ライフイベント表
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 今回は、ライフイベント表とキャッシュフロー表の作成方法について解説しましょう。

ライフイベント表とは、あなたや家族の将来の予定、望むことや目標を時系列で表したものです。

ライフプラン上のキャッシュフローを把握する上で必要になるものです。

ライフイベント表に記載する内容は、

  • 年次、年齢、各のイベント、それにともなう予算などを記入。
  • 3年以内に予定されるイベントがある場合には、そのことに関して詳細にしておく。
  • 遠い将来のことはあまり考えすぎず、大まかな概要を押さえておく程度がちょうどいい。
  • 家族以外にも資金計画に関係してくる人(親や兄弟)がいる場合には、その人の予定も記入する。

などが考えられます。

なぜライフイベント表を作る必要があるのか?

  • 漠然としていた自分と家族のイベントが再確認できます。
  • 将来に向けて個人を成長させるきっかけになります。
  • イベントに必要な費用が数値化でき見通しが付きやすくなります。
  • 家族の思いを認識できるようになり、コミュニケーションがとりやすくなります。

それぞれのライフイベントごとの予算を現在価値で把握しておく必要があります。

また満期金など、一時的な収入も把握しておく必要があります。

見積もる際の留意点

具体的なプランがあり、費用も把握している場合はそれを使用できますが、殆どの場合そうしたデータを準備できていないと思います。

プランニングを試みる効果として、何が把握出来ていないのかが明確になるというのが一つの利点です。

本来であれば、出来る限り具体的にしていきたいところではありますが、時間がないなどその他の理由でプランニングに時間を割けない場合は、各種の統計データを用いて行う方法があります。

しかしながら、これらのデータはあくまで一般的な平均値でしかありませんので、これらを目安にして自分たちのライフイベントに合わせて予算を修正していくという作業は欠かせません。

平均的な生活などこの世に存在しないからです。

ライフプランは、個々の個性を活かしながら生計を維持していくために作成するものだからです。

キャッシュフロー表をつくる

キャッシュフローとは、一定期間の収入と支出から把握される資金収支の流れとその結果増減する金融資産残高のことです。

  • 月間のキャッシュフ ローは細部の分析に役立つ。
  • 中長期的な分析の基礎となるのが年間キャッシュフロー。

この年間キャッシュフローをもとに多年度にわたり将来の収支状況や金融資産残高を予想して数値を表にしてまとめたものがキャッシュフロー表です。

なぜキャッシュフロー表が必要なの?

キャッシュフロー表は現在の収支、金融資産の残高と将来の収支、金融資産の残高の推移が一覧できるため、年次別にキャッシュフローの状況を把握することができます。

それによって、

  • ライフプラン上の目標達成が資金面から見て可能かどうかの予測や現状と目的の歪から問題点等を把握できるようになる。
  • その問題や課題の対策を早期から実行できるようになる可能性がある。

つまり、キャッシュフロー表はライフプランを速やかに進める上で重要なツールだということです。

将来の収支の予測をするために連年のキャッシュフロー分析を行います。

その際、ライフイベント表に記入した現在価値での予算や今後見込める収入を将来価値に変換することが重要になります。

また運用益の計算、そして必要資金を準備するには毎年いくらぐらいの貯蓄額にすればいいのかなどの計算も必要になります。

※日本ファイナンシャル・プランナーズ協会などのシミュレーションツールが便利です。

変動の予測と運用利率の予測

またキャッシュフロー表を作成するには、収入や支出、物価などの変動率の予測、将来にわたる運用利率の予測はがある程度必要です。

デフレ続きの今日ですがインフレへの転換の可能性、将来の経済・社会情勢も織り込んだ変動率を採用する必要性もでてくるでしょう。

しかし、これらはあくまでも推測であって、「こうあって欲しいと願う」自分たちの願望を反映させた類推にすぎない。

ということは承知しておいてください。

収入の減増は普通に起こりうることですし、もしかしたら、失業により一定期間収入がなくなり、貯蓄の取り崩しを行うかもしてません。

3年後に自分の務めている会社がなくなってしまうかも知れない?

