ライフコーチングとライフプラン

レディーガガ

ライフコーチングは、今アメリカで最も注目されている分野の一つです。

レディー・ガガやヒュー・ジャックマンがライフコーチングを受けているということでも話題になりました。

でも、彼らはコーチングによってメジャーになったわけではありません。

メジャーになった後のコンディションを整えるためにコーチングを受けていたわけです。

もともとパッションとエネルギーに満ちている彼らが、新たな目標を見出し挑戦し続けることは容易でしょう。

しかし、実行できる素地の整っていない人には難しいことだと思います。

実際、海外で開催されているような高額プログラムに参加しても、収入が増えたり、人間関係が改善したという例は、全体の20%以下だと言われています。

ヒュー・ジャックマン

因みに私は大きく改善しましたが、一緒に参加した友人4人は全くといっていいほど変化がありませんでした。それ以降不調になったという人さえいます。

実は主催者側もそれを承知しているようです。

「参加するだけで、ほとんど実践しないだろう」そう言っているらしいですからね。。。

だからといって彼らの方法が間違っているわけではありません。

もともと素地の整っている人には、有効なわけですから。。。

ただ、違ったアプローチ方法が必要だということでしょう。

今回は、そのライフコーチングの要でもあるライフプランについての話です。

ライフプランという欺瞞に満ちたアプローチ

「ライフプランを作成しましょう・・」

ファイナンシャルプランナーや保険セールスマンなどがそう云う時、そのほとんどがイベントに基づく収支計画を意味しています。

具体的には、就職 、結婚、出産、教育、マイホーム取得、転職(雇用形態の変化含む)、老後、相続といった出来事です。

これらのライフイベントをどのような状態で迎えたいか、という希望を設計に組み込み、そこに収支計画を添えたものをライフプランと称しています。

また、ライフプランは中長期的なものです。

したがって、計画と実態とのズレが生じることがあるので、定期的見直しが必要になります。

というのが大方のアプローチ手順でしょう。

この程度の提案に留まっている理由は、そこに何かしらの商品(お金がらみ)が介在している場合が多いです。

ライフプランを作成しなかったらどうなるの?

ライフプランを作成しないとどうなるの?

では、彼らが推奨しているライフプランを作成しなかったらどうなるでしょうか?

結論から云えば何も問題ありません。

作成しなかったからと言って、トラブルが発生するわけでもありませんし、将来困ることもありません。

そもそも不完全で余計なプランがないので、修正する必要もありません。

プランを作成しなくても、ライフイベントはその時期が来れば自然と訪れます。

そこでご質問なんですが・・・

ライフプランを作成しなかったがために、立ち行かなくなったという人が、あなたの周りに何人いらっしゃるでしょうか?

親戚・友人あるいは知人の中に、そのような事態に陥ってしまった方はいらっしゃるでしょうか?

おそらくほとんどいないと思います。

つまり、将来の決定要因として、それほど重要ではないということです。

そもそもファイナンシャルプランナーや保険セールスマンなどに勧められる前は、ライフプランを作成するという発想すらなかったと思います。

ですから、彼らの提案、あるいは好意的な情報がない限り、そこには目が向かないはずです。

なぜ、ライフプランという言葉に弱いのか?

なぜ、ライフプランという言葉に弱いの?

ライフプランを無料で作りますよ、作ってみませんか?

そう言われて首を横に振る人は少ないでしょう。

なぜでしょうか?

情報が錯綜する社会環境のなかで、私たちは多くの不安を抱えながら生活しています。

その代表的なものが経済的な不安でしょう。

将来必要なお金を把握することによって、その不安が軽減できる。

単純にそう思ってしまいがちなのです。

別な言い方をすれば、そうした言葉(情報)に絡め取られているということです。

なぜなら、何かの固定点(目標・目的)がないことに不安を感じるからです。

ですから、何も固定点(目的)を持たない状態から、「必要なお金が明確になる」という固定点を持つことで安心を得たような錯覚を起こしてしまうのです。

しかし、必要なお金を仮定したところで、現実の収入が増えるわけではありません。

ですから、ライフプランを作成しても、経済的な不安は解消されないままでしょう。

下手をすると、それまでに存在しなかった余計な課題を抱えることにもなりかねません。

それが適切な課題であればいいのですが、どうもそうではないケースが大半のようです。

そうなると、今までは必要だと思ったこともない物が欲しくてたまらなくなったり、どうでもいいようなことに時間を費やし始めたりするわけです。

低次元のライフプランが余計な問題を創り出す?

