パーソナルデザイン方程式
masa

前回の投稿「成長できる環境を強制的に作りだす方法と自分の強みを見いだす方法長できる環境を強制的に作る方法」では言葉によって差異が生み出されていること、強みを際だたせることの重要性、環境によってマインドセットをコントロールする仕組みづくりや縁を良好な関係性に導くことの大切さなどについて解説しました。

今回は、自ら引き寄せてしまう最悪の世界観から脱出するために最低限知っておくべきことについて解説します。

パーソナルデザインの方程式:パラノイアVSスキゾフレニア

ビジネスが大分効率的になったこともあって、空いた時間を活用して色々と試してみました。

例えば、、、、

FP養成、自己啓発、セールス学校、カウンセラー、リアリティーセラピーなどの講座やセミナーへの参加。

カウンセリングやコーチング、コンサルティングなど、それらに500万円ほど投資してみました。

  • 分子栄養学、アーユルベーダ、脳科学、心理学、哲学、コンサルティング
  • コーチング、NLP、ウェルスダイナミクス、易経、占い、自己啓発系

などの本を300冊ほど読んでみました。

まずおどろいたことは、それらの講座やセミナーに予想以上に多くの人が参加しているということでした。

そして、参加している人たちの言動と経過をみていて、ある疑問が涌いてきました。

なぜ同じことを学んでも、同じやり方を学んでも上手く行く人と、そうでない人がいるのか?

どうして、その結果に大きな差が生じるのか?

参考▼

分子栄養学やアーユルベーダなどの医学的な観点から見たデザインについては「心と体をよりクオリティーの高い次元へ導くパーソナルデザインの方程式」のシリーズで取り上げていますので、そちらを参考にしてください。

コーチグや自己啓発については「ビジネスコーチング」「優れた起業家への道筋」各コーナーなどを参考にしてください。

パラノイア(幻想)の世界観に絡め取られている

参加者の中には直ぐに成果を出す人もいましたが、その大半は何の成果も得られていませんでした。

なぜなら、彼らが迷っていた当時の私とまったく同じような状況だったからです。

勉強熱心で、いろいろと学んではいるが、現実と自分の行動とがかみ合わずに右往左往しているだけだったのです。

もう一つわかったことは、学問の階層とそこから発生したビジネスの関係性でした。

  • 心理学や脳科学がどこから生まれたのか?
  • 流行りの資格系ビジネスがどこから発生しているか?
  • なぜ、新しいツールに簡単に絡め取られてしまうのか?
  • なぜ、直ぐにとか、簡単にという言葉をうのみにしてしまうのか?

そうしたことが、よく分かるようになりました。

嫌な共通点

具体的には、、

  • エネルギーを使い果たし、思考が働くなり、逆に上手くいかないスパイラルには絡め取られている。
  • 体を動かすのに忙しすぎて、もっとも貴重な時間、つまり”問いを立て、考える時間”が持てなくなっている。
  • 誰かの創ったルールの中に組み込まれているこに気づかないまま、毎日忙殺され、強制的に仕事をさせられている。

ということでした。

そして、そこからのがれようとすればするほど、そうなっていきます。

まるでアリ地獄に落ちたかのように、もがけばもがくほど抜け出せなくなっていくのです。

それが自分だけではなく、やがて周囲にも悪影響を及ぼし、家庭が崩壊する原因になったりもします。

私自身、20数年ほど前(1993年)は、実際にそのような状況だったからよくわかるのです。

毎日毎日、好きでもない仕事をこなし、土日も潰して働き、そうやって一生懸命に働いても、一向に状況が良くなる気配がない。

そんな状態が5年近く続いたのです。

生活を維持するためのお金を確保するのが精一杯で、将来のビジョンなど考えている余裕などありませんでした。

当時の収入は手取り25万程度で、妻の収入をプラスしても生活していくのがやっとでした。

その上、借金返済と義母の介護費用が重なり「この先、食べていけるだろうか」と毎日のようにお金の事を心配をしていました。

毎晩の様に不安なことばかり浮かんでくるので、なかなか眠りにつくことができません。

体の重い感じが抜けきれないまま、次の日を迎えるといったことが多かったです。

やっとの思いで起きて会社に向かっても、気力がなえたままでした。

ですから、「出来れば電車を降りて何処かに行ってしまいたい」

いつもそのような衝動にかられていました。

悪いセルフイメージは凶事を引きつけてしまう

悪いことというのは重なるもので、この時に父がガンになり、看病のため当時住んでいた亀有と青梅の間を2歳になったばかりの娘を連れて、何度も往復しなければならない状況になりました。

