インテグラルデザイン研究
masa

こんにちは、MSインテグラル・デザイン研究所の斉木です。 これは、私のコンサルテーションを1年以上続けて受けている方やパーソナルデザイン塾の塾生に向けて投稿したものだ。またこれは、インテグラルな視点でものごとをとらえようと試みてきた人たちの研究を、できるだけわかりやすく伝えることを主な目的としている。

パーソナル、キャリア、ライフ、キャッシュフロー4つの領域の全てを包括的にデザインし、最適化する方法、それがインテグラル・デザイン最適化、IDO式だ!

前回の投稿では、「インテグラル・デザイン最適化! 発達レベル~体・心・霊という捉え方などについて解説した。今回は発達ラインから解説を始めよう。

インテグラル・デザイン研究:発達ライン

私たちは偏った発達の仕方をしている。

そのことに気づいている人は少ないだろうが実際そうなのだ。

たとえば、論理的な思考力は非常に発達しているが、感情面は未発達だったりする。

そう感じさせるような人に、あなたも出会ったことがあるだろう。

非常に勉強はできるが、それ以外のことは幼い、といったことだ。

逆に感情面は非常にアダルトだが、勉強が苦手だという人もあるだろう。

極端な例を云えば、まともに足し算ができないということもある。

このようなことは、ハーバード大学の心理学者ハワード・ガードナーが1983年に提唱したMI(多重知性)理論などによって広く知られるようになった。

つまり、人はさまざまな知性を所有しているということだ。

例えば、認識的知性、感情的知性、音楽的知性、運動感覚知性などのことだ。

大概の人は、一つか二つの面では優れているが、他の面では劣っているという自覚があるに違いない。

私の場合は、運動感覚知性と感情的知性というところだろう。

優れているとはいい難いが、他の認識的知性や音楽的知性よりは良いということだ。

このことは必ずしも悪いことではないだろう。

知恵の役割とは、自分がどの面で優れ、どの面で、その最も深い才能を社会に対して最もよく提供できるのかを見つけることである。とウィルバーも言っている。

それを自覚するためには、自分の長所と同時に弱点にも気づかなくてはいけない。

これによって、5つの本質的な要素{象限(quadrants)、レベル(levels)、ライン(lines)、ステート(states)、タイプ(types)}だけではなく、多重知性や発達論的な「ライン」がもたらされるからだ。

ラインや多重性とは何か?

では、「ライン」や多重知性とは一体なんだろうか?

さまざまな多重知性には、認識、インターパーソナル(間人格)、倫理、感情、美学などが含まれる。

ではなぜ、これらを「発達論的なライン」と呼ぶのだろうか?

それは、それらの知性が成長と発達を示すからである。

それらは進歩的な段階を路んで展開する。

では進歩的な段階とは何だっただろうか?

前回の投稿で慨略を見てきた段階のことだ。

すなわち、各々の多重知性は、3つの主要な段階、自己、自民族・集団、世界という道筋を経て成長する。

もちろん、それが3段階以上の発達段階のモデルでもかまわない。

それが3段階と仮定した場合、例えば認知的発展段階には、段階1、段階2、段階3があるということになる。

このことは、他の知性に関しても同じことがいえるだろう。

感情的発達の第1段階では、自己を中心とした感情を意味する。

とくに生存欲求に起因する、飢餓への回避、自己防衛などの感情や衝動を発達させてきた段階だ。

この感情的発達の第1段階から第2段階の自民族・集団中心的段階へと成長し続けることによって、アイデンティティが拡大し、愛する人、家族、親しぃ友人、自分の部族や国家などに対する興味を持ち傾倒し、愛着を深めるようになるだろう。

それが第3段階に至れば、今度は思いやリや惻隠(そくいん)の情が強まり、それは一切衆生に対するものになるだろう。

参考▼

「惻隠の情」とは孟子の教えで、親の子を思う心を表現した言葉の1つ。これを社会や生活の全てに及ぼすように説いた。 簡単に言えば、相手の心情を深く理解する事。

一切衆生とは、仏教用語で、この世に生きているすべてのものを示す。因みに釈尊の目的は「一切衆生救済」にあったと言われている。

これらは段階なので、ある意味永続的に手に入れることができるということを前回も話した。

これらの段階に到るまでは、そうした能力は、単に一時的に現れるステート(状態)にすぎなかった。

つまり、拡大された知や存在の至高体験、アハ体験、自分の高次の可能性を垣問見る高度の変容経験など、

一時的な状態においてのみ現れていたこれらの体験が、練習を重ねれば段階に転換でき、自分の領域のなかの永続的な特性になることも前回説明した。

統合的なサィコグラフ

こうした多重知性のラインを表すのに実に簡単な方法があると彼は指摘している。

例えば下の図1のモデルは、3っの主要な段階を表したもので、どのような発達論的ラインにも適用できる。

多重知性
図1サイコグラフ

また、上記の図によって各ラインの成長と意識の「高度」を認識することができるだろう。

図1でから読み取れることは、たとえばこの人は、その発達レベルにおいて、認識的や間‐人格的には優れるが、倫理的には未発達段階にあって、感情的には非常に低度の未発達段階ということを表している。

サイコグラフとは、自分の可能性の中で何が最大値なのかを示してくれるものだ。

自分のどの部分が優れ、どの部分がそうでないか、あなたは既に知っているかもしれない。

そして、自分の優れた部分をもっと伸ばしたい、そうでない部分を補いたいと思っているかもしれない。

そう願っている人に朗報だ!

インテグラル(統合的)なアプローチによつて得られるものがある。

  • 自分自身に関する知識を洗練できる。
  • 長所のみならず自分の短所に対しても自信を持って対処できるようになる。
  • 私たちがいかに不均等に発達しているかを認識することができる。

だから、一つの分野が優れているからといって、劣っているからといって、一喜一憂してはいけない。

偏ったものの見方は、その人を奈落の底へと導くだろう。

実際、多くの人たちが、この自分の傾向を認識していないことによって転落していった。

「インテグラル(統合的)に発達する」ということは、あらゆる知性のラインが、段階3になければならないということではない。

そうではなく、自分のサイコグラフか、現在どのような状態なのかをよくわきまえることだ。

そうしたインテグラル的な自己イメージをもっことによって、自身の成長プランを描けるようになるということが、最も重要なポイントなのだ。

ある人は、特定の知性を強化することになるだろうし、一つのラインを浄化することになるかもしれない。

また、ある人は、自分の長所と短所が明確に認識できるようになり、適切な成長プランを描けるようになるかもしれない。

このインテグラルな視点を使うことで、自分自身のサイコグラフをより明確に認識できるようになるからだ。

また、インテグラル(統合的)なアプローチ(視点から観ること)は、すべてのラインを発達論の観点からマスターしなければならないということでもない。

もし、あなたが不均衡を治したいならば、「統合的な生活実践(Integral Life Practice)(ILP)を行えばよい。

それは、あなたが統合的アプローチを通じて意識と発達のレベルを高めるのに役に立つと彼は言っている

「ILP」については、後ほど詳しく取り上げる

もう一つの重要なポイントがある。

それは、ある種の訓練によって、最初から、至高体験、瞑想体験、シャーマンの幻視、変性〔意識〕状態など、 一連の意識状態と身的体験を経験できるようになるということだ。

なぜなら、こうした至高状態が可能なのは、主要な意識状態があらゆるシチュエーションにおいて現前する可能性があるからだ。

主要な意識状態とは、例えば覚醒‐粗大(グロス)」「夢見‐微細(サトル)」「無形(深い眠り)-元因」などのことだ。

これらの主要な意識状態が常に存在していることによって、多くの意識の高次の状態を素早く経験できる。

しかし、あらゆる高次の段階のクオリティーを経験することはむずかしいだろう。

各成長過程において意識して実践していかなければ、高次の段階のクオリティーを手にすることはできないからだ。

ただし、高次の状態だろう。

なぜなら多くの状態は、つねに現前しているので、それらはただちに「至高のもの」として経験できるからだ。

と彼は言っている。

しかし、ピアニストになるような至高体験をいきなり持つことはできない。

なぜなら段階とは連続的に展開するものであり、成長にはかなりの時間を要するからだ

段階は順序よく進んでいくものなので、途中の段階を飛ばすことはできない。

例えば、原子から分子を飛ばして、いきなり細胞レベルに到達することはできないということだ。

これが状態と段階の相違点の一つだ。

ただし、高次の状態に触れる練習を繰り返すことによって、発達段階はずっと早くなり、容易に展開するようになることが多くの事例によって証明されている。

例えば、瞑想状態のような高次の意識状態になればなるほど、いっそう早く、意識の段階を経て成長し発展することができるだろう。

高次の状態の訓練が、あなたを低次の状態との同一化から引き離し、高次の段階へと引き上げてくれる。

この訓練を繰り返しているうちに、あなたは高次のレベルの意識に安定的にとどまることができるようになるだろう。

一時的にしか現れなかった状態が永続的なものとなり、あなたの特性として備わっていく。

瞑想のような、これら高次の状態の訓練形態は、変容への統合的アプローチに欠かすことのできないものである。

と彼は言っている。

つまり、「段階」を省略することはできないが、さまざまな「状態」を試行、実践することによって、成長を加速させることができるということだ。

したがって、これらの変容を促すような試行・実践は、インテグラル(統合的)なアローチに欠かすことのできない重要なものなのだ。

ではまた。。。

主な引用元:インテグラル・スピリチュアリティー(ケン・ウィルバー著・松永太郎訳)

ご相談・お問合せ

ライフデザイン、キャリアデザイン、キャッシュフローの改善・創造、ビジネスに関するご相談を承ります。
お気軽にお問合せください。

MSID研究所