インテグラルデザイン
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 これは、私のコンサルテーションを1年以上続けて受けている方やパーソナルデザイン塾の塾生に向けて投稿したものだ。それではまず最初にIDOの概要と要点について解説しよう。

インテグラルな視点でものごとをとらえようと試みてきた人たちの研究を、できるだけわかりやすく伝えることを主な目的としている。

4つのデザインの基軸、IDO(Integral Design Optimization )式!

パーソナル、キャリア、ライフ、キャッシュフロー4つの領域の全てを包括的にデザインし、最適化する方法、それがインテグラル・デザイン最適化、それがIDO式だ!

【オリエンテーション】

ここ40年間、私たちは歴史上今までに体験したことがないことを目撃してきた。

私たちが望めば、瞬時にして世界中の文化を知ることができるようになったのだ。

わざわざ現地へ行かなくても、ネットを経由して世界中の様子をある程度まで認識することも可能になった。

それ以前は、一定の領域内で学び、悩み、争い、愛を育み、一生を終えるというパターンが大方の慣習だった。

しかし、今では地理的な移動が短時間で可能であるばかりか、地球上のほぼすべての様子を一瞬で知ることができる。

また、その恩恵によって色々なスタイルや時間帯で学習することもできるようになった。

そして、インターネットの発達により一個人が大きなチャンスを作り、ビジネスで大きな成果を得たり、ソーシャル・ネットワークの展開により、どのようなカタチであれ、自分をさらけ出す(PR)ことも可能になった。

つまり、これは知識(情報含む)の調達そのものが、グローバル化したことを意味する。

このことは、長い歴史の中で初めて人間の知識の総体を瞬時に調達することが可能になったことを意味しているのではないだろうか。

主要な文明の知識、経験、知恵、思想などが、気の遠くなるような時間をかけて分析され、研かれ、開かれてきた。

それらすべてのことについて、好みの時間帯とスタイルで、短時間で学ぶことができるようになった。

彼らが試みたこと

認識外の成長、心理的な成長、社会的な成長など、人間のポテンシャル(潜在的な可能性や能力)について、それらすべてに役立つ教えを一覧できるようにテーブルにのせてみたらどうなるだろうか。

と彼らは考えていた。

広範な比較、文化的な研究によって、世界の様々な叡智(えいち)の伝統を使い、それら一切の伝統の中の最良の要素を含む、包括的な総体的な設計図が作れるとしたらどうだろうか。

これは、あまりにも複雑で逃げ出したくなるようなプロジェクトに違いなかっただろう。

しかし、その結果は、驚くほどシンプルで、エレガントなものになったと彼らはいっている。

過去何十年かにわたって、人間のポテンシャルに関する総体的な設計図をつくるため、いろいろな分野にわたって徹底した調査が、様々な形、様々な人の手を介して行われてきただろう。

この設計図は、人間の成長のために必要なすべての既知のシステムやモデルを包括している。

それは、古代の祈祷的(きとうてき)な祈りを始めとして、賢者や聖者の叡智、今日の認知科学による発見など、そのすべてを包括している。

そして、その主な要素はシンプルな5つのファクター(要因)にまとめられると彼らは解釈している。

その要因こそが、人間の進化の扉らを開き、躍進する本質的なエレメント(要素)であるとも・・・

総体的で包括的(インテグラル)な設計図 、5つの要素

では、総体的で包括的な設計図 における5つの要素とはいったいなんだろうか ?

  1. 象限(quadrants)
  2. レベル(levels)
  3. ライン(lines)
  4. ステート(states)
  5. タイプ(types)

※この5つの要素は、現代思想家であり、インテグラル理論の提唱者であるケン・ウィルバーが定義しているものだ。

参考▼

※象限とは、直交座標で区切られた四つの平面の一つで、XYともに正の象限を第1とし、反時計回りに数える。四分円状のものとここでは解釈しておけばいいだろう。

あまりにも抽象的すぎて今の段階では理解できないだろうが、それぞれの要素について後ほど詳しく解説していくので辛抱してついてきて欲しい。

とにかく、この5つの要素が今、あなたの意識の中において現前している。

ということだけ現段階では認識しておけば十分だろう。

あえていっておくが、これは私の理論ではない。

これから話す内容は、あくまでもインテグラル理論の提唱者であるケン・ウィルバーの理論をベースに展開されていくものであることを改めて伝えておく。

概念に限定されない認識可能な設計図

この5つの要素{象限(quadrants)、レベル(levels)、ライン(lines)、ステート(states)、タイプ(types)}は、理論的に後付された概念に限定されるものではなく、経験や体験からくるアスペクト(諸相・類似性)、同様の高さの地点を連ねて描いた意識の等高線のようなものだ。

だから、自分自身でも簡単にその妥当性を確認できるという特徴がある。

インテグラル・デザインの必要性

ではなぜこの「インテグラル・デザイン(包括的、総体的な設計図)」が必要なのか?

①ビジネス、仕事、毎日の生活や学習においてすべての行動を確認できる。

ガイドが正しくなければそれだけ失敗する可能性は高くなるだろう。

インテグラル・デザインは、あなたがどのような状況にあってもより多くの成果を得られるように、あらゆる知恵のリソース(資源)を使えるようにするものなだ。

②5つの要素を見分ける手段を得ることによって、より簡単にその要素を使うことができるようになる。

その結果、自分自身の成長と発達を加速させ、より高い、より広い、より深い領域に到達することができるようになる。

総体的モデルに馴染むことによって、自分自身の方向性をより容易に定めることができるようになり、発見と覚醒(かくせい)が繰り返し訪れるようになる。

つまり、このアプローチは、あなたの世界観と、あなたを取り巻く世界を、より包括的により効果的にとらえていこうとする試みだ。

落とし穴に注意!

しかし、この試みをスタートさせる前に、注意しなければならないことがある。

それは、インテグラル・デザインは、あくまでも設計図であって、実際の建設物ではないとういうことだ。

設計図と実際の建物を間違えないで欲しいのだ。

思考がパラノイア化して欲しくないからだ。

また、欠陥のある設計図は御免被りたい。

欠陥のある設計図だとわかっているものを使って、人生を台無したいとは誰も思わないだろう。

繰り返して言おう、インテグラル・デザインは、あくまでも設計図に過ぎない。

しかし、今のところもっとも完全で最も正確な設計図だということもお伝えしておこう。

なぜなら、既に驚くほどの実績を所有しているウィルバーの理論がベースになっているからだ。

包括的な設計図というカテゴリーで、この言語の世界においてウィルバーの理論を超えるものは存在しないと思っているからだ。

もしも、それを超えるものがあると自信をもって主張できるものがあれば、ぜひ私にも教えていただきたい。

これは、誰かに対する挑戦状ではないので誤解しないで欲しい、心底そう思っているのだ。

IDOとは何か?

IDOとは「包括的、総体的な設計図の最適化(Integral Design Optimization )」のことだ。

このIDOはケン・ウィルバーが提唱するインテグラル理論を骨格として作り上げたものだ。

たとえば、情報ネットワークの世界では、さまざまなソフトウエアーを作動させる中核的であり、基礎的なシステムのことをOS(オペレーティング・システム)と呼んでいる。

彼は「総合作動システム(Integral Operating System)」を統合地図の別名として使っている。

私はこの総合地図(IOS)をID、つまりインテグラル・デザインと解釈したわけだ。

彼はIOSについて次のような解釈をしている。

「そのポイントは簡単に言えばあなたがビジネス、仕事、遊び、家族関係などでソフトウエアを作動させようとすれば、最良のオペレーティング・システムがほしいと思うに違いない。