お金が無かったものですから、ヘルパーさんの費用を浮かすために、妻が義母の病院に泊まりこんでいたため、私がそうした行動をとるしかなかったんです。

ですから、「こんな不幸な人間が自分以外に世の中にいるだろうか」当時はそう思ってました。

今にして思えば「不幸のどん底」だと自分が勝手に解釈していただけなんですが、、、

その時は事態を一変させる能力がありませんでしたから、本当の問題点を知ることもなく、毎日をやりすごしていました。

実は義母は韓国人で、私たち家族と会うために日本にきてくれたんです。

それで、夜中にケイレンが起き、救急車で病院にはんそうされました。

結果は、脳梗塞で左半身不随、長期の入院を強いられました。

最悪だったのは、義母が保険に加入しておらず、社会保険も適応できないので全額自己負担ということに・・・

請求書を見て青ざめました。

600万円!・・・一瞬「終わったな」と思いました。

僕たちの人生が・・・・

ネゴシエーションのスキル

そのような状況に追い込まれた時、かつて自分が得意だったことを思い出しました。

それは、交渉の場面で、不利になったことがほとんどなかったということでした。

ネゴシエーションの肝は、相手の頭のなかに自分の土俵を創りだすことです。

お金が無くて、今にも一家心中しそうだという状況を、お金を回収できないと立場が危ういと考えているだろう相手の頭の中に創ったわけです。

その結果、100万円を2年間で完済するということで了承してもらいました。

しかも段階的に金額を増やしていくという条件つきでです。

ある意味、相手を脅迫して勝ち得たようなことだったので、この時の悪いイメージが今でも脳裏に残っています。

もちろん、犯罪行為までは至りませんでしたが、それでもセルフイメージを大きく傷つけたことは確かです。

基本的な法律と税の知識がないと損をする

一難去って、また一難、その1年後に今度は消費税の問題が浮上しました。

なんと、会社を譲渡した先が消費税の一部を支払っていなかったんです。

この時ほど税金と法律の知識が必要であることを、思い知ったことはありませんでした。

譲渡条件の中に「二年間取締役として名前を残す」という契約事項があったことをこの時思い出しました。

こういうことだったのか?

と、この時はじめて事の次第が飲み込めたわけですが、事既に遅しといった感がありました。

経営者なら尚更知っておいて欲しい

経営者として最低限、税金や法律の知識を把握しておくことはとても重要です。

  • 大半の経営者はこのこと軽視しているため、必要以上に納税をしている。
  • 節税対策のつもりで行っていたことに対しいて予想外のペナルティーを受ける。

というケースがよく見受けられます。

個人の場合も税控除や軽減制度、補助などのことを知らないために損をすることがあります。

私は税金に深く関わることができる資格を持ち合わせませんが、それでも生き残るために必用な知識は専門家におとらないと思っています。

また、損害保険の代理店を経営していた関係上、賠償に関しても詳しい方だと思います。

そして、税に関してだけ云えば、自分自身も相当痛い目に遭ってますので、少しばかり自信があります。

特に法人契約はたくさん扱ってきましたので、そのあたりの周辺知識は豊富だと自負しています。

正直であること、それが最強のスキル

想定外に起こった消費税請求の悲劇。

金額にして323万円、「もうどうにでもなれ」という覚悟で、税務署からの催告通知を手に税務署におもむきました。

途中緩やかな坂道がありましたが、その時は、その坂道がとても非情に思えたことを今でも思い出します。

税務署の担当者に事情を赤裸々に語りました。

「斉木さん、わかりました。もう結構です。斉木さんに請求することは今後一切ありませんので安心してください」

我が耳を疑いました。

もう払わなくてもいいということですか?

「はい、そうです。他に徴収する方法がありますので・・・・」

行きはよいよい帰りは怖い、という歌がありますが、その逆の体験をさせてもらったわけです。

なんとその思い出の税務署のすぐ間近で、先月娘の披露宴が行われました。

これも何かの因縁としか言いようがありません。

娘はそんな物語があったことなど、露ほども知らないわけですから・・・

セルフイメージが未来を大きく左右する

「失敗するから止めなさい!」

母から告げられたその文脈は、私の類似性と見事にリンクして、自覚できないまま心の深いところまで届いていたようです。

その反動で意地になって起業し、結局短期間で閉鎖するはめになってしまった。

バブル崩壊を理由にしたとしても、恥ずかしくて親に会うことなどできないという状態でした。

あらゆる角度から打ちのめされ続け、

なにもかもが立ち行かなくなり、

結局、土下座をして親から300万を借り入れ、両親と同居することを選択しました。

しかし、それはもっとも選択してはいけなかった行動でした。

なぜ、選択してはいけない行動だったのでしょうか?

