私は今、韓国にいます。

メディカル・ツアーを停止して以来ですから、3年ぶりになります。

24歳で(1987年)始めた貿易がきっかけで、度々訪れるようになりました。

そろそろ70回を超えたでしょうか。

グローバリズムが進んだこともあって、318,971(単位10億ウオン)だった実質GDPが2017年には1,554,789(単位10億ウオン)、と約4.87倍になっています。

しかし、その実態はグローバル投資家たちによって支配された国だと言えるでしょう。

日本もこの傾向が目に見えて強まっており、グローバル投資家たちに支配される可能性は非常に高いと思っています。

そんな事態になっても慌てないように、韓国に度々足を運んでいる意味もあります。

東大門を3時間ほどぶらぶら歩いて、先程ホテルに戻ってきました。

ロビーでipadを使っている人をみていたら、無性に書きたくなったので、これを書き始めました。

今回は2つのテーマについて取り上げたいと思います。

フィードバックへの回答

まず最初のテーマは、昨日クライアントから送られてきたフィードバックについてです。

彼女はある課題を抱えていました。

その相談内容が、他のクライアントからのものと重なっていたので取り上げました。

それは、大きな夢を実現することについてです。

これは私自身の課題でもあるので、一緒に考えてみたいと思います。

世の中には大きな夢を口にしながら、全く違う行動をとっている人もいます。

別な言い方をすれば、口先だけで夢を語っている妄想家!でしょうか。

実際、夢を実現するのは、簡単なことではありません。

「実現できるようなことは、夢ではない!」などと言う人もいます。

つまり、できないと思っている理想を「夢」として描いている人たちです。

いずれにせよ、夢を実現しようとする試みは、大きな価値を生み出すことに繋がるでしょう。

夢をかなえた人たちの共通項

夢をかなえた人の話を聞いてみると、ある共通した考え方があります。

大きな夢の実現に向かって本気で取り組んだ人は、自分より他人の事を気にかけています。

どうやら利己的な態度をとらないことが、大きな夢の実現に大きく関係しているようです。

また、夢の実現に本気で取り組むことが重要な理由は他にもあります。

それは、友人や知人、家族に良い刺激を与えながら、自分自身にも素晴らしい影響をもたらすプロセスです。

ただし、それが利己的であってはならないということは確かでしょう。

健全な夢は活力の源となり、人生を輝かせてくれます。

夢は誓約を創り出す

また、夢を宣言することによって、自他ともに強力な誓約(コミットメント)を創り出すこともできます。

例えば、起業家が困窮に陥る時、そのほとんどは自己発生によるものです。

したがって、コミットメントは、意思決定の際の極めて重要な要因(ファクター)になります。

もし自分自身のためだけに仕事をしているとしたらどうでしょうか?

コミットメントは弱く、困難から簡単に逃げ出してしまうでしょう。

では、夢の実現に本気で取り組んでいる場合はどうでしょうか?

今まで不可能だと思っていたようなことが、実行に移せる可能性が高まります。

なぜなら、夢を実現させるためには、それが重要な要素(エレメント)だからです。

また、夢に本気で取り組もうとする時、その最大の障壁は自分を疑うことです。

自分の能力を疑い、経験を疑い、最後には自分自身を疑う。

子供の頃、私たちはもっと大きな夢を見ていたはずです。

本気でかなえようと思っていたはずです。

それが、年齢を重ねるにつれ、下方修正するようになり、夢さえ抱かなくなっていってしまう。

何を隠そう私もその一人だと思っていました。

すり替える癖

夢が体のいい目的にすり替わり、それがこんどは目標という言葉にと・・・

段々とグレードが落ちていって、最終的には自分を変えることにすら自信が持てなくなってしまったのです。

子供の頃は、もっと大きなことを夢見ていたはずなのに、自分自身を変えることにすら自信を持てない。

今の話に共感できるという人は、自分が間違った方向に進んでいることを認識するべきです。

なぜなら、自分を変えることが一番難しいことだからです。

自分>世界という思想

例えば、自分を変えることができれば世界(全て)はかわる、という解釈があります。

これは最高視点の人たち、いわゆるメシアと言われる人たちの思想を自己啓発レベルで語っている現象です。

つまり、世界を変える>自分を変える⇒世界を変える<自分を変える・・・・

さらに俯瞰すれば「自分を変える=世界を変える」というデコンストラクション(脱構築)に至ります。

しかし、現代人が「自分を変える」という入り口から入ってしまうと、いつまでたっても最終地点に到達することができません。

ですから、最終的にはどうにもならなくなり、自信を失うだけになります。

なぜなら、あらゆる方面から情報を詰め込まれた貪瞋痴満載の現代人が、悟りを開くようなプロセスを辿っても埒が明かないからです。

例えば、禅寺の修行カリキュラムに参加して、その時は良かったんだけど、しばらくしたら余計に収まりがつかなくなってしまった!これはよく聞く話です。

実は、これは当たり前のことなのです。

なぜなら、この世でもっとも不確定な存在である自分、さらに縁によって3千通りにも変化すると云われる、捉えどころのない心と向き合おうというのですから、始末に終えません。

地図も標識もない状態の未開の地に、いきなり放り出されるようなものです。

それを承知の上で、そのような果てしない旅も体験してみたいという方は止めませんが、本来居るべき環境に戻ってこれなくなるといけないので、お勧めはしません。

理由はまだまだありますが、ここでそれについてスペースを割くことは避けたいので、もっと詳しく知りたい方は個人的にご連絡ください。

もちろん、コーチングということではありませんので無料で対応させていただきます。(笑い)

大きな夢を確実に実現する方法

では、どうしたら大きな夢を実現することができるでしょうか?

