masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 前回の投稿は「パートナーの見極めがキャッシュフローに・・・・」について解説しました。今回はリスクについてです。

リスクという言葉に過剰に反応してしまう人は多いと思います。

それはリスク=危険と解釈しているからです。

つまり、ファイナンシャルにおけるリスクを本当は理解していないことを意味します。

ファイナンシャルの分野においてリスクとは危険ではなく、振れの幅です。

したがって、リスクが大きいとは、上下の振れ幅が大きいという意味になります。

キャッシュフローデザイン(リスクについて)

リスクを危険と解釈してしまうことが、どうして問題なのでしょうか?

リスクを危険と解釈してしまうと、投資判断のバイアスになってしまうからです。

バイアスとはかたよった見方という意味です。

バイアスについて

本来ファイナンス上の意思決定は合理的であるべきです。

しかし、現実には認知上の誤りや個人の感情、心理状態によっては、合理的とはいえない意思決定をすることがあります。

これはなにも投資の分野ばかりでなく、貯蓄、消費、借り入れ、保険加入など生活のさまざまな領域に渡って起こることです。

こうしたファイナンス上のバイアスには一定のパターンがあると仮定して分析する必要があります。

これらのバイアスを回避して合理的な意思決定が行えるように導いていく手段の1つに、行動ファイナンスという分野があります。

損失回避性

行動ファイナンスが指摘している代表的なバイアスには、収益に比べて損失を過度に嫌う損失回避性という意志の力があります。

これは「人は利益を得たことよりも、損失に対してより多く価値が減るという判断をする」とされるプロスペクト理論でとかれている心理構造です。

そして、このプロスペクト理論が行動ファイナンスの中心的な考え方となっています。

現状維持

また人は現状を維持しようとする傾向があります。

環境が変化し、望ましくないアセットアロケーションになっているにもかかわらず、それを変更しようとしない。

また身近に感じる日本株には多く投資るけど、馴染みのない新興国はじめ他国の株式や債券にはあまり投資しようとしない。

というカントリーバイアスなどを誘発する現状維持バイアスが起こります。

現状志向

そして、目の前の小さな利益に目を奪われ、将来の大きな利益を逃してしまったり、現在の低いコストに目を奪われ、将来の高いコストを見逃してしまうことが頻繁に起きます。

つまり、将来に向け利潤が減少していきメリットが薄くなってしまうのに利用してしまう、という現状志向バイアスが起こります。

代表的なものに将来金利が高くなる段階型金利ローンなどがあります。

極端の回避

そしてまた、人は提供された中で中間的なものを選ぶ傾向があります。

これは極端の回避行動と言われているものです。

例えばハイリスクなものとミドルリスク、ローリスクの金融商品があるとすると、ミドルリスクの商品を選択するという傾向があります。

この場合、あくまでこの三種類の商品を比較した中での相対的評価でしかありません。

自分のリスク許容度に基づくものではないので、結果的に誤った選択をしてしまう可能性が非常に高いです。

代表的選択と近道

また、代表的なものに弱く、近道したがる傾向がある人は、何かを選択するときに十分な分析をせずに類似性(経験や体験)によって、簡単に判断してしまう傾向が有ります。

これをものごとの一部分を見て全体を判断してしまう代表性バイアスと言います。

特定の状況を判断するときに関連性を元に判断する近道を選ぶという傾向もあいます。

フレーミング

お金に独自のフレームを作ってその中で判断していこうとする傾向があります。

例えば、収支を食費、住宅関連費、娯楽費といったカテゴリーに分けようとします。

このような独自の分類性をメンタル・アカウンティングといいます。

特定のフレームを作って(フレーミング) それで物事を判断していこうとする傾向もあります。

参考事例▼

例えば消費者金融のCMで「10万円を1ヶ月借りて、利息はわずか500円玉三枚」というキャッチフレーズあるとし ます。

一見すると、とても安い利息に感じます。10万円と1500円という現金価値の相対というフレームワークにとらわれてしまうからです。

実際に計算してみると年利換算で18%とという極めて高利な利息なわけです。

私達の日常では、自覚のないまま、こうしたバイアスが常に働いています。

そのことを認識しておいてください。

ちょっと長めになっちゃいましたが、バイアスについて説明させていただきました。

リスクを最小限に抑える

ファナンシャルの知識と経験によって、リスクを最小限に抑えることは十分可能です。

特に過去に苦い経験をした人は、投資が危険なものだと勘違いをする傾向が強いです。

投資そのものが危険なのではなく、知識や経験不足が損失を招いている、ということに多くの人が気付いていません。

従って、リスクを理解している人とそうでない人のキャッシュフローの差は、益々乖離していくことになるでしょう。

このことは、どんな分野においても云えることです。

ビジネスでも仕事でもスポーツの世界でもそうです。

リスクを理解している人はその回避方法を考え、

より高いレベルへ、違う次元へと自分を引き上げていくことができます。

理解できない人は、じっとしといて何も行動しない可能性が大きいいです。

そのベクトルの開きは先に行けば行くほど大きくなっていきます。

タイプの違いを把握する

私達には個々に心理的な傾向が存在します。

自信過剰で過度のリスクをとりたがる人もいれば、極めて保守的な人もいます。

短気で移り気な人、緊張感の足りないような人、心配性の人、大雑把な人もいます。

そうした傾向に加味して、その時の個々の心理状態、環境等の違いによって、またバイアスの出方が違います。

合理的な意思決定の基本となるものは、あなたの希望や価値観、それを取り巻く環境に対する客観的な認識です。

今、足かせになっているバイアスは何か?