もしも、この時に今の知識とスキルがあったら、方法を知っている人に会えていたら、この選択は絶対になかったと確信できるからです。

この時もう一歩、あとすこし踏み込んで考えることができていたら、

そう思うと実に口惜しいのですが、一方で、今この仕事が出来ているのはそのおかげだといえます。

それにしても、膨大な時間をかけ、気が遠くなるような大きな遠回りをしてしまいました。

敗北、絶望・・・この時から、まるで全身の力が抜けたような無気力な状態が長い間続きました。

そして、この時に形成されてしまった世界観が、後の人生にも大きく影響していったわけです。

恐怖のコンフォートゾーン

会社を閉鎖してからというもの、あらゆることに自信が持てなくなっていました。

怖くて、自分から積極的に事を起こすなんてとても考えられない。

でも給料が安くて生活はシンドイまま!

というジレンマに長い間絡め取られていました。

そして次から次にトラブルが発生し、

取引先とのトラブルが原因で、頭を丸めさせられ、

土下座し、その手を土足で踏まれるということさえありました。

暴対法の成立も平成3年でしたから、それまでは借金の取り立てでチンピラみたいな連中に取り囲まれて脅されたりもしました。

そう、そこが私のコンフォートゾーン(安心)になってしまったんです。

それでも、4社の転職を経験した3年後に、やっとやる気になって再度起業しましたが、

成功路線に乗り始めた途端、経営方針の相違から会議の度で吊るし上げられるようになり、

やがて辞任退職に追い込まれました。

しかも共同経営者の息子から暴力まで振るわれて・・・・

もう悲しすぎて言葉も出ませんでした。

これが、コンフォートゾーン(安定、安心)の怖さなんです。

苦よりも「楽」を乗り越えるほうがずっと大変なこと

こういった状況を自覚のないまま自ら招いてしまう。

なぜなら、苦を乗り越えることよりも、楽を乗り越えることの方が大変だからです。

その場所に留まっていると安心だから、自動的にそこに戻ってしまうのです。

たとえそれが、はためから見ると悲惨な状況であったとしてもです。

このことを知らないことによって、本当に恐ろし結果を招いてしまうことさえあるのです。

当時はそのような知識もありませんでしたから、それらのことがショックで鬱状態になり、

しばらくの間何もする気が起きませんでした。

そして、6ヶ月間の不労生活が続いたために、とうとう無一文同然になりました。

銀行の預金残高が、とうとう1,214円ほどになってしまったのです。

多額の借金を抱えたまま、そのような状態になったので、資産は大きくマイナスの状態でした。

もっともっと深いところに原因がある

その後、保険のセールスをはじめると、直ぐにV字回復し、短期間で借金も完済できて経済的には激変しました。

しかし、なぜか全くと言っていいほど充実感はありませんでした。

それどころか、経済的に豊かになればなるほど虚しさが募っていったのです。

その波動が周囲にも影響して、娘は授業をボイコットし、登校拒否。

妻も僕も身体をこわして、あげくの果てに家族がほうかいしかけました。

自分の体調不良の原因は明らかにお酒を毎晩のように飲み歩いていたことでした。

しかし、妻と娘がなぜそのようになってしまったのか?

その時は知る術もありませんでした。

ですから”自分のあり方”そのものを見直さざるを得なくなったわけです。

そしてある方法を手にすることで・・・・・

やりがいのある仕事を発見することができ、

大きな生き甲斐もみつけ、

家庭を取り戻し、

毎日が充実しているという環境に変わりました。

しかも、それは瞬時に起こりました。

なぜ、そのようなことが可能になったのか?