このようなことは誰しも考えたくないことです。

しかし、現実には起こり得ることです。

また、雇用形態や賃金形態が変わることもあるでしょう。

いずれにせよ、個人の生産性の変動率も考慮しておく必要がありそうです。

リスク許容度がポイント

運用利率に限って言えば個人のリスク許容度によってその数値はかなり異なります。

ですから、人によっては、何パターンかのシミュレーションが必要になるかもしれません。

そして、可処分所得を把握しておくこともキャッシュフロー表を作成する目的の1つです。

可処分所得とは自分が自由に使えるお金のことです。

  • 会社員の場合は年収から社会保険料、所得税、住民税を差し引いて残ったお金。
  • 自営業等の事業所得者の場合は、事業収入から必要経費、社会保険料、その他税金をさしいて残ったお金。

のことをいいます。

社会保険料には厚生年金保険料、健康保険料、介護保険料、雇用保険料などが該当します。

自営業者の場合は国民健康保険料と国民年金保険料になります。

  • 会社員:年収-(社会保険料+所得税+住民税)=可処分所得
  • 自営業:事業収入-(必要経費+社会保険料+所得税・住民税)=可処分所得

年間のキャッシュフロー報告書を作成する

年間キャッシュフロー報告書とは、年間のキャッシュフローをまとめたものです。

  • 収入は、総収入それから社会保険料や税金などの非消費支出を記載し、可処分所得を計算。

支出の分類は自由ですが、ここでは3つに分類した代表的な例をご紹介しましょう。

貯蓄・投資

将来の支出に向けどれだけ備えているかを明確にするために掲載。

固定支出

収入の増減とは関係なく一定金額が出て行く支出。

自動車税、各種ローン、生命保険料などの保険料、固定資産税、そして教育費など。

変動支出

収入の増減に応じて変化する支出。

非消費支出である社会保険料、所得税、住民税の他食費や水道光熱費、その他生活費や一時的な支出など。

報告書を作成したら、次に分析を行います。

どのような点の分析を行うかというと、例えば、、、

  • 年間貯蓄額・投資額
  • 年間ローン返済額
  • 年間税負担額
  • 年間社会保険料負担額
  • 水道光熱費、食費
  • 通信費、交通費
  • 医療費、雑費

などの各費目ごとに無駄がないかどうかを分析していきます。

キャッシュフロー表の形式

キャッシュフロー表には決まった形式はありませんので自由に作成していただいて結構です。

  • 中長期的な資金計画の検討や将来の収支のトレンドを分析するために作成するもの。
  • 通常20年乃至30年以上と記載年数が多くなるので、用紙の向きに注意する。

また欲を言えばトレンドの問題点や対策後の改善点などもわかりやすく表記できるものだとよりベターです。

そしてキャッシュフロー表を作成するときに主に必要な項目や設定は、

  • 年次設定、年齢、収入と支出、変動率の設定、年間収支

などになります。

作成したキャッシュフロー表の次の項目をチェックしてください。

  • 入力ミスはないか
  • 計算ミスはないか

問題点を把握してください。年間収支から把握し貯蓄残高で確認するようにします。

単発的なマイナス

額が大きい場合は他のプランにも影響が出るので注意が必要

継続的なマイナス

そのまま放置しておけば破綻する可能性がある。

抜本的な解決策が必要。

断続的なマイナス

余裕のない状態。可処分所得を増やす必要がある。

キャッシュフロー表から直接読み取れない問題点もある。

ローンの内容:負債分析が必要です。

金額、期間、金利、借り換えや繰上返済の検討

保険の内容:保障分析が必要です。

保障額、保障期間、保障内容がライフスタイルにあっているのか?

金融資産のバランス:資産分析が必要です。

アセットアロケーション、ポートフォリオ、商品選択、リスク許容度など。

さいごに▼

税金:税金の分析が必要です。

節税の余地はないか、軽減できないか次に改善策を考えてみましょう。

年間収支を合理化できないか?

例えば、、、、

  • ローンの見直しや整理、保険の見直しや整理、使途不明金の把握、貯蓄の強化など。

ライフプランを合理化できないのか?

例えば、、、、

  • 優先順位を明確にする
  • 資産運用能力を強化する
  • 遊休資産を活用するなど

収入は増やせないのか?

例えば、、、、

  • 転職する、副業を始める、スキルを研く
  • 配偶者が働く、定年後も再就職する、長く働くなど

支出は減らせないのか?

例えば、、、、

  • 外食費、レジャー費、交際費などを減らす
  • イベントの時期をずらす、グレードを下げる、回数を減らす
  • 補助金を受ける、イベントそのものをやめるなど

いずれにせよそのまま放置していては、やがて生活資金が不足して手痛い思いをします。

「備えあれば憂いなし」です。

ではまた。

初回カウンセリング

あなたの利益を最大化するための、はじめの一歩です。

何も準備していただく必要はありません。
お気軽にお申し込みください。

※即日のご対応はいたしかねますので、ご予約の際は7日程の余裕をもってご予約くださいますようお願い申し上げます。