ライフプランが余計な問題を作り出す

例えば、ライフプランの主要検討事項は以下の様な内容になります。

  1. どんな職業に就くのか。
  2. 結婚するのか、しないのか。
  3. 離婚するのか、しないのか。
  4. 子供を持つのか、持つとしたら何人か。
  5. 賃貸か持ち家か、どの程度の環境を確保するのか。
  6. 老後はどの程度の暮らしを希望するのか。
  7. 資産を残すのか、残さないのか。

これらがライフプランを作成する際、仮説が必要な部分にもなります。

つまり、ライフプランとは個人の願望とキャッシュフローをリンクさせたものということになります。

大切なことは、これらの検討事項をどう解釈し、どのようなアプローチ方法を選択するのかということです。

では一つひとつ詳しく見ていくことにしましょう。

参考▼

ライフプランやライフデザインについてより詳しく知りたい方は「ライフデザイン、ライフプランの記事一覧」を参考にしてください。

1,どんな職業に就くのか。

先日、現状の収支を改善して、マンション投資をしたい、という男性(42歳)が私を訪ねてきました。

収支を改善するには、収入を増やす、支出を減らす、お金を運用して増やす、という3つの方向性があります。

このなかで、一番効果的な方法は収入を増やすことです。

収入が今の2倍になれば、節約と運用は必要なくなるからです。

収入を2倍にする方法がわかれば、節約も運用も必要なくなるので、その時間も収入を増やすことに使えるので、さらに収入は増えます。

実際、彼も1年後にはそのような状態になりました。

当時彼の年収は480万円でしたが、1年後には1200万円を越えていました。

なぜそうなれたのかというと、私の言うことをよく理解し、ある方法を真摯に行ったからです。

それは、ライフプランを考えるといった類の幻想的シナリオを描くことではありません。

また節約と運用と云う決して安定することのない、視点の低い安易な取り組みとも異なります。

乗り物そのものを変えろ!

それは、「乗り物を変えてもらう」という方法です。

例えば、ファミリーカーよりもスポーツカーの方が加速もよく、速やかに目的地に到達することができます。

つまり、彼の年収が上昇しなかった原因は彼自身ではなく、会社にあったということです。

もし、あなたの会社のTOPの年収が1000万円だとしたら、その年収を超えることは難しいでしょう。

TOPの年収が2000万円になるような環境が整うまで待たなければならないからです。

設備投資ではなく貯蓄に走るような会社では、尚更昇給は望めないでしょう。

毎年のように利益率が低下し、業績が下降線をたどっている様な組織の中で所得を増やすのは至難の技です。

つまり、どんな職業のどんな会社に籍を置くのか、それで粗収入は決まります。

起業するのであれば、どの市場に参入し、どの金脈に身を置くかで収入が決まるということです。

それが起業家であれば、どうマーケティングし、どういう方法でセールスを行うかということになります。

「能力の差」それは、どの様な場合においても僅差でしか無い、ということを申し上げておきます。

参考▼

金融資産の運用に特化した情報については「マネープラン」、キャッシュフロー全般については「キャッシュフロー・デザイン」を参考にしてください。

損失を呼び込むライフプラン作成プロセス

そうした根本的なことに目を向け、その部分を改善することを検討する前に、節約と運用に焦点を当ててしまうと、損失が拡大する可能性が高くなります。

ある種の高度な節制は必要だと思いますが、中途半端な節約はプライドを傷け、日常を悲観的なものにするだけでしょう。

また、無知なまま行う運用は、積み上げてきた資産を痛める可能性が非常に高いです。

無知がまかり通る運用対象、その大概が投資家以外のために作られた仕組みだからです。

つまり、精神的にも金銭的にも痛めつけられる枠の中に、知らず知らずのうちに押し込められてしまうわけです。

さらにリスク許容度というエビデンスに乏しい具体性に欠ける要因によって、個人のパフォーマンスを抑制していきます。

収益率の低い投資は、収益よりも損失を被る可能性が高いです。

誰かの損失は、他の誰かの利益になる、それが世の中の構造です。

具体的には、一時払い年金、投資信託、確定拠出年金、NISA(ニーサ)といった金融機関が喜ぶ商品を選択することになるでしょう。

これらは、利益を確定させるまでに時間を要する商品群です。その間に環境が大きく変化して貨幣価値そのもが低下したら・・・・

また、勉強会やマネースクールなどに出向いて、収益性の低いカテゴリーの中の僅かな差金を得るために、膨大な時間を投資している人たちもいます。

ライフプランを無料で作成しますよ!

その行き着く先が、こうした金融商品である可能性が高いことを認識しておいてください。

それらすべてを網羅できたとしても得られる利益は僅かでしかないのです。

今どんな環境で仕事をしているのか、そこにいて自分の望む収入が得られるのか、そのことを再度検討してから、他の事項も考えていくようにしましょう。

最大限の効果を得られる方法から検討する、これは極あたり前のことであり、人生を充実させるための重要なポイントです。

参考▼

起業、キャリアデザイン、ビジネスデザインなど各コーチングについてより詳しく知りたい方は「キャリアデザイン」「仕事の効率化コーチング」「ビジネスデザイン・コーチング」などを参考にしてください。

次回は「結婚するのか、しないのか?」からスタートします。

 

無料勉強会に参加しませんか?

お金の流れを作って、安全にお金を増やして守る無料勉強会に、あなたも参加しませんか?※PC、スマホ、タブレットなどWEB環境さえあれば、どこにいてもワンクリックで参加できます。世界水準のファイナンシャルプラン技能と28年の経営経験を持つ弊社代表が講師を努めます。勉強会開催日程はこちらをクリック!

ワンクリックWEB無料相談
相談・問い合わせ

資産形成、ライフデザイン、起業、ビジネス、仕事の効率化など、お金の流れの創造や改善、人生を豊かにすることならなんでもご相談下さい。安全にお金を増やすコミュニティー(無料) 仕事の次元を変えるコミュニティー(無料)

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事