インテグラル・オペレーティング・システムの応用例

それでは早速IOSの応用例を観てみよう。

医療関係

統合モデルを最も直接的に応用できるのは、医療の分野だと彼は言っている。

そして今、世界中でますます多くのヘルス・ケアの実践家たちによって応用されている。とも・・・

ではなぜ、この統合モデルが役に立つのだろうか?

医療の現場では、通常外面的なアプローチを取る。

つまり、身体的な組織や器官に対して、手術、薬品、薬物療法、行動療法といったアプローチだ。

医学では、病気は身体的な原因によって起こるというのが常識となっているので、ほとんどの場合、上記のような物理的な治療手段を優先する。

しかし、IOSモデルでは、身体的な事象(外面的)であっても、4つすべての視点から見る必要があると考える。

IOSモデルではそれを、物語の四分の一にすぎないと解釈しているからだ。

個人の内面的な状態が、身体的な疾患の原因およびその治療手段において、ともに重要な役割を担っている。

このことは、精神神経免疫学はもちろんのこと、代替療法においても明らかになっている。

つまり、個人の内面的な状態というのは、包括的な医療看護において欠かせない要因だということだ。

そのことについて詳しく知りたい人は「スピリチュアリティ・ヘルスケア」のカテゴリーを参考にして欲しい。

例えば、イメージ療法、自己催眠療法、心象(イメージ)の自覚的使用などは、ほとんどの病気の特殊療法において非常に重要な役割を果たす。

そして、その治療の結果は、感情や精神状態に左右される。

こうした主観的要素は重要であるとはいえ、それは共有される文化的価値観、信仰、世界観に既に存在している。

ある文化が特定の病気をどのように見るのかによって、個人の病気に対処する内面的な態度に大きく影響する。

それは直ちに外面に顕れ、個人の身体的な病気そのものにダイレクトに影響するだろう。

私たちが構成するいかなるグループも、人間感の交流に決定的な役割をもつ間主観的な要素を含んでいる。

例えば、医者と患者とのやり取り、身近の人の態度に影響を受けやすい。

また、それをどう伝えるかということも含め、それは文化的な受容や差別、あるいは病気自体が脅かすであろう文化の価値などを内包している。

これらの要素は、あらゆる身体的な病気や治療に大きく関わっている。

もちろん、これらすべての象限は、治療に効果的な要因のみに限定する必要がある。

つまり、それは医師と患者のコミュニケーション・スキル、家族や友人のサポート、文化に基づく病気に対する判断と疾患に及ぼす影響を理解するということだろう。

例えば、サポート・グループをもつ患者と、そうした文化的支援がない患者とでは寿命に差がある。

だから、こうしたサポート・グループの要素は、包括的な医療看護に対して大きな役割を担っている。

残る象限は、物質的、経済的、社会的要素だ。

この領域は、これまで疾患の一部であると考えられたことはなかった。

しかし実際は、他のすべての象限と同じく、病気とその治療に対して因果関係を持っている。

例えば、入院先で食料を供給するシステムがないとしたら、あなたの身体は衰弱していくだろう。

つまり、幻想ではない現実世界では、すべての事象が4つの象限を持っている。

したがって、病気になってもその治療手段を供給できるシステムがなかったとしたら、生存率は低下するだろう。

つまり、これらはそれぞれが隔離された問題ではなく、すべてが中心的な問題だといことだ。

環境公害対策は言うまでもないが、経済、保険、供給システム、病院の部屋のレイアウトに至るまで、あらゆることが個人の治癒と関連してくる。

ほとんどの病気は、感情的、心的、スピリチュアルな要素を内包している。

なかには、外傷のみで身体的な治療だけで足りるものもあるが、ほとんどの病気は、感情的、心的、スピリチュアルな要素を内包している。

世界中の研究者たちによって、病気とこれらの関係性が明らかにされてきている。

大切なことは、すべての 象限にレベルという視点を加えることだ。

そのことによって、さらに包括的で効果的な医療モデルが可能になってくる。

効果的で包括的な医療プランを考える場合、全象限・全レベルを含んだものであって欲しい。

したがって、真に統合的な治療を心がけるなら、これらすべてのリアリティを視野におさめる必要がある。

このタイプの治療はより効果的であるだけでなく、費用の面でもより効果的だ。