そう、子供の頃の感覚に近づく努力をすることです。

ハーバード大学の発達心理学者ハワード・ガード ナー氏は次のようにいっています。

「幼児は全面的に自我中心的(エゴセントリック)であるというのは、自分のことだけを利己的に考えていることではなく、逆に、自分自身のことを考えられないという意味である。自我中心的な子供は自分以外の世界と自分自身を差異化できない。他人または客体から自分自身を分離していないのである。そこで、他人は自分の苦痛や快楽を共にしている、自分のモグモグ言うことは必ず理解されるだろう、自分の展望はすべての人と共有されている、動物や植物さえ自分と意識を共有していると感じるのである。(中略)人間の発達の全コースは、自我中心性の連続的な減少と見なされる。」

自分=世界の子どもたち

つまり、子供は「自分=世界」に近い状態にあるということです。

ですから、子供の頃のように、大きな夢に向かって全力で取り組むことによって、自分も簡単に変えることができます。

というよりも、大きな夢に向かって全力で取り組む人を皆が応援したくなるので、自分が変わったように思える、と言った方がより正しいでしょう。

逆に、世界を変えることから、自分自身を変えることに目を向ければ向けるほど、あらゆることが不可能に思えてきます。

いつまでたっても変われないのではないか、といった最悪の感情に絡め取られてしまうのです。

それは、偶然ではなく、起こるべくして起こった現象です。

自分がいれば世界は違う場所になる!?

子供は、自分がいることで世界は違う場所になると信じています。

大きな夢に本気で取り組み始めると、それと同じ感情が芽生えてきます。

確かに、多少うぬぼれたところもあるかもしれません。

しかし、自分の内面に目を向け感情に支配されるよりも、はるかに効果的なことは確かです。

世界中のすべての人があなたの存在によって変わるとは言えないでしょう。

しかし、これまでとは異なった道筋が視えるようになります。

夢を実現させるための重要なエレメント

また、子供はよく質問します。

時折どう答えていいかわからない質問もありますが、率直で的を得た質問が多いです。

しかし、経験を重ねると、浮かんだ「問」を自分自身で解決しようとすることが多くなります。

それが、思考を磨く方向に向かえばいいのですが、どうも自分を納得させることに使われることの方が多いようです。

億万長者メーカーと言われるダンケネディー氏が、このようなことを言っています。

子供はいろいろなことに興味を持ち、たくさんの質問を大人たちに投げかけてきます。しかし、成長していくうちに、慢心や怠け心、忙しさにかまけて質問することをやめてしまいます。とても残念なことです。

今回は一般的に使える質問をいくつかお教えしておきましょう。

これから挙げるものは、特に私が気に入ってるものです。

  • 自分自身のモチベーションをどのように創りだしていますか?またはどのようにモチベーションを持続させていますか?
  • もしあなたが今の知識を持ったまま最初から始めるとしたら、どこをやり直したいですか?
  • 去年1年間でビジネスもしくは経済の分野でした一番の発見は何でしたか?
  • 私は「X」をビジネスにしています。もしあなたが同じビジネスの分野にいたら、どうやって他社と競争しマーケットを独占しますか?
  • あなたがビジネスをする上で最も恐れている3つのこと、そしてあなたの成功を脅かすかもしれない3つのことを教えてください。また、それが起こった時はどのように対処していますか?
  • 人生で一番がっかりしたことは何ですか?また同じことが起きないように気をつけていることは何ですか?
  • あなたと同じビジネスの分野であなたが他の人よりも抜きん出ていると思うことは何ですか?

いかがでしょうか?

これらの質問を自分に問いかけるだけではなく、成功者にも投げかけることができたとしたら・・・

そして、その回答を得られたとしたら、あなたの行動が変わり、あなたの未来が変わると思いませんか?

そう、自分と成功者への質問、これも大きな夢を実現するために重要なエレメントのひとつなのです。

ちょとオーバーな表現かもしれませんが、自分が生きた証をこの世界に残しましょう。

これは一種の「突破思考」とも言えます。

問題解決の1つの視点で、通常より遥かに高い目標を設定すると、今までの方法では埒が明かないので、自然と新たな方法を探し出すようになるというものです。

では、どうすれば自分が生きた証をこの世界に残すことができるでしょうか?

これから、漢南の自生漢方病院を訪問しなければならないので、そのことについては、明日お話したいと思います。

ではまた。

LINE@MSID研究所

いかがでしたでしょうか?お金の流れが変わって人生が面白くなる方法などについて、もっと詳しく知りたい方は、LINE@で友達追加してください。特別な情報やセミナー開催情報などをお届けします。

友だち追加

相談・お問合せ

起業やビジネスなどのお金の流れの創造・改善。運用や資産形成など収支バランスの改善のことなら、個人・法人を問わず何でもご相談ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事