どもの教育費準備と住宅ローン返済が重なるケースも少なくないでしょう。

いつ、どんなライフイベントをどのようなタイミングで迎えるか。

そこにかかるお金もライフスタイルの選択によって異なります。

必要なお金を蓄えたり、漠然と描いていた夢をより現実に近づけるためにはそれなりの計画が必要です。

ライフプランの必要性とは?

価値感が多様化した昨今では、自己責任がより強く求められるようにもなりました。

自分の歩む道を積極的に選択・決定していかなければならない場面も増えたわけです。

先行き不透明な時代に、ただ漠然と将来のことを考えているだけでは不安が増すばかりでしょう。

ライフプランを作成することで、心理的不安を軽減することも可能です。

経済的な側面よりも心理的不安の軽減の方が重要な場合もあります。

当然ながら、人的資産(時間・情報・人脈・情熱・能力)も考慮して有効に活用する計画も重要です。

こうした要素を加味して、生きがいのある人生設計に仕上げましょう。

ライフプランとライフスタイルの関係

次にライフスタイルを3つの側面から見直してみましょう。

  1. 目に見えないけど価値のあるもの
  2. 収入・経済的な部分にかかわるもの
  3. ある程度の支出を伴うもの

目に見えないけど価値があるものにはどんなものが考えられるでしょうか?

たとえば、健康・生きがい・家庭・家族友人地域交流などが考えらるでしょう。

職業・仕事・能力資格などは経済的な部分。

支出を伴うものとしては、住居、車、留学趣味レジャーなどが考えられます。

これらを次の3つのカテゴリーに当てはめてライフプランを見直しましょう。

  1. 目標の設定
  2. 資産の管理
  3. リスクへの対応

例えば、ある仕事に就きたいという希望や目標があるとします。

どのとうな準備が必要でしょうか?

  1. 資格取得のための勉強時間や教育機関への通学時間などを確保する時間資産の管理
  2. 専門書の購入費用や通学費用を捻出する金銭的な計画と管理
  3. 職業に就いている親戚や先輩などの話、人脈との交流、教育機関などから得る情報の収集

こうした事柄を効果的に計画・管理するのもライフプランの役割の一つです。

では、計画通りにいかなかった場合はどうしますか?

例えば、再度受験するケースなどはそのために要する時間と費用を予め計画に織り込んでおく必要があります。

あるいは、難易度の低い資格取得への軌道修正、周辺業種への職種変更といった見直しが必要でしょう。

そう、計画通り行かなかった場合の計画も必要なのです。

また、ライフプラン作成が時間やモノを大切にする感覚を身に付けるきっかけになることもあります。

管理は金銭感覚を養うことにもつながります。

次にライフイベント表の作成手順について触れておきます。

ライフイベント表をつくる手順

  1. 「年」の欄を作り、わかりやすいように暦年・元号などを記入します。
  2. 「家族」の欄に家族構成を記入します。
  3. 「年」に合わせて、家族の年齢(年度末現在)を記入します。
  4. 「年」に合わせて、ライフイベン卜を記入します。
  5. 人生の節目のイベン卜:結婚・出産・転職・退職予定など
  6. 大きな支出:住宅購入・子どもの入学金、自動車購入・旅行など

それぞれのイベン卜を実現するために必要な金額を調べて記入します。

次はファイナンシャルゴールについてです。

ファイナンシャルゴールについて

ファイナンシャルゴール

ファイナンシャルゴールとは、ライフプラン(人生設計)における経済面の目標です。

それを前述したライフイベント表をもとに決めていきます。

例えば、以下のように具体的な目標をあげるようにしましょう。

  • 35歳までにマイホームを購入。
  • 頭金を500万円貯める。
  • 家族で3年に1回は国内旅行に行く。
  • 資格取得のための費用として30万円準備する。

次にファイナンシャルゴールを達成するためのキャッシュフロー表を作ります。

キャッシュフロー表によって、具体的な解決策を立てることができます。

月々あと1万円ずつ積立額を増やす、投資商品で運用する、マイホーム購入の時期をずらすなど改善計画を立てることもできます。

ファイナンシャルゴールを決めるときのポイント

ファイナンシャルゴールを決める際は、「5W2H」の視点で考えてみてください。

目標が明確になるからです。

  • Why:  なぜそれを実現したいのか?(理由)
  • Who:  誰が実現したいのか?(主体)
  • When: いつまでに実現したいのか?(期限)
  • Where: どこで実現したいのか?(場所)
  • What: 何を実現したいのか?(目的)
  • How:  どのくらい時間やお金がかかるのか?(具体的数値)

次はキャッシュフロー表の作成手順です。

キャッシュフロー表の作成手順

「収入」欄の作成

給与の場合、給料と賞与それぞれから税金・社会保険料を引いた額(可処分所得)の合計を 記入します。

定期昇給が見込める場合は加味し、昇給が不明な場合は定額で記入します。

自営業の人は、事業収入のうち生活費として使うことができる金額を記入します。

「支出」欄の作成

主な項目は、

  • 基本生活費(食費・光熱費・被服費などの基本的な家計支出)
  • 住居費(家賃・住 宅ローンなど)
  • 教育費、保険料(生命保険料・損害保険料)

車の買い替えや海外旅行といった一時的な支出、交際費、娯楽費などは、その他支出や一時的支出にまとめて記入します。

年ごとに、収入と支出の合計金額を記入

年ごとに、

  • 年間収支(収入合計支出合計)」の金額を算出。
  • 「収入合計」よりも「支出合計」のほうが多い場合は、マイナスの金額をそのまま記入

年ごとの「貯蓄残高」を以下の計算式で算出していきます。

収支の合計額

前年の貯蓄残高+その年の年間収支の金額

年間収支がプラスの場合は、そのまま貯蓄残高に組み入れることができますが、年間収支がマイナスになってしまった場合は、貯蓄残高を取り崩すことになります。

できあがったキャッシュフロー表を見て、

  • 年間収支がマイナスになる年がないか
  • 貯蓄残高が増加しているか
  • または減少しているか

など、数値の推移をチェックします。

年間収支が一時的にマイナスになってしまった場合は、貯蓄を取り崩すことでカバーできますが、何年も連続して(断続的に)マイナスが続く場合は、貯蓄が目減りする一方なので策を講じなければなりません。

次の解決策を折り込んで、再度キャッシュフロー表で確認していきましょう。

このように、いろいろな可能性を試してみることを「シミュレーション」といいます。

ですから、キャッシュフロー表はライフプランシミュレーションを行うためのツールでもあります。

ではまた。

お試しカウンセリング
初回カウンセリング

方法を知らない方も、知ってはいるがなかなか実戦出来ない方も・・・

あなたの所得増・資産形成プロセスを確りサポート!

私があなたに提供できること、それは・・・・

  • 支出を最適化する。
  • わずかな時間で収入を増やす。
  • 10%にも満たない小さな改善を10倍以上の成果につなげる。
  • FIREFinancial Independence, Retire Early)実現。

まだまだありますが、それらを実現するための方法と経験です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう