保険契約
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。前回は「法人生命保険の税務・経理処理の方法を把握して経営リスクを軽減する」でした。

ファイナンシャル・プランニングを進めるうえで、生命保険に関する税務知識は不可欠です。

また、会社を経営する上で税務の概要を予め抑えておくことは、大きなアドバンテージを得ることにもなります。

生命保険とリスク研究:保険契約の変更

契約者の変更は、

  • ①今まで会社で加入していた法人契約をその役員、従業員の退職に伴い、契約者や受取人が法人となっている契約を個人に名義変更し、退職金として保険証券(保険契約の権利を表章するもの)を個人に渡す。
  • ②逆に個人で掛けてきた保険を法人成り(個人企業が法人を設立して事業を引き継ぐこと)した法人に移すなどがある。
  • ③会社を転籍するため、法人契約を別の法人契約へ移行するなどさまざまなケースが考えられる。

以下は、それぞれのケースの税務処理となります。

生命保険の経理処理

今回は、生命保険に関する知識の中でも特に契約者配当の経理処理、契約転換の経理処理・保険契約変更・企業保険の税務について解説しましょう。

契約者配当の経理処理

契約者配当(社員配当を含む)は、原則としてその支払いを受けた日の属する事業年度の益金に算入。

そして、契約形態別にみた配当金の経理処理は以下のとおりです。

事業保険の場合

養老(終身)保険(定期保険特約付養老保険で保険料区分がされていない契約も含む)
  • 現金配当の場合

雑収入として益金計上する。

借方 貸方
現金 雑収入

保険料のすべてを全額資産計上している場合は、「保険積立金」から控除でる。

借方 貸方
現金 雑収入
  • 相殺配当の場合

相殺配当の場合は、配当金を差し引いた実際の払込保険料額を資産に計上。

借方 貸方
保険積立金 現金
(契約者配当を差し引いた保険料)
  • 積立配当の場合

資産計上している「保険積立金」から控除できる。

借方 貸方
契約者配当積立金 保険積立金

なお、積立配当の利子については、その通知のあった日の属する事業年度の益金に算入。

借方 貸方
契約者配当積立金 雑収入
定期付養老(終身)・定期保険
  • 現金配当の場合
借方 貸方
現金 雑収入
  • 相殺配当の場合

【例】

  • 終身部分保険料:37万円
  • 定期部分保険料:13万円
  • 配当金:10万円
借方 貸方
保険積立金  37万 現金   40万
 定期保険料  13万 雑収入  10万
  • 積立配当の場合
借方 貸方
契約者配当積立金 雑収入

福利厚生保険

  • 現金配当の場合

益金に算入する。

借方 貸方
現金 雑収入
  • 相殺配当の場合

保険料は給与処理され、配当金と支払う保険料は相殺される。

借方 貸方
給与 現金
雑収入
  • 積立配当の場合
借方 貸方
契約者配当積立金 雑収入

契約転換の経理処理

転換時の税務処理は、

  1. 旧契約の保険積立金及び契約者配当積立金として資産に計上している額を取り崩す。
  2. 転換後契約に充当される金額(転換価格)は転換後契約の保険料処理に準じて行う。

ということになります。

【例】定期保険特約付終身保険(月払い)に転換した場合。

a)契約形態

  • 契約者:法人
  • 被保険者:役員、従業員
  • 死亡保険金受取人:法人

b)契約転換時の内容

  • 旧契約の積み立てられた保険積立金:100万円
  • 旧契約の積み立てられた契約者配当積立金:10万円
  • 転換時に支払われる清算配当:2万円
  • 転換価格:70万円
  • 転換後契約の保険期間:10年
  • 契約日10月1日:(決算~3月末)

基本転換方式

  • 転換価格70万円を終身保険に充当
借方 貸方
保険積立金(資産)  70万 保険積立金     100万
雑損失       42万 契約者配当積立金   10万
雑収入        2万

比例転換方式

  • 転換価格を終身部分:30万円、定期特約部分:40万円に充当
借方 貸方
保険積立金(資産) 30万 保険積立金     100万
前払保険料注1   38万 契約者配当積立金  10万
 定期保険料注2   2万 雑収入        2万
雑損失      42万
注意点▼

注1:前払保険料は40万円-2万円(初年度分保険料)=38万円

注2:定期保険料は40万円×6ヶ月/10年×12カ月=2万円(初年度は契約日から決算日まで)

次年度からは前払保険料を取り崩していく。

借方 貸方
定期保険料(損金)  4万 前払保険料  4万

注:定期保険料は40万円×12ヶ月/10年×12カ月=4

定特転換方式

  • 転換価格を定期保険特約に充当
借方 貸方
前払保険料注1   66.5万 保険積立金    100万
定期保険料注2(損金) 3.5万 契約者配当積立金 10万
 雑損失       42万 雑収入      2万
注意点▼

注1:前払保険料は70万円-3.5万円(初年度分保険料)=66.5万円

注2:定期保険料は70万円×6ヶ月/10年×12カ月=3.5万円(初年度は契約日から決算日まで)

次年度からは前払保険料を取り崩していく。

借方 貸方
定期保険料(損金)  7万 前払保険料  7万
注意点▼

注:定期保険料は70万円×12ヶ月/10年×12ヶ月=7万円

保険契約の変更編はこちら。。

保険金の受取時の税務編はこちら。。

意味のない法人契約をキャッシュフローデザインから削ぎ落とす」はこちら

ご相談・お問合せ

ライフデザイン、キャリアデザイン、キャッシュフローの改善、創造に関するご相談を承ります。
お気軽にお問合せください。

MSID研究所