仕事とお金は関係ない

その一つは仕事とお金に対する考え方が一瞬で変わったことにあります。

仕事とお金とは全くと云っていいほど関係がない”ということに気がついたんです。

起業していることと起業家思考とはまったく違う。

もう一つ、起業家というものを勘違いしていたということに気づくことができたのです。

私は起業志向がとても強く、若い頃から起業家気取りでいました。

小学5年生の時に同級生と売買をして、親にシコタマ怒られたのを今でも思い出します。

しかし、実際には起業家ではなく、ただどこかの従業員ではないというだけであって、一定の領域から抜け出せていなかったんです。

それに気付いたのは3度目の起業から、2年後のことでした。

実際、起業する直前の私の方が、はるかに視点が高かったことに気がついたんです。

起業していることと、起業家思考でいることとは全くといっていいほど次元の違う話なんです。

実は、ここに大きなポイント、そして様々なスイッチがあります。

そのことがセルフイメージとコンフォートゾーンに大きく影響し、人生にもビジネスにも大きな違いを生じさせます。

そのことが更に明確になったのは、今から12年前の2004年のことでした。

既に起業している方にとって、そのことは、もっと重要な意味を持っています。

なぜなら、ビジネス如何によって人生そのものが変わるからです。

ライフスタイルそのものが一変する方法

それは、思考変換を試みるということです。

思考転換を試みることによって、ビジネスが激変し、ライフスタイルそのものも一変します。

なぜなら、人生の2大テーマでもある、お金と時間に対する解釈が変わるからです。

  • 時間に対する概念が変わる。

時間という言葉に制約されなくなり、もっと自由な感覚でそれをとらえることができるようになるからです。

  • お金の使い方が消費から投資傾向に変わる。

消費にはあまり興味がなくなり、投資に興味が湧くようになりるからです。

もちろん、ペーパーアセットだけではなく、自己投資やビジネスへの投資も含めてです。

参考▼

ペーパーアセットとは、株式や債権、預金、投資信託といったもののことを指します。ペーパーアセットについて詳しく知りたい方は「マネープランのコーナー」を参考にしてください。

これが極自然にできるようになるのです。

なぜなら、あなたの銀行口座にどんどんお金が流れ込んでくるようになるからです。

お金が足りてるかどうか毎月のように銀行口座を確認しなくても済むようになります。

マイナスにならないことがわかっているので、確認する必要がないのです。

毎月の支払いが終わった後でも銀行口座にたくさんのお金が残っていると確信できるようになるからです。

おわかりいただけるでしょうか?

これが完全にお金の悩みから開放されているという状態です。

この思考変換の方法が理解でき、実践すればするほど、そうなっていくのです。

つまり、お金のストックよりも、お金の流れが途絶えないという確信の方が、より安心感を感じることができるのです。

会社員の場合だと認識しづらいことかもしれませんが、起業家であるなら確実に理解できるでしょう。

ですから、特に起業家の場合は、お金をストックしておくだけではなく、キャッシュフローを生みだす仕組みづくりにお金を投資していく必要があるのです、

キャッシュフローを生みだす仕組みとは?

ペーパーアセットや不動産投資で得られる収益もその一部ですが、それだけではありません。

例えば、私の場合はその他に・・・・

  • コンサルティングで得ている所得
  • 物販で得ている所得
  • あるグループを構成することによって、そこから得ている所得。
  • 給料、報酬というカタチでの収入。

などがあります。

参考▼

キャッシュフローを生み出すことについては、このサイト全体がそのことに向けて作られていますが、特に「キャッシュフローデザイン」「CFMライフデザイン」「キャリアデザイン」の各コーナーで詳しく解説しています。

なぜ、そうしているのかというと、、、

事業所得の場合は、タックスマネジメントをフルに活用することが出来ます。

一方、給与などは給与所得控除を活用することが出来ます。

また、収入源を幾つも所有しているということは、リスクヘッジの観点からも重要なことです。

参考▼

不動産投資については「不動産投資と活用方法のコーナー」を、タックスマネジメントについては「タックスプランのコーナー」を参考にしてください。また、リスクヘッジついては「リスク回避と保険のコーナー」を参考にしてください。

しかし、直ぐに私のようなやり方を定着させることはできないでしょう。

私は失敗だらけの人間ですが、それでも3回の起業経験はアクセサリーではないと思っています。

つまり、私には最初からある程度の素養があったということです。

では、ほとんど素養のない人はどうしたらいいのでしょうか?

