資産運用の勝率
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。

今回は資産運用の勝利を高めるにはどうしたらいいのか、そのことについて解説しましょう。

投資で稼ぎたい、と考えている人は、多いでしょう。

そんな人がまず探すのは、簡単に早く稼げる方法だと思います。

投資のことを十分学んで、理解してから始める人は、ほとんどいないというのが現状です。

誰かが上手くいったという話を聞きかじって、自分にも同じような現象が起こるんじゃないか、そう考えて安易に始める人がほとんどです。

例えば、短期間で資産が3倍なる。

このレポートに目を通すだけで勝率が3倍になる。

初心者がFXで月に数十万円稼ぐ方法。

投資初心者でも月額うん百万円。

そうしたキャッチフレーズに躍らされて安易に投資をはじめてしまうのです。

私たちはリーマンショックによって、少し投資に関して賢くなりましたが、2014年にNISAが始まった事も手伝って、安易に資産運用に取り組む人が徐々に増えています。

数は増えましたが、安定してそこそこのパフォーマンスをキープしている投資家は2割以下だということをあなたはご存知でしょうか?

すなわち、8割以上の個人投資家は、お金と時間を同時に失っていることになります。

マイナスキャッシュフローを生み出し続けていることになります。

投資における勝者と敗者の違いは何か?

この事実をあなたはどう解釈するでしょうか?

投資は危険だからやめておく、、、、、

それも1つの選択です。

しかし、損を生み出している人たちは同じタイプの人だとしたら、、、

成功している人たちの共通点がわかったとしたらどうでしょうか?

あなたは、2割の勝者と8割の敗者を分けているものが何なのか、気になりませんか?

一番のポイントはなんだと思いますか?

多くの投資理論を把握しているか否かでしょうか?

いいえ違います。

実践で積み重ねた経験値でしょうか、

もちろん、経験値はとても重要ですが、その経験値を得るためには当然、相当のお金を投資する必要があります。

資金がないからやっぱりやめておく、、、、、

そのような結論に至ったとしてもしかたないでしょう。

自分の境界を厳密に定め、そこをよく理解していることが重用

しかし、一番のポイントは、経験値でもなければ、多くの投資理論をマスターすることでもありません。

1番のポイントは、資産運用における基本原則をどこまで正しく理解しているかどうか、です。

著名な投資家であるウォーレンバフェット氏は、次のように言っております。

「リスクとは、自分が何をやっているかよくわからない時に起こるものです。」

「最も重要なのは、自分の能力の輪をどれだけ大きくするかではなく、その輪の境界をどこまで厳密に決められるかです。」

このたった2つのことを、知り、本当の意味において理解できただけでもずいぶんと結果が異なってきます。

なぜ、資産運用が必要なのか?

それでは、なぜ資産運用というものが必要なのでしょうか?

なぜ、わざわざリスクが伴う方法で、お金を増やす必要があるのでしょうか?

資産運用が必要な理由とはいったいなんなのでしょうか?

そのことを理解していただくためには、まず、投資と預金の違いを知っていただく必要があります。

預金とは

預金というのは、どこかに預けてあるお金のことです。

給料などの収入を使わずに貯金する行為も預金です。

因みに貯蓄というのは、借金の返済、つまり借りていたお金を返済する行為も貯蓄に含まれますので、預金+借金の返済、ということになります。

参考▼

お金の正体を知りたい方は、「お金の知識不足が原因で、ビジネスや人生に損失を招いていませんか?」もご参照ください。

預金は元本保証がありますが、ご存知のように現在においては利息はほとんど付きません。

資産運用が上手な人たちからすれば、預金こそ機会ロスの象徴とされています。

一方、預金は、もっとも利便性の高い活用方法です。

病気などの不測な事態、急にお金が必要になったときなどに、直ぐに引き出して使うことが出来るという利点もあります。

なた現在は本当に微々たる利息ですが、生命保険の積立型など、契約時点で金利が固定されたものと違って、市場金利が上昇した場合は連動して上昇します。

バブル期には定期預金金利が6%台ということもありました。そしてまた、今後も低金利がず~と続くという保証はどこにもありません。

最近一時払いの年金保険がよく売れているようですが、「長期契約のリスク」というものもよく理解した上で、どうするか判断してください。

総合的な判断をしなければならない私のポジションからすると一時払い年金は機会ロスだとしか思えないので、個人的にはお勧めできません。

まっ、「売るものに詰まったら何でもあり」ということなのでしょうけど・・・(苦笑)

金利の推移

投資とは

投資とは、将来得られるであろう収益を目的として、現在資金を支出することをいいます。なお投資は、その対象によって、物的投資と金融投資とに分けられます。

物的投資には、主として非居住用建物、構築物、機械設備、装置、輸送運搬機器などの設備投資、それから製品、原材料への在庫投資および住宅投資、それにコモディティ、ビジネスに対する投資があります。

一方、金融投資には、株式、債権、投資信託などのペーパーアセット(有価証券)への投資です。これは、企業が物的投資を行う資金を融資する点で間接的に物的投資とも結びついています。

いずれの投資対象を選択するにせよ、世界の経済動向や情勢、政策、投資家の心理、情報などによって価値が変動します。

価値が変動するからには、損失が発生するリスクがあるわけですが、逆に財産を増やすチャンスでもあります。資産を増やす目的ならば、銀行にお金を預けておいても仕方ありません。

