企業保険契約と経理処理

契約者の変更には以下のような場合が考えられる。

  1. 会社で加入していた法人契約をその役員、従業員の退職に伴い、契約者や受取人を個人に名義変更し、退職金として保険証券(保険契約の権利を表章するもの)を個人に渡す。
  2. 個人で掛けてきた保険を法人成り(個人企業が法人を設立して事業を引き継ぐこと)した際に、法人に移す。
  3. 会社を転籍するため、法人契約を別の法人契約へ移行する。

また、変更に伴い税務処理を行う必要がある。

ということで、それぞれのケースについて詳しく見ていくことにしよう。

生命保険の経理処理

今日は生命保険の法人契約について、その契約者配当の経理処理、契約転換の経理処理などについて解説しよう。

契約者配当の経理処理

契約者配当(社員配当を含む)は、原則としてその支払いを受けた日の属する事業年度の益金に算入する。

契約形態別にみた配当金の経理処理は以下のとおりだ。

事業保険の場合

養老(終身)保険(定期保険特約付養老保険で保険料区分がされていない契約も含む)
  • 現金配当の場合

雑収入として益金計上する。

借方貸方
現金雑収入

保険料のすべてを全額資産計上している場合は、「保険積立金」から控除できる。

借方貸方
現金雑収入
  • 相殺配当の場合

相殺配当の場合は、配当金を差し引いた実際の払込保険料額を資産に計上する。

借方貸方
保険積立金現金
(契約者配当を差し引いた保険料)
  • 積立配当の場合

資産計上している「保険積立金」から控除できる。

借方貸方
契約者配当積立金保険積立金

なお、積立配当の利子については、その通知のあった日の属する事業年度の益金に算入する。

借方貸方
契約者配当積立金雑収入
定期付養老(終身)・定期保険
  • 現金配当の場合
借方貸方
現金雑収入
  • 相殺配当の場合

事例1

  • 終身部分保険料:37万円
  • 定期部分保険料:13万円
  • 配当金:10万円
借方貸方
保険積立金  37万現金   40万
 定期保険料  13万雑収入  10万
  • 積立配当の場合
借方貸方
契約者配当積立金雑収入

福利厚生保険の場合

  • 現金配当の場合

益金に算入する。

借方貸方
現金雑収入
  • 相殺配当の場合

保険料は給与処理され、配当金と支払う保険料は相殺される。

借方貸方
給与現金
雑収入
  • 積立配当の場合
借方貸方
契約者配当積立金雑収入

契約転換の経理処理

転換時の税務処理は、以下の手順で行う。

  1. 旧契約の保険積立金及び契約者配当積立金として資産に計上している額を取り崩す。
  2. 転換後契約に充当される金額(転換価格)は転換後契約の保険料処理に準じて行う。

事例2

定期保険特約付終身保険(月払い)に転換した場合。

a)契約形態

  • 契約者:法人
  • 被保険者:役員、従業員
  • 死亡保険金受取人:法人

b)契約転換時の内容

  • 旧契約の積み立てられた保険積立金:100万円
  • 旧契約の積み立てられた契約者配当積立金:10万円
  • 転換時に支払われる清算配当:2万円
  • 転換価格:70万円
  • 転換後契約の保険期間:10年
  • 契約日10月1日:(決算~3月末)

基本転換方式について

  • 転換価格70万円を終身保険に充当
借方貸方
保険積立金(資産)  70万保険積立金     100万
雑損失       42万契約者配当積立金   10万
雑収入        2万

比例転換方式について

  • 転換価格を終身部分:30万円、定期特約部分:40万円に充当
借方貸方
保険積立金(資産) 30万保険積立金     100万
前払保険料注1   38万契約者配当積立金  10万
 定期保険料注2   2万雑収入        2万
雑損失      42万
注意点▼

注1:前払保険料は40万円-2万円(初年度分保険料)=38万円

注2:定期保険料は40万円×6ヶ月/10年×12カ月=2万円(初年度は契約日から決算日まで)

次年度からは前払保険料を取り崩していく。

借方貸方
定期保険料(損金)  4万前払保険料  4万

注意!定期保険料は40万円×12ヶ月/10年×12カ月=4

定特転換方式について

  • 転換価格を定期保険特約に充当
借方貸方
前払保険料注1   66.5万保険積立金    100万
定期保険料注2(損金) 3.5万契約者配当積立金 10万
 雑損失       42万雑収入      2万
注意点▼

注1:前払保険料は70万円-3.5万円(初年度分保険料)=66.5万円

注2:定期保険料は70万円×6ヶ月/10年×12カ月=3.5万円(初年度は契約日から決算日まで)

次年度からは前払保険料を取り崩していく。

借方貸方
定期保険料(損金)  7万前払保険料  7万

注意!定期保険料は70万円×12ヶ月/10年×12ヶ月=7万円

保険契約の変更編保険金の受取時の税務編
意味のない法人契約をキャッシュフローデザインから削ぎ落とす

ではまた。

無料勉強会に参加しませんか?

お金の流れを作って、安全にお金を増やして守る無料勉強会に、あなたも参加しませんか?※PC、スマホ、タブレットなどWEB環境さえあれば、どこにいてもワンクリックで参加できます。世界水準のファイナンシャルプラン技能と28年の経営経験を持つ弊社代表が講師を努めます。勉強会開催日程はこちらをクリック!

ワンクリックWEB無料相談
相談・問い合わせ

資産形成、ライフデザイン、起業、ビジネス、仕事の効率化など、お金の流れの創造や改善、人生を豊かにすることならなんでもご相談下さい。安全にお金を増やすコミュニティー(無料) 仕事の次元を変えるコミュニティー(無料)

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事