私たちは、事実に即して行動しているように思えますが、実はそうではありません。

私たちは、自分の欲望に応じて「事実」を決め、その自分の都合のいいように捻じ曲げた創造物に即して判断、選択、行動しています。

そこにあるのは客観的事実ではなく、自分が事実だと思いたい事物だということです。

例えば「りんご」は客観的事実ではなく、それが「りんご」でないと、色々と都合が悪い部分があるので、それを「りんご」という言葉で特定しているだけなのです。

私たちは、自分が置かれた環境下(事実世界)で、自分の欲望が満たされないとわかった時、「事実」をねじ曲げ、自分の都合のいいようなカタチに置き換えます。

強者が創り出したルールの中で弱者が押さえつけられる時、そのルールと強者を憎み、幻想世界に逃げ込んで価値の逆転を図り、バランスを保とうとします。

こうした自分を弱める、ねじ曲がった考え方を、「ルサンチマン」と言います。

「お金を稼げていない自分」という事実をねじ曲げ、「お金がすべてではない!」という言葉に置き換え、精神の安定化を図ろうとする。

「うまくいっていない今の自分」という事実から逃れるために、「これは本来の自分じゃない!だから、自分らしさを追求するんだ!」と。

このように私たちはふだん、たくさんのルサンチマン的な態度を顕にしています。

では、他にどんなルサンチマン的な態度、あるいは解釈があるでしょうか?

日頃の選択や行動を振り返ってみて、今までに口にしてきたり、態度に表してきたルサンチマンを考えてみてください。

前回「私たちは本来必要ないことにほど魅了されやすい!?」の中で話した「固定点」よりも考えやすい題材だと思います。

それが言葉で綴られている以上、それが正しいとか、間違っているとか、誰も言い切ることはできません。

言葉とは、コミュニュケーションの道具であって、正答を決めつけるための道具ではないからです。

したがって、自信を持ってアウトプットしていただきたいのです。

耳慣れない題材を用いてアウトプットすることが、あなたの視野を広げることにも繋がります。

是非挑戦してみてください。。

ではまた。

★LINE友達になるにはコチラ

今スマホで開いている場合はコチラをクリックするだけで簡単登録(2クリックで登録できます!)
Add friend
今パソコンで開いている場合はスマホでLINEを開いて「@osl9854j」をID検索!(@をお忘れなく!)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事