それに物価が上昇すれば、貨幣価値が下がり、実質的に資産は目減りします。

したがって、資産を増やしたいのであれば、何らかの形で投資をしていかなければなりません。

預金と投資の違いが、お分かりいただけましたでしょうか、この預金と投資の特性を活用して資産の総額を上手に増やしていく必要があります。

両者の特徴をよく理解し、2つのお金のバランスを整えながら、タイミングよく移動させていくことが資産を増していくポイントです。

投資するメリット

投資イコールリスクと考えがちですが、ではリスクとは何でしょうか、危険という解釈をしている人がほとんどだと思いますが、投資におけるリスクの意味は危険ではありません。

ブレの幅、つまり価値が上がったり、下がったりする度合いの大きさのことを意味しています。

リスクが大きいと言うことは、この変動差が大きいということになります。そのことをご理解していただいた上で、投資のメリットについて見ていくことにしましょう。

老後に対する不安が軽減できる可能性が生まれる

今後の労働人口減少と現在の平均寿命とを照らし合わせていくと、日本全体の生産性が余程向上しない限り、年金受給額が改正され続けます。

したがって、もらえる期間が短くなるか、減額されるか、いずれかの可能性は非常に大きいと言えます。

否、むしろそうなることを見越して今から準備をしておいた方が賢明でしょう。

労働人口が減少したまま生産性が向上せず、私たちの収入が増えないということは、年金原資自体も増えません。

そしてまた、このままグローバリズム化が進み、外資が激増し続ける事態になれば、資産が国内で循環しなくなり、私たち国民は益々貧乏になっていきます。

ご存知のように今世界中で起きている現象です。

これらのことが容易に想像できる、その状況にあって現在と同じような条件下で老後が過ごせることなどまず考えられません。

「約束します」などと豪語している政治家もいらっしゃるようですが、ただのポジショントークに過ぎないことは、ご本人が一番よくご存知のはずです。

したがって、私たちが、自分の努力で資産を増やしていかない限り、豊な老後生活が訪れることはないでしょう。国や政治家の言葉に躍らされていたのでは、益々後手を踏むばかりです。

もうそろそろそうしたパラノイアの世界から覚めてもいい頃ではないでしょうか、偽りの世界から目覚め、投資によって、私たちが直面している老後の収入減や不確実性を軽減していく試みを真剣に考えていってもいいのではないでしょうか。

まとまった資金が短期間で準備できる可能性が生まれる

マイホーム購入時や子供の大学進学の準備金として、数百万円から場合によっては、1千万円を超える現金が必要になってきます。

しかしながら、実際問題として、これらのライフイベントのためのお金を準備するもは容易なことではありません。

このまま雇用状態が改善されず、益々悪化していくことにでもなれば、準備するどころか借金して賄うというケースも増えていくでしょう。

参考▼

マイホーム購入時に必要なお金子どもにかかるお金もご参照ください。

そう考えると、受動的にお金を貯めていたのでは、マイホームも購入できませんし、まともに進学させてあげることさえもできないという自体にもなりかねません。

一方、投資は能動的に資産を増やす行為なので貯金よりも短期間でまとまったお金が準備できる可能性があります。

その可能性を確定的にしていくためにもお金に対する知識、ファイナンシャル・インテリジェンス(知性・知能・理解力)は必要不可欠です。

投資リスクはこのファイナンシャル・インテリジェンス(知能・知性)やリテラシー(分析)によって回避することが十分可能なのです。

さいごに▼

義務や仕事から解放される可能性が生まれる

ほとんどの場合、会社員は、会社から振り込まれる毎月の給与が唯一の収入源になっています。

そのため、できれば拒絶したい事案でも生活を維持していくために、のまざるをえないというケースは多々あるでしょう。

例えば、給与以外で生計が成りたつとしたらどうでしょうか、既に独立している方は、事業収入の他に生活を確保できる収入があるとしたらどうでしょうか、想像してみてください。

あなたの行動はどのように変化するでしょうか、依頼してきた相手に対する感情はどのように変化するでしょうか、態度はどうかわるでしょうか、あななたのライフスタイルが変わりそうな予感はしませんか、どうでしょうか?

最近では副業を許可する会社も増えてはきましたが、それでもまだほとんどの会社は副業を禁止しています。

しかし、金融機関は別として、会社の服務規程に投資をしてはいけない、とうたっている会社はほとんどないはずです。

したがって、投資してお金を増やす行為はいつでも気兼ねなくできるということになります。

しかも、副業のようにビジネスに勝つための特別なスキルやノウハウを必要とせず、お金に対する知識やファイナンシャル・インテリジェンスが習得できれば、誰でも平均的な成果を生みだすことができるという特徴があります。

このように投資は会社の規定に反することなく、しかも副業をスタートさせるよりも、早期に平均的な成果を得られる可能性が極めて高いカテゴリーです。

第2の収入源を得る事によって、もっと自由に生きることが可能になってくるのです。

そして、独立・起業への道も拓け、やがて義務や仕事から完全に解放される日がくるのです。

次回は資産運用の手順について解説していきます。

ではまた。

初回カウンセリング

あなたの利益を最大化するための、はじめの一歩です。

何も準備していただく必要はありません。
お気軽にお申し込みください。

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。