だから、このタイプの医療に医薬品や医療会社までが目を向けている。

統合ビジネス

この統合モデルは、ビジネスの世界でも爆発的に関心が高まっている。

それは、その応用結果が、非常に直接的で堅実だからだ。

象限は、その商品が生き残らなければならない4つの「環境」や「市場」を与えてくれる。

そしてレベルは、商品の生産側と買い手側の両方の価値のタイプを与えてくれるのだ。

参考▼

価値の階層に関するマズローやグレイヴスの研究(スパイラル・ダイナミクス)では、すでにビジネスの世界に非常に大きな影響を及ぼしているが、それと象限の視点(これらの価値のレベルが、どのように4つの異なった環境の中に現れるかを示す)を組み合わせることで、真に包括的な「売り込み市場」の地図が生まれる(そして、これは伝統的な市場や電子市場なども含んでいる)。と彼は言っている。

さらに、AQALの統合モデルに基づいた統合的リーダーシップのトレーニング・プログラムもある。

ビジネス・マネージメントに関しては、現在、4つの主要な理論がある。

  1. 個人的な行動を強調する理論
  2. 心理学的な理解を強調する理論
  3. 組織の文化を強調する理論
  4. 社会のシステムとその管理手法を取り上げる理論

もうお気づきだと思うが、これらの4つの理論は、4つの象限を現している。

統合的アプローチは、この4つすべてを必然的に包合し、そこにレベルとラインを付加する。

そうすることによって、豊かで洗練されたリーダーシップモデルが創出される。

社会参加型のスピリチュアリティ

AQALアプローチのスピリチュアリティヘの応用、それが意図するところは、身体・感情・心・スピリチュアリティという存在のレベルが、同時に自己、文化、自然の領域において行われることだ。

社会参加型のスピリチュアリティから、スピリチュアルな道としての人間関係まで、私たちは、これらすべて
を「統合的な生活実践」として包合する。

だから、統合的なスピリチュアリティは深遠で幅広い。

統合的エコロジー

統合的、AQALエコロジーは、インテグラル・インスティテュートの研究者たちによってすでに開発されたが、環境問題に対して、どのように実践的に対処し、それらを改許すべきかについての考え方をともに革新させることができるだろう。

環境問題に関して統合的でも包括的でもないアプローチは、失敗する。

内面的な問題と、外面的な問題をともに考慮しなければ上手く行かない。

外面的な環境の問題は、もちろん解決されなければならない。

しかし、内面的な価値と意識の段階が世界中心的な段階まで成長し、発達することがなければ、環境は非常に危険な状態に置かれたままだ。

外面的な側面にだけ焦点を当てた解決法は、問題を露呈してしまう。

自己、文化、自然は、 一緒に解放されなければ、全く解放されないことと一緒だからだ。

いかにそれを行うかが統合的エコロジーの焦点になるということだ。

統合的な生活実践

これらの「IOSの応用例」は、統合的アプローチの理論的な側面に焦点を当てている。

では、私たち自身の気づき、成長、変容、日覚めについての経験的・実践的な側面はどうであろうか。

統合的アプローチの実践的、 一人称的、経験的な側面は、「統合的な生活実践」と呼ばれている。

統合的な生活実践の基本的性格はシンプルだ。

レベルとして体・心・霊、象限として自己・文化・自然を取り上げ、それらを合わせると、成長と目覚めの9つの分野が生まれる。

統合的な生活実践は、これらの最も効果的な個人変容を結び合わせた最初のアプローチだ。

また、これをさらに拡大すると3段階4象限で総計12のゾーンができる。

統合的な生活実践では、この12のゾーンにおいて成長するための実践的な訓練方法をあげている。

これは、成長と発達と覚醒にいたるユニークで歴史的にも前例のないアプローチだ。

インテグラルデザイン研究の記事を最初から読む

パーソナルデザイン塾

LINE@MSID研究所

いかがでしたでしょうか?お金の流れが変わって人生が面白くなる方法などについて、もっと詳しく知りたい方は、LINE@で友達追加してください。特別な情報やセミナー開催情報などをお届けします。

友だち追加

相談・お問合せ

起業やビジネスなど、仕事の効率化や改善。お金の流れの創造や改善等、人生を豊かにすることならなんでもご相談下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事