ファイナンシャルプランニング
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 今回は、分散投資と投資する際に大切なマインドセットについて取り上げてみました。

前回の投稿「マネーゲームで勝利するためには、リスクをうまく取り込みブレイクダウンする力が必要」でも取り上げたように、ファイナルプランの目的は、人生における様々な目的を果たすための財政的な基盤を構築していくことにある。

そのためには財政面におけるいろいろな目標設定が必要になってくる。

例えば、

  • 結婚・子育て・教育・住宅取得・リタイア後の計画など各ライフステージに必要な資金を見積もる
  • 現状と照らしあわせ、金融資産運用設計の考え方を用いて資産運用設計を立てる。
  • そのプランが実行可能かどうかを見極め、実行に移していく。

といったプロセスが必要だろう。

また、ライフプランの実行には資金的な問題が絡んでくる場面が多い。

したがって、ライフプランを全うするためにも潤沢な資金を確保していく必要があるだろう。

マネーゲームで勝利する

ライフプランを全うするための資金を確保していくためには、金融や経済情勢の変化やプランの変更などに応じて、定期的にポートフォリオの投資比率の見直しなどを行っていく必要がある。

  • 経済動向を考慮する
  • 適切な金融資産運用のリターン値を考慮する
  • 同時に不確実性の要素も考慮する。

これらに適宜対応していくといったことが必要だ。

その際に、ライフイベントに基づくキャッシュフローバランスをシミュレートし、不確実性の要素を軽減していくことが大切だ。

目的リターンの算出をしてみる

例えば、今の資産残高を500万円とし、今後20年にわたって年間収支額がプラス100万円、※リターン率が年1%~4%の各ケースを算出すると以下のようになる。

注意点▼

※ここでは不確実性を無視して、必ずこのリターンが毎年実現すると仮定する。

ある年の金融資産残高(円)=前年の金融資産残高(円)×(1+リターン率/100)+その年の年間収支額(円)

将来のある特定時点の残高を目標値にしたい場合に、それに応じたリターンを算出することが計算上は可能だ。

例えば、、、、

  • 10年後に1500万円が必要な場合には、目標リターンは1%。
  • 20年後に4,000万円を目標とした場合には目標リターンは4%。

ということになるが、実際には経済動向など他の要素も考慮した上で対応していく必要がある。

いずれにせよ、

  • ライフイベントに基づくキャッシュフローシミュレーションを基準にする。
  • 適切な目標リターンを決定する。
  • リスクの高すぎる目標リターンを選択しないように注意する

などといった考え方が必要だろう。

リスク許容度の把握

先程のケースのリターンを4%に設定した場合、20年後の金融資産残高は計算上では4,073万円になる。

しかし、だからといって目標リターンを4%にすれば金融資産残高が4,073万円になるといった安易な考え方ではいけない。

なぜなら、不確実性の要素を無視してはいけないからだ。

事実、4%のリターンを20年間にわたって保証している金融商品などどこにも存在していない。

したがって、リスクをまったく回避した状態で、このリターンを長期に渡って実現させていくことは、金融商品だけでは困難だろう。

これまでファイナンスについて解説してきたように商品の特性に従ってリスクの高低は様々だ。

特定の商品にフォーカスしてみた場合、、、、

  • 具体的なリスクとリターンの関係性もその時々の経済状況によって異なっている。
  • 何かの数式があってそこに当てはまれば自動的に結果が得られるといったものは存在しない。

したがって、まず最新の情報を基にして経済環境と各商品のリターンとリスクの関係を把握しておくことは、最低限必要なことだ。

  • 自分のリスク許容度を仮定しておくこと。
  • 情報収集により把握していくこと。

これらのことは極めて重要だ。

もちろん、本人の願望もあるだろうが、損失が大きくなった場合には生活基盤も損なわれかねないので、漠然としたものではなく、しっかりとした裏付けが必要だ。

リスクを汲み取る力が必要

例えば、何かに投資をする場合、生活水準を維持するための資金と万が一の時の備えも確保した上で、余裕資金の範囲で投資するというのが鉄則だ。

しかし、いくらまでが余裕資金に該当するかは、その時点になってみないと実際にはわからないだろう。

なぜなら、資産運用で常に成功し続けることは非常に難しいことだからだ。

どの程度の損失にまでなら耐えられうるのか、これは経済的な面よりも精神的な側面のほうが大きい。

例えば、今までコツコツと貯めた500万円を投資経験の全くない人が初めて投資をしたと仮定しよう。

その直後に200万円の損失を被った時の心情を的確に想像できるできるだろうか?

また、自分がどの程度、金融商品に対する知識を持っているのかも把握しておく必要がある。

投資は100%自己責任だ。

商品を見極め納得のいく選択をするためには、投資と金融商品に関しての基本的な知識は最低限必要だろう。

豊富な知識と経験を兼ね備えたエキスパートにアドバイスしてもらうというのも一つの方法だが、その人に100%依存するという考え方ではいけない。

繰り返しになるが、投資の責任は100%自分にあるからだ。

その他、収入動向もリスク許容度に大きく影響するので、将来キャッシュフローをシミュレーションしておくといいだろう。

例えば、

  • 不況になれば所得減少と株式相場の下落が同時に発生する可能性がある。
  • その影響によって最悪は失業するということも十分考えられる。

つまり、保有資産の減少とキャッシュフローの滞りが同時に発生することになるのだ。

このような場合、自分の年齢や家族構成も考慮に入れた上で、

  1. 景気に対して安定的な収入なのか?
  2. 転職や副業などによって所得を増やすことは可能なのか?
  3. 起業は可能なのか?