という問いかけを忘れないでおいてください。

参考▼

タイプの見分け方については「心と体をよりクオリティーの高い次元へ導くパーソナルデザインの方程式」などを参考にしていただくといいと思います。

ビジネスに保険をかける

世の中にはごく稀にこんな人がます。

自宅の火災保険が切れていてそのままだったり、任意の自動車保険に加入しないで車を運転している人です。

私には全く考えられない事態ですが、あなたはどう思われますか?

例えば、あなたは投資に保険をかけてますか?

或いは、仕事やビジネスに保険をかけてますか?

プロの投資家は投資に保険をかけ、プロの起業家はビジネスに保険をかけています。

プロはリスクが何たるかを理解しているので、それを回避するために保険を活用します。

オプション

例えば、株式に投資する時にはプットオプションによって、リスクヘッジ(保険)が可能になります。

買った株が下がったときにお金が支払われるようにしておけば損失は軽減できます。

また不動産の場合は、損害が発生したときに保険で支払ってもらえます。

その保険料も家賃に含んでおけば、コストをかけずリスクヘッジができるわけです。

ペーパアセットのみに投資をしていた人達が2007年に起きた暴落で大損害を被ったのは、保険をかけていなかったこと、そしてリスク分散ができていなかったことが原因です。

ファイナンシャル知識が不十分な人達は保険をかけずに投資しています。

その危ない考え方を改めなければ、遅かれ早かれ財産の全てを失い事になるでしょう。

「本当にすばらしいビジネスは不朽の「お堀」が存在し、それによって高い利益が守られている。」

Warren Buffett

あなたのポジショニングは?

ポジションと聞くとUSP、強い売りの発揮できる位置取り、優れたオファーなどを思い浮かべる人は多いと思いますが、ここはそういう話ではありません。

もしあなたがどこかの会社員で副業もしていないとしたら、あなたは世の中で一番高い税金を支払うポジションをとっていることになる、ということを言いたいのです。

良い学校を出て、良い就職先を見つけて、定年まで健康で働き続けるのがいい人生、これが私達の平均的なものの考え方なので致し方ないことだと思います。

そのようにず~と教育されて続けてきたわけですから、・・・・

その枠から抜け出すことが容易でないことも十分頷ける話です。

しかし、あなたがそのポジションにこの先もそのままで居続けたら、あなた以外の誰かのために多額のお金を生涯にわたって納め続けることになります。

ちょっと考えてみてほしいです。

あなたが一生懸命に働いた結果、最終的にあなたの手元に残るお金は総収入の何%でしょうか?

60%ですか?

40%ですか?

どうでしょうか?

2つの所得

私達が得ている所得は勤労所得と不労所得の2つの所得に分類されます。

不労所得を更に分けるとするとポートフォリオとそれ以外ということになります。

勤労所得とは勤労に基づいた所得で、賃金・報酬・給与などの給与所得のみをいう場合と事業所得・退職所得などを含めていう場合とがあります。

不労所得とは文字通り労働しないで得る所得、つまり、利子・家賃・地代などのことです。

勤労所得だけの人は、先ほども申し上げたとおり、高い税金を支払い続けています。

節税と個人年金だけでは・・・・

ファイナンシャル知識に乏しい人たちは、誰かのアドバイス通り、個人年金や確定拠出年金、場合によっては、小規模企業共済と云った類ものに加入し、節税と老後対策を行うというスタイルが、スタンダードとなっています。

しかし、ファイナンシャルの知識が十分あって、かつ、ビジネスを所有している人達から見たたらその行為は考えられないことです。

それらにお金を入れておくのは機会損失の部類に入るからです。

私はポートフォリ所得もあるからという人、ちょっと待って下さい。

ポートフォリオ所得について

ポートフォリオ所得は不労所得とはいえ、税金面から見ると勤労所得とほとんど変りがありません。

ポートフォリオ所得の本質がキャピタルゲインだからです。

これは、安く買って高く売るというスタイル、つまり、比較的短期間の売買を繰り返すスタンスになります。

従って、短期譲渡所得扱い、つまり高い税率によって納税することになります。

さいごに▼

ビジネスや不動産所得について

ビジネスや不動産(家賃収入)を所有していると話は大分異なってきます。

もちろん、利益に対しては課税されますが、価格の上昇、ローンの割賦償却、減価償却など、課税対象額の一部を相殺することが出来ます。

このことによって税金がかからないキャッフローを得ることができます。

税金のことは、公認会計士さんや税理士さんに相談するのが通例ですが、タックスのことを自分がある程度知っているということは、キャッシュフローをコントロールする上で大きなアドバンテージになります。

その上で、専門職の先生方に相談すると、その結果が大きく変わることも十分あり得ます。

参考▼

そのことについては、「不動産投資の会計上利回りの欠点、投資判断の基準、そしてレバレッジ効果」や「タックスプラン知識は、人生設計において大きなアドバンテージになる」「あなたが引き寄せている最悪の状況から脱出するためのシンプルなスキル」などを参考にしていただくといいでしょう。

ではまた。

 

初回カウンセリング

あなたの利益を最大化するための、はじめの一歩です。

何も準備していただく必要はありません。
お気軽にお申し込みください。

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。