カタチを身につける

実は、それが研究の目的でした。

結論は「かたち」から入ってもらうということに行き着きました。

  1. 使う言葉を変える。
  2. デキル人のやり方をまねぶ。

たったこれだけのことを試みるだけで、あなたの人生が大きく変わるのです。

これからその解説に入りますが、その前に理解しておいてほしいことがあるので、先にその話をします。

残念ながら言葉は、曖昧でしかも限界のあるツールです。

したがって、言葉だけでそのことを体感してもらうには限界があります。

その一方で、言葉で表現しきれない世界は存在しないということもあります。

また、「語り得ぬものは沈黙しなければならない」という解釈も・・・・

今はそのことを理解できないかもしれませんが、進行していくに従って徐々にそれが分かっていただけると思います。

では、その限界のあるツールを使って、できる限りわかりやすくそのことについて、これから解説しましょう。

参考▼

「まねぶ」とは(真似る+学ぶ)と解釈しておいてください。

閾値を超える環境を頭のなかに構築する

一つ目は、前回の投稿の中で触れたStarvationとMenacenを思考に落とし込む作業です。

だからといって、実際に断食や滝行をやっていただく訳ではありません。

最初は少し違和感を感じますが、そのうち馴染んできて自分のものになります。

閾値(いきち)を超える方法という言い方をする人もいます。

閾値とは限界値とか臨界値という意味です。

これは不確かな未来に執着してパラノイア化している思考を、一旦そこから引きはがして、現実に戻す作業です。

一般的なコーチング、自己啓発もどき、スピリチュアルもどきなどの視点とは違う角度からのアプローチになります。

したがって、上記の類のものに触れたことのある方は、特に違和感を感じるはずです。

実際、最初はほとんどの人が後頭部に痛みを感じるようです。

願望を追求するのではなく、俯瞰する

特に重要なことは、「私たちは自分の願望に従ってしか世の中を見ようとしていない

ということを自覚することです。

例えば、ライフデザインやビジネスを考える時、ものを買う時、人に接している時など、あらゆるシチュエーションにおいて、そうした考え方をベースにして対処しているということです。

ですから一見冷静にモノゴトを判断しているようであっても、実際はそうなっていないということなのです。

つまり、願望を追求する思考をベースにして立てられたプラン、あるいはそのプランに基づく行動によって、人生でつまずく可能性が非常に高くなっている状態だということです。

実際そのデザインが、自ら余計な問題を作り出し、障害を増やし、障壁を高くしてしまっているのです。

なぜなら、エゴイズムの上に、さらにエゴを上塗りするような行為。

それが、現実とはかけ離れた幻想世界を意図的に作り出してしまうことになるからです。

夢が自分の世界からはみ出し、幻想の中の夢になってしまうのです。

そのように思考する習慣が身についてしまうと、いつまでたっても地に足の付かない状態のまま、もがき苦しみ続けなければなりません。

自から創造した障壁をこわすために、長い間もがき苦しまなければならないのです。

つまり、まるでドン・キホーテのような行動パターンに陥ってしまうのです。

さいごに▼

そういうことがキャッシュフローにはっきりと現れてきます。

私がいうキャッシュフローとは、月給とか年収といった言語で表現されているもののことではありません。

あえてその観点で表現するとするなら時給でしょうか。

ですから、キャッシュフロー診断をしているとそういうことがすぐに分かります。

これが2000例のプランを手がける中で、わかってきた極めて重要な現象です。

例えば、仕事にやりがいを感じられなかった28歳の会社員が、6ヵ月後に起業し、労働時間が10分の1なり、またその3ヵ月後に年収は1.7倍になり、たった2年間で10億超の資産を増やした。

という典型的な例があります。

以前の彼が、その状態そのものでした。

彼自身が描いていたプランが、彼の能力を抑制して本来のキャッシュフローを止めていたんです。

そこには、なんと海外で行われている意味のない高額な自己啓発プログラムに参加する予定まで組み込まれていました。

なぜ意味が無いかというと、そのプログラムを主催している側が「参加してもほとんどの人は行動しないだろう」と仮定しているからです。

おわかりでしょうか?

彼も危うく長期間パラノイアの世界間から抜け出せなくなるところでした。

では、そうした状態から抜けだして、自分の人生を暗闇の世界観から救っていくにはどうしたらいいのか?

具体的に何から始めればいいのか?

次回はそのことについて解説していきたいと思います。

ではまた。

インテグラル・デザイン最適化についてはこちらをクリック!

パーソナルデザイン塾についてはこちらをクリック!

※パーソナルデザイン塾入会権利:各コンサルテーション参加者またはP塾講義受講経験者に限ります。

P塾講義は毎月2回開催されています。受講を希望される場合はFacebook(ブレイクスルーClub)経由でお申し込みください。

メンバーから紹介がある場合、割引料金にて受講できます。詳しくはP塾メンバーにお尋ねください。

初回カウンセリング

自由な時間を増やしながら所得を最大化する、はじめの一歩です。

何も準備していただく必要はありません。
お気軽に・・・

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。