などリスクによる生活への影響を十分に把握した上でシミュレーションしていくことが大切だ。

損失額を許容範囲に抑える能力が必要

資産運用の大前提はリスクをマネジメントして目標リターンを目指していくことにある。

そして、金融資産運用のリスクマネジメントにおいては、損失額を許容できる範囲内に抑えることが最も重要だろう。

そのための一つの手段に分散投資と呼ばれているものがある。

具体的には、株式の1銘柄だけに投資した場合、最悪の場合、その会社の破断などによって価値が0になってしまう可能性があるが、多数の銘柄に分散投資すれば、そのすべての銘柄の株式価値が同時に0になる可能性は小さくなる。

このような考え方を理論化したものを「ポートフォリオ理論」と呼んでいる。

通常はリスクのある資産に全資金を投入せず、安全な資産とリスクのある資産に分散して資産運用を行うのがスタンダードだ。

参考▼

所得が定期的にある場合には貯蓄をする際に安全資産とリスクのある資産に分散していくことが望ましい。このような積立を行なうメリットとして、金融資産を一度に失うことを防ぐことが可能。少しずつリスクのある資産の残高を増やしていくことにより、投資経験も同時に蓄積できるなどが考えられる。

分散投資は利益を最大化するためのものではない

しかし、これらはあくまでもリスク軽減からの視点であり、投資そのものの視点に立ってはいない。

資産運用の大前提が「リスクをマネジメントして目標リターンを目指していくこと」にあるとするならいいが、「可処分所得を最大限に増やすこと」を基準に考えた場合、ポートフォリオ理論はややズレているだろう。

実際に資産を増やしている人の共通項として、「分散しないで得意な分野に集中して投資している」という傾向が見られるからだ。

分散投資が資産形成を脆弱化する

彼らからしてみれば、分散こそが、資産を脆弱化させる要因なのだ。

現在は金融自由化が進み、金融商品のバリエーションも相当豊富になり、個人でもデリバティブ、オプション、外国の金融商品などへの投資が可能な時代になった。

  • ポートフォリオ理論を優先させるのではなく。
  • 何が一番その人に適しているのか?
  • 張り合いを感じながら、長く取り組んでいけそうなのか?

それらを明確にし、メンタルな部分を補っていく能力が、これから更に重要になってくるだろう。

個人や社会の状況は時々刻々と変化している。

リスクとリターン
PDCAサイクル

時間そのものは変化を一定の単位を持って区切ったものに過ぎない。

違った角度から見れば、「可能性」という捉え方もできるだろう。

したがって、経済環境はいつも変化し、変化することによって新たな可能性も生まれてくる。

マクロ経済に大きな変化が見られなくとも、その視点を家計や個別企業の経営状況に向けてみれば、その変化は明らかに分かるはずだ。

例えば、あなたの家計の状況はどうだろうか?

よく目を凝らしてみると、何気ない日常生活の中にもその変化を見て取ることができるはずだ。

例えば、あなたが所有している家や車の資産価値は毎日変動している。

あなたが利用しているスーパーに陳列されている食材(生鮮)のプライスも常に変動しているはずだ。

さいごに▼

小さな変化を侮ってはいけない

それらの小さな変化の蓄積が、大きな変化へとつながっていくことをあなたもよく知っているはずだ。

ポートフォリオ理論からすれば、本来ならばその変化にともなって運用対象や資産配分も見直す必要性がある。

少なくとも資産の時価はある程度の頻度を持って確認しておく必要があるだろう。

資産価格の変動によって最初に意図した配分比率から乖離(かいり)する場合もあるからだ。

例えば、株式に50%、債券に50%の配分比率で運用するポートフォリオにおいて、株価が他の資産よりも上昇すると時価ベースでの株式の配分比率が上昇することになる。

したがって、この見直しのために、超過分の株式を売る、または過小となった債券を買うなどの売買を行ってポートフォリオを整ていく必要がでてくる。

自分が意図した配分比率との差が大きくなるということは、意図しないリスクを保有しているという意味になるからだ。

しかしながら、そう度々売買を行っていては、売買コストも大きくなる可能性があるという心配も浮上してくる。

これらの一連の過程をPDCAサイクルというものを適用して考えてみるのもいいだろう。

※なお、ポートフォリオ理論では、リターン、リスク、時間が共通軸になる。

次回は、ファイナンス理論、将来価値からの視点と現在価値からの視点について解説しよう。

ではまた。

この投稿はNPO法人日本FP協会CFPカリキュラムに沿って記述しています。

初回カウンセリング

何も準備していただく必要はありません。

お気軽にお申し込みください。

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。