IOSはその価値のあるものであるということである。すべての重要なポイントを見逃さないため、IOSはもっとも効果的・効率的なプログラムとなる。

これは別の言い方で云えば、統合モデルの包括的内包性を表しているのである。

IOSはダンスからビジネス、心理学、政治、エコロジー、スピリチュアリティにいたる、あらゆる活動の指標を作るのに役立つ。

それぞれの領域間の対話が可能になる。

IOSを使えば、ビジネスとエコロジーの対話、エコロジーと芸術の対話が可能になる。

さらには、法律、詩、教育、医学、スピリチュアリティなどとの対話、あるいはその中のお互いの会話が可能になる。

かつて人類の歴史の中で、こうしたことが起こったことはなかった。

統合地図またはIOSを使うことで私たちは領域間のあるいは領域を超越した知識の獲得を劇的なまでに促進することができる。」

何を言っているのかさっぱりわからないメンバーもいるだろうが、日頃お伝えしているように、理解できることばかりに向き合っていては思考は研かれない。

自分が理解できない、違和感を感じるものにあえて挑戦することによって思考は研かれていく。

それでは、あなたの意識のなかにあるシンプルな5つの要素からスタートしよう。

まず、最初に意識の状態について話しておこう。

意識の状態(ステート)

あなたは自分自身の意識の中で、これらの要素を簡単に確認することができるはずだ。

これらの要素は、あなたの主観的な現実、世界の客観的な現実、お互いに共有する集団的、共同的な現実を含んでいる。

※正確に言えば、客観的な現実というものはなく、間主観的(主観と自分が類推する主観)な現実ということになるだろう。

意識の状態とは、つまり主観的な現実のことだ。

誰もが主要な「意識の状態」についてよく知っている。

例えば、夢を見ている状態、深く眠っている状態、目覚めている状態などのことだ。

今、この記事を読んでいるあなたは目覚めている状態にある。

その他、さまざまな異なった意識の状態があるだろう。

例えば、

  • ヨーガ、観想的な祈り、瞑想などによって誘発される瞑想状態
  • ドラックなどで誘発される変性意識状態
  • 性愛や自然の中を歩くことや、美しい音楽を聴くといったような濃密な体験によって引き起こされるさまざまな「至高体験」

などが含まれる。

偉大なる叡智(えいち)の伝統は、3つの自然な意識の状態を主張しているという。

3つの自然な意識の状態とは、覚醒、夢見、深い混沌とした眠りの状態のことだ。

もし正しい使い方を知っていればの話だが、スピリチュアルな知恵とスピリチュアルな覚醒への宝庫が、そこに隠されていることを認識することができるだろう。

例えば、私たちは、夢を見ている状態を現実ではないと解釈している。

しかし、もし目覚めた状態で夢を見ている状態に入れるとしたらどうだろうか。

あるいは深い眠りの中へ目覚めたまま入っていったとしたならどうだろうか。

こうした状態では驚異的なスピードでものごとを学ぶことが可能なのではないだろうか。

世の中には、速読とかフォトリーディングというものがあるが、それもこの原理の内なのかもしれない。

手始めに、それを試してみては如何だろうか。

覚醒、夢見、深い眠りという3つの状態には、スピリチュアリティな覚醒へのあらゆるスペクトルが含まれている。

スペクトルとは、物理学で光を、プリズムなど分光器を通した時(光の成分の波長によって屈折率が違うため)できる、虹(にじ)のような色の帯。波長の順に並ぶ。広く一般に、ある組成のものを分解した成分を、一定量の大小によって並べたものだ。

通常は、誰もがさまざまな意識状態を経験し、そこからあなた自身や他者に対する深い動機づけや意味や衝動をくみ取ることができるようなっていく。

これは、ごく自然に行われていることなので、それがどのような特定の状況であったとしても、意識の状態は決定的な要素とはみなされないだろう。

しかし、統合的なアプローチにおいては、それらを無視することはできない。

IOSを使う時には例外なく、この重用な主観的な要因に触れているかどうかを意識することになるだろう。

このことは、そこに存在していることすら気づかない領域へIOSや統合地図があなたを導く、という証明にもなるだろう。

今回はオリエンテーションという要素が色濃くなったが、総体的で包括的な設計図 における5つの要素やIDOとは何かといったこと、IDOの大前提となる意識の状態などについて解説した。

次回は「発達のレベル」についてからスタートし、もうすこし深い部分まで掘り下げて話を展開していきたいと思う。

ではまた。

主な引用元:インテグラル・スピリチュアリティ(ケン・ウィルバー著・松永太郎訳)

ご相談・お問合せ

ライフデザイン、キャリアデザイン、キャッシュフローの改善・創造、ビジネスに関するご相談を承ります。
お気軽にお問合せください。

MSID研究所